今月のお店の最近のブログ記事

catelogo130925.gif

第38回「のとコム」【今月のお店】

第38回「のとコム」【今月のお店】
のとコム 代表取締役 熊谷京子さん

のとコム 代表取締役 熊谷京子さんと運営スタッフの皆さん


のと半島からふるさとの味をお届けする・・・■のとコム
 ふるさと能登半島からとれたての新鮮な海の幸・山の幸を確かな目で厳選、販売し、
さらに各種情報の掲載を通じて一年中おいしい食材などを提供する「のとコム」。
能登が大好きな元気印の店長、熊谷京子さんとスタッフの皆さんにお話を伺いました。


 
■ショッピングサイト「のとコム」を立ち上げたきっかけ
「のとコム」の親会社は、文科省・文化庁関係の広報誌・旅行パンフレットなど印刷物の企画・デザインやWebプランニング事業を行う株式会社ナナオ企画です。同社は1984年に東京で設立し、その後1995年に熊谷さん(旧姓大窪。ご存じの方もいらっしゃると思います)の故郷である七尾市に事務所を開設しました。
東京に住んでいたころから、ふるさと能登の、海産物や農産物など、おいしい食べ物を多くの人に知ってもらいたい、そして、一生懸命作ってくれる生産者の方のためにも、自分たちが販売し、全国の人に食べてもらえたら・・・という想いが、あったそうです。
熊谷さんは「人とのめぐりあいはご縁」と言います。生産者や商品に関わるいろいろな人たちとの出会いに感謝することによって、次第に熊谷さんの元に沢山の能登産品が集まってくるようになりました。
優秀なスタッフに出会い、昨年から準備を進め、ようやく平成17年3月に、能登の新鮮な幸をお届けするショッピングサイト「のとコム」をオープンすることができました。
 
 
■女性らしい感性が光る主婦の活躍
「のとコム」の運営メンバーというと、実はお子さんのいるお母さんたちばかりです。
主婦の目からみた厳しい商品選定、WEB製作、写真撮影、メルマガ発信などは、全てこのメンバーだけで行っています。時には「のとコム調査隊」として、京子隊長をはじめ、結婚を機に東京から七尾へと移ってきたぱんち隊員、アニモ隊員が七尾・能登で商品を製造している現場を取材し、作り手の様子をうまく伝えています。
「私は言葉で上手に伝えることは苦手ですが、見たままの感動をWebに発信しています。」とアニモ隊員が話せば、「自分が感動した事を自身の言葉で表現した記事は、読んだ人に伝わるのです。」と説得力あるぱんち隊員の力強い言葉がありました。
そんなレポーター、アニモ隊員の今頑張っていることは、商品撮影の勉強中だとか。見た人が食べたくなるような写真を撮るために、日々頑張っています。

 
お客様に感謝の気持ちをこめて、メッセージとともに縁起のいい”アテ”の葉を同封しています。 
■4つのゴメンナサイ
お客様に美味しく気持ちよく召し上がっていただくために、注文を頂く前にあえて「のとコム」流の「ゴメンナサイ」を公表しています。
地元では美味しいと言われていても、地域が変われば意外な味付けに食べ慣れないこともあります。ここでも東京出身のスタッフが試食し、正直な感想を述べることで商品を厳選しています。
「田舎のおばあちゃんがひとつひとつ手作りしている、能登ならではの素朴な味なのよ」とお客様にどこか懐かしさを思い出してもらいたいという気持ちが込められています。
 *はじめてのお客様へをご覧下さい。


お酒好きに人気のもみいか
■ついのぞいてみたくなる楽しい企画を計画
最近人気があるのが「もみいか」。能登でとれた新鮮なイカを粗塩で手揉みした干物です。
お酒好きで通のお話によると、お酒を口に含んだままもみいかを噛むと、とても合うと言います。
能登半島でとれた新鮮なおつまみとおいしいお酒、まるで居酒屋にいるような気分のブログサイト『居酒屋きょうこ』を開店しました。今後は、お酒と酒器を組み合わせた商品の提案も行っていくそうで一層楽しみです。


