ネットで販路開拓(情報誌記事)の最近のブログ記事

catelogo130925.gif

◆ネット進出レポート ネット販売による販路開拓
(財)石川県産業創出支援機構(ISICO)では、ネット販売を行っている、石川県内の意欲ある店舗を支援するため、バーチャルモール「お店ばたけ」を開設しています。
ネットに進出し、様々な方法で販路開拓を行っている店舗を紹介します。


利用者に代わって商品を厳選 確かな目利きが成長のカギ(株)公進都市企画
[じろや]

http://www.giro-ya.com/

じろや ウェブサイト
(上/じろやのウェブサイト)コンテストでは審査員が「商品の質の良さが伝わるショップ」とコメント。商品写真にも高い評価が寄せられた

●月替わりの特集で購買意欲を刺激

社員が撮影した商品写真は、自然光での撮影を心がけている

 公進都市企画が運営する「じろや」は、九谷焼の食器や牛首紬のバッグといった伝統工芸品を販売するセレクトショップである。ショップには、シンプル&モダンをテーマに、およそ600点もの商品がラインアップされている。いずれも、県内作家の手によるもので、運営責任者である小高康之取締役が実際に工房を訪ね、選び抜いた逸品だ。

 ショップがオープンしたのは平成18年1月。同社の関連企業である(株)西山産業(白山市)が牛首紬を製造していることから、県内の優れた伝統工芸品を広く紹介したいと店を開き、以降、売り上げもアクセス数も順調に伸ばしている。
 じろやの好調を支えているのは、確かな目利きだ。ネットでは商品を手に取ることができないだけに、小高取締役は利用者に代わって現物を入念にチェックして商品を厳選。半数以上がリピーターということからも、利用者の満足度の高さがうかがえる。商品の魅力をストレートに表現しようと、サイトは白を基調としたシンプルなデザインとし、温かみのある写真が商品の色合いや素材の質感を伝えている。

 母の日のプレゼントに最適の商品を集めたり、注目の作家にスポットを当てたりと、月替わりの特集を
組むほか、こまめに新商品を紹介して、更新頻度を上げるなどして、いつ訪れても新たな発見があるショップになるよう工夫している。


●改良を重ねてコンテストで入賞

じろやご担当 小高取締役 今年3月にはISICOが主催する「ネットショップコンテスト石川2009」で、ファイナリスト賞に輝いた。昨年に続き、2回目の応募での受賞である。

 受賞の陰には、去年から今年にかけての細かな改良の積み重ねがあった。デザインを見直し、商品写真をより大きく掲載したほか、商品選択から決済に至るまでの導線を分かりやすく再構成。また、「ショッピングカート」と呼ばれる決済システムにおいても、システムを提供している会社に要望し、使い勝手がよくなるようカスタマイズしてもらった。

「写真はいいが、職人さんや店員さんが登場しないのが寂しい」との選評を受け、「今後は、作家や制作過程をサイト内で紹介したい」と小高取締役。「こだわりの手仕事は石川県の財産」と、塗り物やガラス製品なども充実させ、さらにサイトを進化させていく考えだ。


(株)公進都市企画
■所在地 白山市部入道町ト40
     TEL.076-273-0808
■代表者 小倉 継和
■設立 昭和57年11月
■資本金 1,000万円
■従業員数 6名
■事業内容 牛首紬、九谷焼など伝統工芸品の販売、造園工事など

(2010/7発行『情報誌ISICO』vol.52掲載記事より)

◆ネット進出レポート ネット販売による販路開拓

(財)石川県産業創出支援機構(ISICO)では、ネット販売を行っている、石川県内の意欲ある店舗を支援するため、バーチャルモール「お店ばたけ」を開設しています。
ネットに進出し、様々な方法で販路開拓を行っている店舗を紹介します。


季節に合わせたキャンペーンでこだわり農産物をPR(株)金沢大地
[農産工房 金沢大地]

http://www.k-daichi.com/

農産工房 金沢大地 Webサイト
金沢大地のネットショップでは写真と商品の説明文が豊富。ISICO主催の「ネットショップコンテスト石川2009」では、ファイナリスト賞を獲得した


●有機JAS認証の商品がずらり

 金沢大地では、直営農場「金沢農業」が生産した米や小麦、大豆、野菜などの農産物と、これらを主原料とした味噌や醤油、豆腐、麦茶などの加工品を販売するネットショップを運営している。農産物のほとんどを有機栽培で育てている点が大きな特色で、商品一覧には有機JAS認証商品がずらりと並んでいる。

