ネットで販路開拓(情報誌記事)の最近のブログ記事

catelogo130925.gif

(財)石川県産業創出支援機構情報誌『ISICO』第39号(平成20年3月号) 巻頭特集
「石川の繁盛点に聞く成功の秘けつ 売れてる「ネットショップ」はここが違う」インタビュー記事をご紹介いたします。


CASE.02
過去の反省を踏まえ、ネットショップを再構築 (株)雅風堂
雅風堂 http://www.gafudo.co.jp/

雅風堂ホームページ イメージ


■ネットをきっかけとした来店やメールが増加

(株)雅風堂 安田晶一社長 和座本舗と同じく「WEB1グランプリ2007」で審査員特別賞を受賞したのが雅風堂のネットショップである。白を基調としたシンプルなサイトでは、彩り豊かな和菓子の写真が大きく扱われ、目を引きつける。

 実はこのネットショップは昨年8月末にリニューアルオープンしたばかりである。
同社では現在県内に5店舗を展開しているが、ここ数年、来店人数こそ変わらないものの、企業の経費節減や個人客の消費行動の変化を受けて単価が下がってきたという。
 そこで、てこ入れ策の一つとして、ネットショップの再構築に乗り出したのだ。
制作は専門のデザイナーに依頼した。

 サイトのコンセプトは“和のスイーツ”である。
これまで和菓子を紹介する写真と言えば、漆器に盛りつけての撮影など、重厚感が重視される傾向にあった。しかし、今回はスイーツ、つまりカジュアルさ、親近感を感じさせる表現に挑戦している。

 立ち上がって間もないだけに売り上げはまだまだとのことだが、「ネットで紹介した季節商品を買いに地元客が足を運んでくれたり、メールでの問い合わせが増えるなど、手ごたえを実感している」と安田晶一社長は話す。

■サイトを作れば必ず売れるわけではない

 そもそも同社がネットショップを開設したのは平成13年にさかのぼる。
ちょうどインターネットの利用が急速に伸びた時期であり、同社も時流に乗ってショッピング機能を設けた自社サイトを構築した。「サイトを作れば売れるだろう」とのもくろみに反して注文はほとんどなかった。実店舗での販売が順調だったせいもあって、その後は更新もおろそかになっていた。

 過去の反省を踏まえ、新サイトでは季節の商品を紹介するなど更新頻度を高めるよう努めている。
「ネットショップは最初に立ち上げるまでが1の力とすれば、その後のメンテナンスには9の力をかけるべき」と言う考えが安田社長と制作を担当するデザイナーの共通認識だ。
 また、実店舗とは別にネットショップ限定のポイント制度も設け、集客に向け知恵を絞る。

 今後は、販売以外にアンテナショップとしての役割も期待している。
新商品を実店舗へ投入する前に、まずネットで販売して消費者の評価を確かめようというのだ。ネットの場合、メールで評価を集めることができる。消費者の生の声が、開発に役立つ上、社員のモチベーションアップにつながると考えている。問い合わせが増えつつあるアレルギー表示など、情報提供にも力を入れていく。

 再スタートを切ったばかりの雅風堂のネットショップは今後の展開が楽しみである。

(株)雅風堂
所在地: 石川県白山市布市1-239
代表者: 安田 晶一
設立:  昭和55年7月
資本金: 2,000万円
従業員数: 25名
事業内容: 菓子製造販売

(財)石川県産業創出支援機構情報誌『ISICO』第39号(平成20年3月号) 巻頭特集
「石川の繁盛点に聞く成功の秘けつ 売れてる「ネットショップ」はここが違う」
インタビュー記事をご紹介いたします。


