石川県ふるさと語りの最近のブログ記事

catelogo130925.gif

「町内句碑めぐり【11】明島神社」【週刊ウンチク】

白山市旧鶴来町明島神社の句碑
お店ばたけ 週刊ウンチク
第447回(2009.11.19)
「町内句碑めぐり【11】明島神社」
提供:明光自動車サービス
三納鶴仙さん

(明光自動車サービス(株)様は、2012年5月退店されました。記事は掲載当時の内容です。)


 

◆白山麓・石川県白山市旧鶴来町、山ノ庄地区にある明島神社(あからじまじんじゃ)は、錦風の句碑があります。明光自動車サービス 会長の三納鶴仙(嘉一)さんが執筆されている、「高根社」の句会報からご紹介します。

◆句碑めぐり【11】明島神社


 明島神社は157号線に面した山ノ庄地区にある。
明島神社の立派な鳥居をくぐって三メートルほど行き、左の奥の方を注意すると句碑がある。

白山市旧鶴来町、明島神社にある錦風の句碑


高さ約一メートルもあろうか。表には

芽木 天耳(に)
  邨(むら)を
  鎮免乃(しずめの)
   五領欅
         錦風  とある。

これと同じ色紙があるから、錦風の字であろう。裏へ回ったら蜘妹の巣に引っかかって了った。
裏には

奉納    米 田 豊 之
        明島神社総代
五領塚   同整備委員会
昭和五十四年五月建之  石匠中川常信

「蔵山郷土誌」 でしらべたら、五領は御領、御領地、御陵とも書き、五ヶ所に分かれて民家が群っていて、名字は山ノ庄、春ノ木、中村、西ノ村と灯燈の五つであるから五領と呼ばれたーとも記してある。

但し灯燈(とうどう)は、川向いの能美市灯台笹(とだしの)が洪水で流れて灯燈(又は藤蔵)となり、その川下の川北町の方にもよく似た名前の村が存在すると記されている。

さて米田錦風は本名を豊之と云い、明治四十一年二月二十二日に、この蔵山村藤蔵で生を亨けた。
若いときに藤蔵から鶴来古町へ移転し、はじめ下東町の田村建具店へ見習として入り、五年間の年期が明けたが、勉強が好きで、東京の日本大学を出られたと聞いている。

帰郷して建具店を始めたが、時代の推移もあって、今のガラス・サッシュを本業とするようになった。

古町に住まいを移してから、高根社で俳句を勉強し、のち白山さんの全国俳句大会の世話をしたり、各種大会にも投句され、平成十三年十二月十四日、九十三才で逝去された。

小松砂丘と塩田紅果選に

・囀りの窓開け放ち洗顔す  錦風
・許されて聖舎を汚す燕の子  錦風


昭和四十八年八月十二日
目名安居宗匠、吉田九皐翁追悼句会
山本清嗣選、杉原竹女選

・先頭はまだ抜け切らず大雪渓  錦風

◆リンク集

お役に立ちます!車検、整備、新車中古車販売、リースなら・・・「明光自動車サービス」Webサイト

「町内句碑めぐり【10】日御子駅界隈」【週刊ウンチク】


お店ばたけ 週刊ウンチク
第445回(2009.11.5)
「町内句碑めぐり【10】日御子駅界隈」
提供:明光自動車サービス
三納鶴仙さん

(明光自動車サービス(株)様は、2012年5月退店されました。記事は掲載当時の内容です。)



 

◆白山麓・石川県白山市旧鶴来町、北鉄日御子駅には、小谷蓮舟の句碑のほか、井田柳泉の句碑があります。明光自動車サービス 会長の三納鶴仙(嘉一)さんが執筆されている、「高根社」の句会報からご紹介します。

◆句碑めぐり【10】日御子駅界隈


先月号に小谷蓮舟のもう一つの句碑が日御子駅近くにある と書いたが、今月はその隣りに高さ六〇センチばかりの丸い井田柳泉の句碑について書く。

 霊泉を守り育てつ
 与祢の秋
          柳泉

このあたりは古くは三州志に 「御影清水」と記されている。手を叩くと水が噴き上がったので
「手叩き清水」と呼ばれた。柳泉は本名を順太郎と云い、明治三十八年三月十二日にこの地で生まれた。

昭和四十一年にお堂を新調し、その側に神影荘を建築し開湯した。これは一時期「鶴亀館」として復活したが、今はない。柳泉は長い間蔵山公民館長などの職にあって、俳句団体「森の泉吟社」を育て、平成八年十二月六日に満九十才で他界された。

下段にその付近の史跡の略図を記しておいたので参考にして下さい。

3 の祠は白山神宮とも云われ、立札に「八ツ手観世音□□」と記してあった。
それに接して高さ八〇センチの白御影の石柱があり、表には「神木幣か希柳の霊地」と彫られ、左側面には