有機農産物を使った加工品と、電動石臼「キッチンミル」

 平成17年の開設から6年目を迎え、ネット販売の売り上げは順調に増え、毎年、目標額をクリアし続けている。好調の背景には、「食の安全・安心」を求めるニーズの高まりはもちろん、金沢大地の積極的な販売戦略がある。

 その一つが、シーズンに合わせたキャンペーンだ。秋に収穫祭として有機米をプレゼントしたり、初夏には大豆を無料で配布し種まきを呼びかけたりするなど、サイト上でさまざまな企画を実施したところ、多くの反響が寄せられたという。
 商品ラインアップの充実にも力を注ぎ、家庭で味噌が作られるように米麹こうじと大豆を組み合わせたセット商品を販売するほか、小麦を自宅で挽(ひ)くことができる電動石臼「キッチン・ミル」などユニークな商品も扱っている。


●作り手の情熱と主婦目線が商品への説得力を生む

Webご担当 五十嵐さん また、ホームページでは、単に商品を販売するだけでなく、有機栽培を始めた理由や将来的な目標など、井村辰二郎代表の農業に対する情熱を伝えている。加えて、利用者が農業を考えるきっかけとなるよう、同社が運営するコミュニティーサイト「あぐりハグハグ」にもリンクしており、金沢大地の農業への姿勢が伝わってくるつくりになっている。
 一方、商品の説明に関しては、ネットショップ担当の五十嵐教子(のりこ)さんが、小さな子を持つ母親として率直な感想をコメント。農作物の作り手側と購入する側双方の意見が見えることが、ユーザーにとって商品への信頼感につながっているようだ。

 同社では今後、出荷時期などのタイムリーな話題を今まで以上にきめ細かく発信し、ネットショップでの購入につなげていく考えだ。五十嵐さんも、「ISICOのホームページドクターにサポートしていただき、改善を加えてきた。これからもアドバイスを参考に、ネット販売の売り上げ増につなげていきたい」と意気込んでいる。

(株)金沢大地
■所在地 金沢市八田町東9番地
       TEL.076-257-8818
■代表者 井村 辰二郎
■設立  平成14年3月
■資本金 2,400万円
■従業員数 13名
■事業内容 農産物加工・販売

(2010/7発行『情報誌ISICO』vol.52掲載記事より)

◆ネット進出レポート ネット販売による販路開拓 【ネットショップコンテスト石川2008 受賞企業特集】

 ISICOでは、ネット販売を行っている、石川県内の意欲ある店舗を支援するため、バーチャルモール「お店ばたけ」を開設しています。
 ネットに進出し、様々な方法で販路開拓を行っている店舗を紹介します。

「ネットショップコンテスト石川2008」ファイナリスト賞受賞
豆腐にかける真摯な思いをメルマガやブログで表現縲怐i株)山下ミツ商店
[白山とうふ工房 山下ミツ商店]

http://www.mitsu102.co.jp/

白山とうふ工房 山下ミツ商店 サイトイメージ


●国産大豆100%のこだわり豆腐を販売

 山下ミツ商店はおいしくて、安全・安心な豆腐づくりに定評がある。
原料には、契約農家で栽培された国産大豆をはじめ、白山の伏流水と天然にがりを使用。手間がかかっても消泡剤(大豆を煮るときに出る大量の泡を消す添加物)を使わない上、包装後、加熱殺菌せずに風味を守るなど、そのこだわりは素材から製法に至るまで多岐にわたる。

看板商品の「堅とうふ」以外にも、豊富なラインアップがそろっている

 看板商品であり、白山ろく特産の「堅とうふ」は1丁600gが1050円と高値だが、そのおいしさと食感が多くの人を引きつけてやまない。

 同社の商品は本店(白山市白峰)のほか、2つの直営店(めいてつ・エムザ店/金沢百番街店)、県内のスーパーなどで手に入るが、店舗に足を運ぶことのできない全国の消費者への販路を担っているのが、約6年前に開設したネットショップである。

 ネットショップでは、同社の商品紹介を中心に、豆腐を使った料理のレシピなどが鮮やかな写真とともに掲載されている。また、作り手の豆腐づくりや商売についての考え方がダイレクトに伝わってくるコンテンツも魅力の一つだ。山下浩希社長はメルマガブログに原材料や製法、衛生管理に対するこだわり、日々の試行錯誤などを率直に記し、おいしくて、安全・安心な豆腐づくりにかける自身の姿勢を消費者に伝えている。