CASE.01
商品の魅力を写真で伝え、同業者も認める人気店へ「和座本舗」(九谷物産(株))
和座本舗 http://www.wa-za.net/

和座本舗 サイトイメージ


■大手モールで成功し、自社サイトを開設

和座本舗 西田上代表 九谷焼を販売するネットショップ「和座本舗」は、今年1月に「WEB1グランプリ」(GMOホスティング&セキュリティ主催)で、審査員特別賞を受賞した。これまでも、「1,000人の店長が選んだベストECショップ大賞2006」(全国イーコマース協議会主催)で大賞に輝くなど、消費者はもちろん、同業者からも認められる人気ショップである。

 「あくまで主役は賞品。その魅力を殺さないよう心がけている」という西田上代表の言葉通り、サイト内では九谷焼の色合いや質感、雰囲気を伝える写真がメインに据えられ、ビジュアルを補完する形で一つひとつの器の個性が丁寧に解説されている。

 「どう見せれば器が美しく見えるか。それを一番分かっているのは自分なので、人任せにしたくない」と撮影はすべて自身が手がけている。

 西田代表がネットショップをオープンさせたのは平成12年3月のこと。家業の九谷焼販売が低迷し、「売れる市場に出て勝負したい」と考えたのがきっかけだった。当初は大手ショッピングモールの楽手市場に出店。その後、平成15年にYahoo!ショッピングに出店、そして平成17年に自社サイトを構えた。


■“九谷焼”を探す消費者はいない

 楽天市場、Yahoo!ショッピングで実績があったとはいえ、自社サイトの運営は順風満帆とはいかなかった。集客力のあるモールと違って、自社サイトはとにかくアクセスがなかったのだ。
 早速SEOに取り組み、“九谷焼”という単語で検索した際、検索の上位に表示されるよう工夫したが、それでもアクセスは伸びなかった。

 そこで、まず力を入れたのが、商品の厳選、充実だった。モール内の自社店舗が売上げを重視するのに対して、自社サイトはあくまでシンボル的な存在と位置づけ、売れ筋商品よりも絶対に自信のある商品を取り扱うようにした。
 また、PPC広告(※)を活用し、“湯のみ”等のアイテム名や“敬老の日”といったイベント名で検索した際にサイト名が表示されるようにした。「消費者が探しているのは九谷焼ではないと気づいたんです」と西田代表はその理由を話す。

 さらに、個人よりも潤沢に予算を持っている法人需要の取り込みを図った。
ギフトラッピングは無料サービスとし、納期や領収書の発行についても分かりやすく明記した。
急ぎの注文については電話で対応している。これもモールでは不可能であり、自社サイトならではのサービスである。こうした取り組みが実を結び、今ではネットによる売上げの約2割を自社サイトが占めるまでになった。

 今年度(平成19年度)からはISICOのホームページドクターを務め、新規参入店の指導にも当たっている。
「実店舗をきれいに手入れするように、ネットショップも作りっぱなしにしてはいけません。売上げが伸び悩んだら、やるべき事をリストアップして一つずつ点検してほしい」とアドバイスを送り、自らも「もっと情報の充実したサイトにしたい」とさらなる高みを目指している。


※PPC広告
Pay Per click(クリック課金)の略。広告主が事前にキーワードを登録し、消費者がそのキーワードで検索した際、広告主の宣伝が表示される。クリック回数に応じて費用が発生する。

和座本舗(九谷物産(株))
所在地:能美市寺井町レ88
代表者: 西田上
設立:昭和44年11月
資本金:1,430万円
従業員数:5人
事業内容:九谷焼販売

奥能登の元気と食文化をネットで全国へ~(株)能登前・幸寿し

◆ネット進出レポート ~ネット販売による販路開拓
『奥能登の元気と食文化をネットで全国へ~(株)能登前・幸寿し』

(財)石川県産業創出支援機構(ISICO)では、ネット販売を行っている、石川県内の意欲ある店舗を支援するため、バーチャルモール「お店ばたけ」を開設しています。
ネットに進出し、様々な方法で販路開拓を行っている店舗を紹介します。