【レポーターから】
「めぐりあえた全ての人とのご縁に感謝しています。」という熊谷さん。
人とのつながりを大切にする、感謝の気持ちを忘れないという信条を教えてもらいました。土までもやさしい能登の素材に今一度ふれてみたくなりました。 
                                         (お店ばたけ事務局)

 
店 名 のと半島 海の恵み本舗 のとコム
代 表 熊谷 京子
所在地 〒926-0021
石川県七尾市本府中町ハ部33-3 ひまわりビル
TEL 0767-53-0144
FAX 0767-54-8388
E-Mail info@notocom.com
お店URL http://www.notocom.com/

第34回「小松プロセス」【今月のお店】

第34回「小松プロセス」【今月のお店】
株式会社小松プロセス 取締役社長 松浦宏明さん・Web担当 中田清文さん

世界初の再帰反射性カラーインク 小松プロセス

■小松プロセス…ピカッと光る絵の具や塗料
夜、ヘッドライトなどでピカッと反射する交通安全の看板。この反射に使われているようなインクを絵の具やスプレー塗料などの使いやすい商品にしたのがこの小松プロセスさんです。

この技術で多数の受賞をしていますが、世界初の開発…という秘話もあるようです。
 

 
アートブライトカラーをTシャツ作りに活用すれば、夜間のジョギングにも最適な、個性的な1枚に。

■世界初のインクを開発
当社商品のアートブライトカラーは、日刊工業新聞第12回新技術新商品優秀賞、さらに石川ブランド優秀新商品の石川県知事賞金賞を受賞するなど多数の受賞履歴があります。それってなにがすごいんでしょう?

 従来の反射インクはシルバー色に限られていました。しかし当社では反射のメカニズムを変えることに成功。世界で初めてフルカラーに反射するインクの開発したのです。そしてこれらのインクを使った、絵の具やスプレーを商品化しました。

 商品は、「アートブライトカラー」、水系エマルジョン塗料「ブライトコート」、カラースプレー「ピカラ」、光る水彩絵の具等があります。
 


■なぜ、そんなに光るんでしょう?
その秘密は、再帰反射(さいきはんしゃ)という現象にあります。
ちょっと耳慣れない言葉なので説明しておきます。自然界における光の反射には、以下の3通りがあります。

 (1)通常の物体で見られる「乱反射」
 (2)鏡のような「鏡面反射」
 (3)光源の方向に反射光が戻る「再帰反射」

当社製品は上記(3)の特徴を持っているわけです。

例えば、再帰反射を使っている標識は、ヘッドライトの光を光源の方向へ向けて反射します。そのため、ドライバーから見ると、標識が明るく光って見えるのです。
一方、鏡面反射だと直角に照らさないと反射しないし、乱反射だと光が分散するためボーっとしか反射しません。


 
■Tシャツや髪に、楽しい使い方
当社の再帰反射製品は、交通標識などの用途にもよく使われているようです。
また、お子様の傘や自転車などにスプレーで塗布するだけで、夜ヘッドライトを反射する交通安全グッズに早変わりです。

しかしこの特徴を生かして、楽しい使い方もどんどん増えています。
例えば、オリジナルTシャツに利用して、ライトで浮かび上がるマークや文字をデザインすることもできます。また、かつら用のスプレー「ピカラ」を使うと、ライトを浴びて光る素敵な演出ができます。これはシャンプ-できれいに落ちるので安心。昼間はラメによるキラキラ効果、夜間はラメと再帰反射の相乗効果により、一層楽しさが加わります。
 思い思いの自分を演出し、楽しむことができるのです。
 


ホームページ担当の中田さん
  
■ホームページ制作は自社で
 ホームページ担当の中田さんは、当社ホームページをすべて自分で作成しています。本来の業務は、塗料技術系なのですが数々の受賞を機会に、会社のホームページを作ろうと一念発起しました。