●集客力アップに向け動画の活用へ

24歳でサラリーマンを辞め、家業を継いだ山下社長は、原料や製法に工夫を重ねる ネットショップでの販売にあたっては、豆腐という商材ならではの悩みもある。その一つが、ちょっとした衝撃でも崩れやすいという点である。味に問題はなくても、形が崩れてしまえば商品価値は失われる。そこで、同社では容器の材質や形状に改善を重ねたほか、「私は豆腐です。手渡しで大事に運んでください」と表記したシールを貼って配達業者に注意喚起するなど、対策を施している。

 ネットショップの売り上げは徐々に伸びてきてはいるが、それでもまだ会社全体の数%に過ぎない。とはいえ、「情報社会だけに、立地に左右されないネットショップは必須と考えており、将来は収益の柱に育てていきたい」と山下社長は力を込める。

 今年6月に大豆の播種の様子を動画で撮影してブログで公開したところ好評だったことから、これからはネットショップ上に工場内の様子なども動画で公開するなどして、商品の独自性や安全性を分かりやすくPRすると同時に集客につなげていく考えだ。


(株)山下ミツ商店
■所在地 白山市白峰チ62-6
     TEL.076-259-2024
■代表者 山下 浩希
■創 業 明治20年
■資本金 4,000万円
■従業員数 18名
■事業内容 大豆製品の製造、販売

(2009/12発行『情報誌ISICO』vol.49掲載記事より)

◆ネット進出レポート ネット販売による販路開拓 【ネットショップコンテスト石川2008 受賞企業特集】

 ISICOでは、ネット販売を行っている、石川県内の意欲ある店舗を支援するため、バーチャルモール「お店ばたけ」を開設しています。
 ネットに進出し、様々な方法で販路開拓を行っている店舗を紹介します。

「ネットショップコンテスト石川2008」ファイナリスト賞受賞
『かぶら寿しと並んで 野菜ジェラートが広告塔に 株式会社四十萬谷本舗』
https://www.kabura.jp/

四十萬谷本舗ネットショップ サイトイメージ


●冬のピーク時以外の販売促進に苦心

 老舗の漬物店である四十萬谷本舗では、ネットショップでの売り上げを順調に伸ばしている。販売のメインは何と言ってもかぶら寿し。かぶら寿しの出荷が最盛期を迎える11月から翌年2月にかけては、ネットショップの売り上げもピークに達する。

 一方、かぶら寿しを販売していない春先から秋口は月々の売り上げがピーク時の1/20程度にとどまる。このため、同社ではいかにこの時期の販売を伸ばすかが課題となってきた。

野菜ジェラートは、野菜ソムリエの四十万谷社長の思いが込められたスイーツ

 そんな中、主力として育ってきたのが平成19年夏に発売した野菜ジェラートだ。能登大納言や五郎島金時といった地元の野菜に加え、自社の漬物や味噌を使ったユニークなジェラートは雑誌などのメディアで取り上げられることも多く、これによってネットショップへのアクセス数も増加。もちろん売り上げにも貢献している。

 ジェラートの販売を強化しようと、今年4月からはジェラート専門サイトを立ち上げた。サイトは、若者に訴求できるデザインとし、ネットショップに誘導する新たな窓口として機能している。

 また、かぶら寿し以外の漬物の魅力を知ってもらうため、今年5月には味噌漬けや浅漬けを詰め合わせた「お漬物おためしセット」をネットショップ限定で企画。消費者からも好評だ。

●ネットに不慣れなお年寄りに配慮

ネットショップご担当の井村さん 四十萬谷本舗が独自ドメインのネットショップを開設したのは3年前のことである。
平成19年からネットショップを担当している井村佳奈さんは「ショップ運営に関する知識がまったくなかった」と話し、当初はISICOの専門家派遣制度を活用し、ホームページドクター・中野治美氏にアドバイスを受けながら改善を進めた。

 その後、お年寄りに配慮し、購入手続きに関する説明を分かりやすくしたり、文字サイズを大きくしたほか、仕込み風景や作り手の写真を載せて、商品の安全・安心をアピール。月1回だったメルマガを月3 .4回に増やし、ブログを毎日更新するなど、情報発信にも力を入れた。