奥能登の元気と食文化をネットで全国へ~幸寿し web shop
http://www.kouzushi.com/


■プロ料理人からも受注、楽天市場にも出店

幸寿し 代表 橋本公生さん のと鉄道穴水駅前で30年近く営業している幸寿しでは、ネットショップで穴水湾をはじめ奥能登各地でとれる海の幸や押し寿司などを販売し、利用者から好評を博している。

 店主の橋本公生さんがネットショップに取り組みはじめたのは4年前のこと。
ISICOが主催するネット販売支援セミナー「バーチャルショップ道場」を受講して知識と技術を身に付け、平成16年3月にオープンにこぎ着けた。「受講する以前は、パソコンに触ったこともなかった」という橋本さんは、講座と並行して個人的に家庭教師を雇い、パソコンの基礎や用語を学んだという。


 ホームページを開けば、くちこやこのわた、いしり、へしこ、蒸しアワビ、香箱ガニなど、奥能登の味覚がずらり。元は、能登町で漁師をしていたという店主が選ぶ確かな品質が支持され、評判も上々だ。注文は全国から寄せられ、個人客だけでなく、東京の高級すし店やイタリア料理店など、プロの料理人からも受注があり、支持されている。

 自前のサイトに加えて、今年7月からは国内最大のインターネットショッピングモール・楽天市場に「じんきち」の屋号で出店した。こちらの運営は長女の有子さんが担当し、プレゼントやオークションといった大手モールならではの機能を利用しながら、新規顧客の開拓に力を入れている。

■震災で店舗は半壊、復興ブログを立ち上げ

 ところで、今年3月に起きた能登半島地震は、穴水町でも震度6強を記録し、甚大な被害をもたらした。幸寿しが入居していた3階建てビルは半壊、1階にあった店舗も調理器具や食器が散乱するなどして、休業を余儀なくされた。
 ネットショップの方も、地震を境に注文がぱったりと来なくなったが、安否を気遣うEメールや励ましのコメントがたくさん寄せられ、橋本さんを勇気づけてくれたという。

 ようやく営業を再開できたのは7月9日のことだった。元の店の三軒隣に土地を借り、鉄骨平屋建てカウンターのみ13席の店舗を新築した。ネットショップにも徐々に客足が戻り、10月になって震災前と同等の売り上げにまで回復した。

真新しい幸寿し店内。是非ご来店ください。

 ネットショップの制作や運営で培ったノウハウは復興への一助にもなっている。
地域の寄り合いで、穴水町の復興状況や復興イベントなどを町のホームページを使って発信しようというアイデアが出た際、橋本さんは「こまめに情報発信するなら、ホームページよりもブログの方が適している」と進言。自ら事務局を引き受け、能登半島地震復興支援ブログ「がんばらんかいね能登穴水」(URL:http://www.anamizu-fukkou.com/)を立ち上げた。

 12月からは、能登産の食材や食器にこだわった丼を提供する能登丼キャンペーンに参画し、くちこやこのわたを使ったオリジナル丼の販売を開始した。
 これからも、実店舗とネットショップで、奥能登の元気と食の魅力を発信していく。

(株)能登前 幸寿し
■所在地 鳳珠郡穴水町大町チ37-4
     TEL 0768-52-2114
■代表者 橋本 公生
■設立 平成19年8月(法人化)
■資本金 500万円
■従業員数 4名
■事業内容 寿司店、奥能登の海産物、加工品の販売 

<関連リンク>
幸寿しweb shop
http://www.kouzushi.com/

このわた くちこ・能登半島の幸寿しBLOG
http://kouzushi.org/

能登半島・食旬々
http://kouzushi.her.jp/syun_blog/

((財)石川県産業創出支援機構の情報誌『ISICO』37号[2007.12]掲載記事より)

“新発想”集客効果アリ 【情報誌 ISICO】掲載記事
繁盛店には、独自のノウハウがある---。
集客の仕組み、あるいは仕入れから商品の陳列、サービスの充実といった店作りの工夫などを大解剖します。