 まったく0からのスタートでしたが、今ではちょっとしたCGIなどを利用したページもばっちり作れるようになりました。すごいですね。
 


■レポーターからひとこと
当社のずば抜けた技術の結晶が、絵の具やスプレー塗料などという消費者からわかりやすい商品になっています。「難しいものをやさしく」…がピカッと光る当社の特徴ですね。
    【レポート:遠田幹雄】


店 名 株式会社小松プロセス
代 表 取締役社長 松浦宏明
所在地 〒929-0124 石川県能美郡根上町浜町ヌ150-1
TEL 0761-55-2220
FAX 0761-55-3710
E-Mail kps@lilac.ocn.ne.jp
会社URL http://www.komatsuprocess.co.jp/
お店URL http://www.komatsuprocess.co.jp/shop/

第33回「アート薬局」【今月のお店】

第33回「アート薬局」【今月のお店】
有限会社アート薬局 店長 中村智子さん

アート薬局 中村智子さん

■アート薬局 「大丈夫だよ!」親身な対応がお客様に安心感と笑顔をもたらす店
 金沢駅西口から歩いて数分の交差点角に、ひときわ目立つ緑色の看板がある。
その看板のあるビルの1階にお店を構えるのが「アート薬局」。アトピーやアレルギーに悩む方に、とても頼りにされているお店だ。
 薬剤師兼店長を務めるのは、中村智子さん。
お客様の話をじっくり伺い、またお客様から引き出しながら適切な対処をされるその姿勢はお店でもネットショップでも変わりはない。
「薬剤師として普通のことをやっています」と、中村さんは何気なく言われる。しかし、お客様は一人一人違う悩みをもっているのが当然で、そのお客様と話しながら、最適な対処法を一緒に考えていくという「当たり前」の事が、世間一般では、なかなか当たり前になりにくい。

 その辺りが、遠方からもお客様を惹きつける理由かもしれない。
 
アトピー、アレルギーで悩む方向けの商品が並ぶ
店内にはCAC化粧品、リスブラン化粧品を中心に、アレルゲン除去食品や漢方なども。  

■なぜウェブショップをやろうと思われたのですか。
 うちの薬局の近くに大型のドラッグストアができたことで、うちの店はそことは違うということをお客様に伝えきゃと思ったのがきっかけでしょうか。
 当店では、無添加のCAC化粧品を始め大型ドラッグストアでは置いていないような薬や化粧品・健康食品などを扱っています。そのことをお客様にお伝えしたいと思い、夫が勉強してホームページを作ってくれました。
 でも、私自身、サーチエンジン対策を始めウェブショップ運営に必要な情報をほとんど知らなくて、それでISICO主催のバーチャルショップ道場に通うことにしたんです。もう発見の連続でした。そして、独自ドメインをとり、ホームページを新しく企画し直し、現在のウェブショップを開設したんです。
 

 
■実店舗でもWebでも「肌の悩み」を持つお客様に様々な情報を提供されていますね。
 実はもともとうちの子どもがアトピーだったんです。それが分かったときに私自身「どうしよう?」って不安になりました。現在でもどう対処すればよいか、情報がどこにあるのかわからずに困っているご家族が沢山いらっしゃいます。私自身経験があるだけに、そのようなお客様に「大丈夫だよ!」というアドバイスを差し上げたいと思っています。

 また、現在、漢方の奥深さにも魅力を感じ勉強しています。もっともっとお客様のお悩みにお応えできる薬局になること、それがアート薬局の使命だと思っています。
                                                【レポート:林 冬彦】


金石街道沿い、金沢駅にもほど近い。緑のサインが印象的なアート薬局
 
店 名 有限会社アート薬局
店 長 中村智子
所在地 〒920-0035
石川県金沢市中橋町11-12
営業時間 am9:00~pm8:00
定休日 日曜日および休日となる月曜日
TEL 076-233-2406
FAX 076-233-2434
E-Mail art-ph@art-kanazawa.com
お店URL http://www.art-kanazawa.com/
ブログURL
注目! アート薬局 管理薬剤師の日記
http://art731.exblog.jp/