 「ネットショップは、頑張った分、結果が数字に表れるのでやりがいがある」と井村さん。「商品の説明文や写真など、まだまだ改善したい点はたくさんある」と意欲を燃やしている。


(株)四十萬谷本舗
■所在地  金沢市弥生1-17-28
    TEL 076-241-4173
■代表者  四十万谷 正久
■創 業 明治8年
■資本金  3,000万円
■従業員数 48名
■事業内容 漬物、味噌、醤油、佃煮の製造、販売

(2009/10発行『情報誌ISICO』vol.48掲載記事より)

◆ネット進出レポート ネット販売による販路開拓 【ネットショップコンテスト石川2008 受賞企業特集】

 ISICOでは、ネット販売を行っている、石川県内の意欲ある店舗を支援するため、バーチャルモール「お店ばたけ」を開設しています。
 ネットに進出し、様々な方法で販路開拓を行っている店舗を紹介します。


ネットショップコンテスト石川2008」ファイナリスト賞受賞
『利用者の笑顔で、満足度と信頼感を表現~(有)グラスヒュッテ・オダ [表札1.com]』
http://www.hyosatsu1.com/

(有)グラスヒュッテ・オダのネットショップ、「表札1.com」サイトイメージ


●こだわりに応える技術力と対応力

利用者の思い入れがにじむ表札はどれも手作り。一つとして同じデザインはない。 グラスヒュッテ・オダが運営する「表札1.com」は、その名の通り、ガラスや鉄、アルミ、ステンレスで作ったオーダーメード表札を販売するネットショップである。平成18年のオープン以降、売り上げを伸ばしており、これまでの累計販売実績は約2万枚にもなるという。

 その人気の秘密は、利用者のこだわりを取り入れ、世界でたった一つの表札を作り上げる確かな技術力と実店舗以上とも言える柔軟な対応力である。
 ガラス表札を例にとると、利用者はまず表札の形や色、文字の書体や色といった基本的な要素を選ぶ。書体の種類は200種類、文字色は24種類とそのバリエーションは実に豊かだ。その後、希望に沿ってデザイン案を作成し、顧客にメールで確認。例えば、子どもの描いた絵を取り入れてデザインしてほしいといった要望にも対応可能で、デザイン変更にも最大4回まで無料で応じている。

 素材はすべて日本製を使用。塗料が溶けたり、あせたり、はがれたりしないよう特殊技術の焼き入れ
塗装を施し、美しい仕上がりと業界最高品質を実現している。

●当初は大手モールに出店して集客

ネットショップの改善に意欲を示す尾田社長。 「数多くあるネットショップの中から選んでもらうためには、パッと見ていい店だなと思ってもらえることが重要です」と話すのは同社の尾田知之社長だ。そこで、尾田社長がとりわけ大切にしているのが信頼感を感じさせるサイトづくりである。

 前述したような技術力や対応力をPRするコンテンツと同様に、信頼感をネットショップ上で表現しているのが、実際に購入した人々の笑顔である。これは同社が年に一度開催している「自慢の表札コンテスト」に送られてきた写真を掲載したもので、尾田社長は「何よりもお客様の笑顔こそ満足の証です」と胸を張る。さらに、尾田社長をはじめスタッフの顔写真も安心感を与えるのに一役買っている。

 同社では「表札1.com」を独自ドメインで開店する前に、「楽天市場」や「Yahoo!ショッピング」といった大手ショッピングモールに出店し、実績を上げてきた。表札のほかにも、ガラス加工のノウハウを生かした掛け時計の専門店など、3つのネットショップを運営している。尾田社長は「表札を買ってくれたお客様を掛け時計のショップへ誘導するなど、各店の連動性を高めたい」と、相乗効果に期待を寄せている。

(有)グラスヒュッテ・オダ
■所在地  石川郡野々市町二日市1-59
      TEL 076-294-1431
■代表者  尾田 知之
■設立   平成13年10月
■資本金  500万円
■従業員数 13名
■事業内容 オーダーメード表札の製造、販売

『情報誌ISICO』vol.47掲載記事より)

前の5件 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10

お店ばたけプラスホームページ

お店ばたけプラスホームページへ
ISICOバーチャルモール「お店ばたけプラス」は、(公財)石川県産業創出支援機構が運営するインキュベーションモールです。

アーカイブ

ブログを購読する(RSS)

  • RSS2.0を購読する
  • RSS2.0を購読する