ネットショップやブログを活用して実店舗へ集客
(株)金港堂
http://www.kinkodo.co.jp/shirt/

金沢市片町 金港堂店舗


マスメディアの広告より高い確率で来店

 オーダーシャツの販売を専門に手がける金港堂では、ネットショップを活用して実店舗への集客を図っている。

 きっかけは昨年4月にISICOが運営するバーチャルモール「お店ばたけISHIKAWA」に出店したことだった。シャツをオーダーするためには肩幅などを採寸する必要があるため、ネットで売り上げを伸ばすのは難しい。それならばと実店舗への集客をメインに考え、それまでのホームページをリニューアルすることにした。

オーダーシャツ専門店 金港堂 宮谷代表。 単に店舗を紹介するだけではつまらないと考え、オーダーシャツの店らしく、自分の体を採寸する方法やお気に入りのシャツを送る方法など、6つのオーダー方法を考え、ネットでオーダーできるよう工夫していたが、来店促進効果を狙って、取り扱っている生地ブランドや製作工程、店舗内部の様子などのほか、オーダーシャツの実例も紹介し、購入意欲を高めるよう工夫した.

 狙い通り、リニューアル後はホームページを見た来店客が増えてきた。「初めての店には誰でも入りづらいものですが、店舗の様子や商品、価格帯などの情報が先に得られることで来店しやすくなった。不特定多数の人に一斉に告知するテレビや新聞と違って、ネットの場合は商品や情報を探している人が見てくれるので、来店につながる可能性が高い」とオーナー兼ウェブマスターの宮谷隆之代表は分析する。


ネットからの注文も増加 客層の変化も

 金港堂のネットショップからは、宮谷代表が3年前から続けているブログも見られるようになっている。
話題はファッションを中心にさまざま。北陸の人気ブログランキングで一時期トップになるほどの人気で、メールでの問い合わせも増えているという。

 当初は期待していなかった効果も表れている。その一つがネットを通じたオーダーの増加である。客単価は実店舗と比べても遜色がなく、一度注文してくれた人が、次には来店して注文するケースも多い。

 また、これまでは40代以上の客が多かったが、最近では20~30代の客が増えてきた。さらに、一般消費者だけでなく、貸衣装店からの受注も舞い込んできている。

どんなシーンで着用するのか、コミュニケーションを重ねながらシャツが作られていく 競争が厳しさを増す中、「オリジナリティの高い一着を作るために、より専門性を高めていきたい」と宮谷代表は今後の方向性を示す。どんな業種でも、専門性が高まれば高まるほど市場が小さくなるもの。これを補うためには販売エリアを広げる必要があり、広域から集客するにはネットが有効と宮谷社長は考えている。

Q&Aや事例集の充実など、今のホームページに足りない部分も見えてきた。「今後もサイトの充実を図り、全国からシャツ好きの人を集めたい」と期待をふくらませている。


(株)金港堂
■所在地 金沢市片町2-1-1
■TEL 076-262-7535
■代表者 宮谷隆之
■設立 昭和7年4月
■資本金 1,000万円
■従業員数 5名
■事業内容 紳士洋品小売、オーダーシャツ販売


<関連リンク>
オーダーシャツ専門店 金沢・金港堂
http://www.kinkodo.co.jp/shirt/

オーダーシャツ生地のご案内-金沢・金港堂
http://www.kinkodo.jp/shirting/

オーダーシャツ屋金港堂の日々発見 体をシャツに合わせるか?シャツを体に合わせるか?
http://kinkodo.exblog.jp/

((財)石川県産業創出支援機構の情報誌『ISICO』35号[2007.8]掲載記事より)

◆ネット進出レポート ~ネット販売による販路開拓
『生産農家の元気な鉢花と情報をネットで提供 ~鉢花工房アンド・プラント』

ISICOでは、ネット販売を行っている、石川県内の意欲ある店舗を支援するため、バーチャルモール「お店ばたけ」を開設しています。
ネットに進出し、様々な方法で販路開拓を行っている店舗を紹介します。