第32回「幸寿し」【今月のお店】

第32回「幸寿し」【今月のお店】
幸寿し 代表 橋本公生さん

能登の厳選食材の店「幸寿し」橋本公生さん

■幸寿し 能登産!惚れ込むほどうまい山海の幸をネット販売する大将の店
 のと鉄道穴水駅前で「幸寿し(こうずし)」をご夫婦で経営する橋本公生(こうせい)さん。 その体格といい人柄といい、まさに大将といった風。

寿しを握れば超一流、でもパソコンについては昨年までさわったことがなかった橋本さんが、穴水町で行われた「ISICOバーチャルショップ道場キャラバン」に参加したのをきっかけに一念発起!見事ネットショップを開店されました。

 販売しているのは、柔らかさやおいしさでは「明石の蛸」以上と噂される「穴水の蛸」など能登近辺で採れる山海の幸。すべて橋本さんが目利きして、惚れ込んだ商品ばかりです。

中には能都町・ハルばあちゃんの「手作り草履」や穴水町・田中薫さんの「能登天然まむし肝入り粉末」といった地元ならではの名産品も。

「能登のすばらしい産品を日本全国の人に味わってほしい!」という熱い想いがあふれるお店です。
 

能登の毛ガニ!輪島港や宇出津(うしつ)港であがります。 「日本一のタコを皆さんにお届けしたい!」橋本さんイチオシの、穴水の真だこ。 能登路旅のお昼は、のと鉄道穴水駅前の幸寿しで!
県知事の谷本さんも食べに来られるとか。
 
能登半島穴水産の真ダコ
■なぜウェブショップを創ろうと思われたんですか
橋本さん:わし能都町の出で、中学を出た後、漁師をしていました。
ある時、これからは手に職をつけなきゃいけないと思いまして、それならば寿し職人になろうと。それで、広島、大阪と修行し、能登でお店をもったんです。

 能登はいいですよ。うまいものがたくさんある。特に穴水は穴水湾が穏やかなこともあってそこで採れる海の幸のおいしいこと!また山に入ればキノコや山菜など、こんなにうまいものがあったんかというくらいです。

 そんな自然に育まれた能登と自然の産品、それから、能登に住む人の想いが込められた品々を、なんとかもっと日本中の人に知ってもらいたいと思っていた時に、穴水町役場の友人から「インターネット販売の講座が開催される。これはチャンスだからどうや」という話があったんです。

 ところが、わし、パソコンなんてなぶったこと(さわったこと)ないし、本当にできるんやろかと思っていました。それでも、講座に参加し続けて、最終回の企画発表をしたときに「こりゃなんとかなる!」と光が見えたような気がしたんです。

 そうなると想いがあるだけに早いですわ。お店が終わってから睡眠時間を削って毎日なぶりながら、次の講習にも金沢まで通ってなんとか立ち上げました。

 最初にいただいた注文は、東京に住んでいる昔の友人からでしたが、うれしかったですねぇ。その友人も「公生のネットショップかぁ!?」と驚いていましたが。


■ウェブショップをはじめてびっくりしたことは?
橋本さん: ある保険会社から、お客様にお送りする干物として百数セット注文があった時に、ネット販売の威力に驚きました。

 また、ある東京の歯科医さんからは、ブリとシワカ(マグロの子供。全国的にはメジと言われている大きさ)があがったら、それを数十セット知人たちに送りたいので連絡してくれ、と予約が入るくらい、ひいきにしてもらいました。

また、NHKで健康食品として「魚醤(いしり、いしる)」が紹介された時は、その番組が終わる前に、電話やメールで、次々に注文が入りました。
ネットやってなかったら無かったことです。
 
 