 ・御神木永久尓鎮満利歳の暮  柳泉

とある。小川を一跨ぎすると松戸山房(谷口正幸)の筆で
「名跡手叩清水」とかかれている。裏には

 泰澄の杖阿登尊と
 湧く清水     柳泉

昭和六拾弐丁卯年早菊月吉日建之とある。


【日御子駅付近 史跡の略図】


日御子駅付近 史跡の略図


1.手叩き句碑(蓮舟)
2.霊泉句碑(柳泉)
3.八ツ手観音祠
4.神木句碑(柳泉)
5.名跡手叩清水碑



◆リンク集


お役に立ちます!車検、整備、新車中古車販売、リースなら・・・「明光自動車サービス」Webサイト

「町内句碑めぐり【9】大安寺」【週刊ウンチク】

石川県白山市、日御子にある大安寺の句碑
お店ばたけ 週刊ウンチク
第444回(2009.10.29)
「町内句碑めぐり【9】大安寺」
提供:明光自動車サービス
三納鶴仙さん

(明光自動車サービス(株)様は、2012年5月退店されました。記事は掲載当時の内容です。)


 

◆白山麓・石川県白山市旧鶴来町、日御子にある大安寺には、蓮舟の句碑があります。明光自動車サービス 会長の三納鶴仙(嘉一)さんが執筆されている、「高根社」の句会報からご紹介します。

◆句碑めぐり【9】大安寺

日御子の大安寺の前庭にある。高さは二メートルを越す。自然石そのままに句を刻してある。

大安寺の蓮舟句碑

慈光耳(に)
生き
仂(はたら)い天(て)知る
麦能(の)味
                 蓮舟

また碑の裏には

昭和四十一年三月之建  柿の木小谷
                  蓮舟翁古稀
                  祝賀記念之
                  碑
                  蔵山老人会
                  鶴来俳句連盟
                  仝人一同

とある。
「蔵山郷土誌」 によると、蓮舟は明治三十年十月六日に日御子に生まれ、本名を小谷潔と云った。
竹内菊園の 「香風」に投句し、また昭和二十七年八月には蔵山どんぐり会を結成した。

・観世音御在す清水の湯に浸る  蓮舟
・灯の消えて川の寂聞く夜寒かな  〃
・不動尊鎮座し給ひ清水の湯  〃
・焼米を掘れば史跡の偲ぼるる  〃
・苔草の揺れて清水の泡の噴く  〃

句碑の除幕式は昭和四十一年四月三日に行われている。除幕式のあと、場所を 蔵山公民館に移し、祝賀俳句大会を開催している。
兼題の選者には塩田紅果、西村公鳳の名が見える。


小谷蓮舟にはもう一つの句碑がある。
場所は北鉄日御子駅のレールの下道に添って、鶴来高校へ通ずる道沿いに二分ばかり歩いたところにある。


約一メートルの自然石の句碑の表には

手叩や 御山
者(ほ)る可耳(かに)
湧清水

碑の裏には

昭和三十九年霜月
小谷 潔

とあり、これは蓮舟が自費で建てたものと云われている。




◆リンク集


お役に立ちます!車検、整備、新車中古車販売、リースなら・・・「明光自動車サービス」Webサイト

「町内句碑めぐり【8】若宮八幡神社」【週刊ウンチク】

石川県白山市、若宮八幡神社の句碑は、三納鶴仙さん書の句碑です。
お店ばたけ 週刊ウンチク
第442回(2009.10.15)
「町内句碑めぐり【8】若宮八幡神社」
提供:明光自動車サービス
三納鶴仙さん

(明光自動車サービス(株)様は、2012年5月退店されました。記事は掲載当時の内容です。)



 

◆白山麓・石川県白山市にある若宮八幡神社には、大きな黒御影石の句碑があります。明光自動車サービス 会長の三納鶴仙(嘉一)さんが執筆されている、「高根社」の句会報からご紹介します。

◆句碑めぐり【8】若宮八幡神社

 日向町の若宮八幡神社の境内に、長さ三メートルもあろうという黒御影石の大きな句碑が奉納されている。

若宮八幡神社の句碑。

 奉 納

渡り鳥手話の姉妹が追う瞳  池田露光
生かされて生きる身なりや報恩講  岡本永光
浅春や光増しゆく手取川  岡本静富
雨霽れて若葉香れる宮の森  北川万理
満天にうなり生じて競ひ凧  木村玉静
菊日和白衣寄り添ふ車椅子  木村冨徳
夕涼み白嶺颪に吹かれつつ  黒田金風
水温む岩に爪かく池の亀   黒田南山
初御空四恩に生きる我が余生  作本一珠
虫送る太鼓や星の動くかに  柴多啄二
哀歓をかさね波うつ稲の花  柴多月汀
比め宮の龍頭清水や霊気吐く  庄田紫雲
亡き母の味薄れゆく雑煮かな  高田高峰
椋鳥の羽音一瞬歩を奪う   柄田八重女
影青く香る若葉の道細し   土本花弟
冴え返る今宵老父に鍋の物   土本豊水
朝寒や喜寿なる姑の野良仕事   寺口静香
蟋蟀(こおろぎ)や露営の夢の草枕  寺越静史
青田道一番星へ刻つなぐ   寺越曙文
夫を待つ夜半の孤独や春の雷   戸田秀花
菱餅に幸せ託す里の母   中川清峯
神田に奉仕乙女や五月晴  久田金波
孫の家鉋研ぐなり喜寿の春   日村湖水
愛し児へ幸多かれと菱の餅   平田寿鶴
落葉して鳥の群れ来る実の一つ   松川叶松
黄金にたなびく稲や農の幸   宮本宏華
撥ね返す力忍びて雪の竹   村田鉄庵
傘寿古希還暦祝ふおらが春   村田梅邨