生産農家の元気な鉢花と情報をネットで提供 ~鉢花工房アンド・プラント(白山市)
http://www.andplant.jp/

ゼラニューム、ポインセチアなどの生産販売 アンド・プラントの今本健夫代表ガーデニング愛好家から多くの問い合わせ

白山市内に3棟のハウスを構え、ゼラニュームなどの鉢花を生産しているアンド・プラント。
ISICOが主催する「バーチャルショップ道場」に参加したことを手始めに、平成16年春にネットショップを開設した。

きっかけは「せっかく鉢花を買ってもうまく育てられない」という消費者の声だった。
生花店ではたくさんの種類の花を扱っているが、店員がその一つ一つの育て方について消費者に詳しくアドバイスするには限界がある。そこで、代表の今本健夫さんは、「生産者である自分たちならばそのフォローができるし、そうすることで業界全体の成長にもつながる」と、ネットショップの開設に踏み切った。

また、物は試しと通販で鉢花を購入してみたところ、とても商品とは言えないものが届いたことがあり、
「消費者にちゃんと元気な花を届けたい」という思いが芽生えた。

アドバイザーの指導をもらいながら試行錯誤を繰り返して制作したホームページは、季節に応じた鉢花を購入できるようになっているほか、2年前からはブログで日々の作業や花の生育状況などをつづっている。

開設以来、アクセス数は順調に伸びており、ガーデニングを楽しむ消費者からも多くの問い合わせが寄せられているという。
「分からないことがあっても種苗会社などに問い合わせるなどして、答えるようにしている。そうすることで自分にとっても勉強になる」と今本さん。一方で、販売の方はまだまだだと言うが、「開けてびっくりしました」「すごく元気でうれしいです」など、消費者からの喜びの声が大きな励みになっているという。

独自にブレンドした培養土で差別化
独自にブレンドした培養土に、丁寧に苗を植えていく両親が経営するトマト農家から独立、転身して約13年。最近になって、ようやく自分なりの型ができてきたと感じている。
鉢花の生産で最も重要な土づくりに関しては、長年堆肥を積み上げて熟成させた土に、ピートモス(ミズゴケなどが泥炭化したもの)、軽石を独自にブレンドして他の生産農家と大きく差別化を図っている。同時に、種まきから出荷に至るまで生育段階に合わせて管理し、元気な鉢花を育てている。

ネットショップの今後について今本さんは、「消費者に選ばれ、買いたくなるようなホームページにするために、生産者だからこそ可能な情報発信に力を入れたい」と話す。これまで蓄積してきた顧客データを活用したメルマガの発行など、コンテンツの一層の充実をめざし、今本さんは今日もパソコンに向かう。

鉢花工房アンド・プラント
所在地: 白山市平木町37-1
TEL: 076-274-4577
代表者: 今本 健夫
従業員数: 2名
事業内容: 鉢花の生産、販売

<関連リンク>
ゼラニューム、ポインセチアなど鉢花のネット通販「鉢花工房アンド・プラント」
http://www.andplant.jp/

アンドプラント今本代表が、日々の作業や花の生育状況などを綴るブログ
「徒然花」
http://andplant.com/

お店ばたけ<今月のお店>鉢花工房アンド・プラント
http://www3.omisebatake-isico.com/blog/archives/2005/08/post_30.html

タグ「鉢花工房アンド・プラント」

((財)石川県産業創出支援機構の情報誌『ISICO』35号[2007.8]掲載記事より)

前の5件 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10

お店ばたけプラスホームページ

お店ばたけプラスホームページへ
ISICOバーチャルモール「お店ばたけプラス」は、(公財)石川県産業創出支援機構が運営するインキュベーションモールです。

アーカイブ

ブログを購読する(RSS)

  • RSS2.0を購読する
  • RSS2.0を購読する