■これからネット販売に進もうとする方になにかアドバイスをお願いします
橋本さん:毎日なぶることです。そうでなきゃ上達しません。
それから、ええかか(いい奥さん)をもらうことです。うちは、中学生の頃からのつきあいですが、彼女がいるから今の自分があると思っています。
 うちのかかが手書きする説明書、お客様に好評なんですよ。


インタビューの最後には、奥さんのおはなしまでしていただいて、ごちそうさまでした!
   【レポート:林 冬彦】


橋本さんご夫妻
店 名 幸寿し
代 表 橋本公生
所在地 〒927-0026
石川県鳳至郡穴水町大町チの14-3
営業時間 昼11:30~14:30/夜16:30~0:00
定休日 水曜日
(来店の際はお電話頂ければ確かです)
TEL 0768-52-2114
FAX 0768-52-2114
E-Mail info@kouzushi.com
お店URL http://www.kouzushi.com/
ブログURL
注目! こうちゃんの能登だより
http://blog.livedoor.jp/hashikou4996/

第31回「鉢花工房 アンド・プラント」【今月のお店】

第31回「鉢花工房 アンド・プラント」【今月のお店】
鉢花工房 アンド・プラント 代表 今本健夫さん

鉢花工房 アンド・プラント 今本健夫さん 

鉢花工房アンド・プラント …花屋じゃない!“鉢花生産農家”の情報直売場
 元気な鉢花の生産&情報提供で、ガーデニングライフを応援!

 
■WEBショップを始めたきっかけは?
今本さん:「鉢植えをもらっても枯らしちゃうから」という声があったこと。そこで、自分でも実際に通販で鉢植えを買ってみたんです。そうしたら、生気のない花が送られてきて・・これじゃあ、誰だって枯らしてしまう。
元気のある鉢を作るだけでなく、枯らさないための情報提供をすることが生産農家の使命だ!と思ったわけです。
元気のある鉢を産直で提供するためにも、情報を提供するためにも、ネットが一番ですから。
 
  
■HP開設までの道のりは長かったですか?
今本さん:ネットが一番と思ったものの、作る方法も全くわからない状態。
まずは一昨年、カミさんがイシコさんのHP作成講座へ参加したんです。2回参加したのですが、あえなく挫折・・・そこで昨年、私がリベンジを図り(笑)、参加。それから試行錯誤してやっと今年の春、ショップ開設にたどり着きました。

 
■『鉢花工房アンド・プラント』はどんなWEBショップですか?
今本さん:鉢花を売ることだけが目的ではなく、生産者ならではの情報発信を心がけています。ガラス温室での鉢植えの状態などを常に写真で紹介したり、鉢花の性質やお手入れのアドバイスを細かく書いたり。

今後は、鉢植えの写真と悩みをアップしてもらってアドバイスするとか、参加型のコミュニティを作っていきたいと考えています。
「わからないことがあればココに聞けばいい」というようなサイトにするのが目標です。

 
■最後に鉢花のワンポイントアドバイスを。
今本さん:水のやりすぎで枯れるってことが意外と多いんですよ。見守る愛情はたっぷりと、でも過保護は禁物ってことでしょうか。鉢花も人間も同じですね。
 


自分の子供たち(4人!)に注ぐように、鉢花にもたっぷりの愛情を注いでいる今本さん。こんな気持ちで育てられた花だから枯れにくいんですね。
   【レポート:広瀬 誓】

アンド・プラント ハウス
店 名 鉢花工房 アンド・プラント
代 表 今本 健夫
所在地 〒924-0026
石川県松任市平木町37-1
TEL 076-274-4577
FAX 076-274-4578
E-Mail take-o@andplant.jp
お店URL http://www.andplant.jp/

前の5件 3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13

お店ばたけプラスホームページ

お店ばたけプラスホームページへ
ISICOバーチャルモール「お店ばたけプラス」は、(公財)石川県産業創出支援機構が運営するインキュベーションモールです。

最近のブログ記事

アーカイブ

ブログを購読する(RSS)

  • RSS2.0を購読する
  • RSS2.0を購読する