句碑の裏面には-

鶴来町日向町は 明治末期より浅からぬ俳句有縁の地であり 多くの俳人を生むその灯りを消すことなく 更に大きく点し続けることを念じ 此の碑を建立する

平成六年三月吉日
発願人  村田梅邨 池田露光 岡本永光 北川万理 作本一珠
碑文  鶴来町 三納鶴仙書
施行  小松市 田中石材工業 橋本庭石

*   *

 耕楽吟社主幹の岡本永光氏はこの句碑の建設費の半分を奉賀されたと聞いています。除幕式は同月二十五日に盛大に催された。また村田梅邨氏は私の恩師で、俳縁の不思議さを感じました。


【三納鶴仙さんの「町内句碑めぐり」】
【1】白山ひめ神社
第一の句碑「風薫る越の白根を国の花」芭蕉 紹介記事はこちらです。
第二の句碑「大手取 故がね波宇つ 村の秋」一畝 紹介記事はこちらです。
第三の句碑「朝光の白山葱の先揃ふ」桜の園 紹介記事はこちらです。

【2】金剱宮の句碑「人ありや窓の枇杷食ふ山鴉」楚常 紹介記事はこちらです。

【3】 鶴来別院
第一の句碑「散るさ可里花の盛利や寺の萩」梅嶺 紹介記事はこちらです。
第二の句碑「この遠忌に確信の縁も木々の芽も」句佛 紹介記事はこちらです。

【4】良源寺の句碑「佛負ふ檜笠の下や苅田道」紹介記事はこちらです。

【5】鶴来博物館「月江庵累世句碑」紹介記事はこちらです。

【6】鶴来公民館「秋天に白山そひえ光り合ふ」安居 紹介記事はこちらです。

【7】郷社神田白山神社「杉の花 世を距てたる 空の寂」紅果 紹介記事はこちらです。

【8】若宮八幡神社の黒御影石句碑 紹介記事はこちらです。


◆リンク集

お役に立ちます!車検、整備、新車中古車販売、リースなら・・・「明光自動車サービス」Webサイト

「町内句碑めぐり【7】郷社神田白山神社」【週刊ウンチク】

塩田紅果は白山市の「郷社神田白山神社」にある。
お店ばたけ 週刊ウンチク
第441回(2009.10.8)
「町内句碑めぐり【7】郷社神田白山神社」
提供:明光自動車サービス
三納鶴仙さん

(明光自動車サービス(株)様は、2012年5月退店されました。記事は掲載当時の内容です。)



 

◆白山麓・石川県白山市にある郷社神田白山神社には、紅果の句碑があります。明光自動車サービス 会長の三納嘉一さんが執筆されている、「高根社」の句会報からご紹介します。

◆句碑めぐり【7】郷社神田白山神社


杉能浦 世を距て多る 楚良の寂   紅果

塩田紅果句碑は、白山市安養寺の郷社神田白山神社にある。

杉の花 世を距てたる 空の寂   紅果

高さ二尺にも足らぬ、小さな自然石である。裏面には-

昭和貳拾五年水無月  蟻塔會 願主山本四方

とある。

場所は、旧舘畑村安養寺の郷社神田白山神社の鳥居をくぐり、本殿に向かい、左を気にしながらゆっくり歩むと小さい句碑を見つけることができる。

さて、塩田紅果(しおだこうか)は本名親雄、芭蕉の生誕地である上野に生まれた。
沼波瓊音(ぬなみけいおん )に師事して俳句を学んだ。判事となった後、金沢で弁護士を開業している。
昭和二(一九二七)年、京都で「蟻乃塔」を創刊し、金沢蟻塔会を主宰した。

伊賀市上野の愛染院に句碑がある。

・はなやかに咲いてさびしき冬桜   紅果

金沢市小坂神社の上にも句碑がある。

・白梅の一ひらにある陽のぬくみ   紅果

或る時期、鶴来へも月一回は足を運んで俳句の選や指導をされた。


山本四方については北陸俳壇史(竹谷蒼郎著)に、次のように記されている。


 すなわち昭和三十八(一九六三)年の十一月十日、金沢市本多町の松風閣で北国俳句大会および石川県俳文学協会の総会が開かれた席上、鶴来町安養寺町蟻塔所属の山本 四方に、山本清嗣会長から三十八年度石川県俳文学賞が贈られている。
 山本四方は多年郷土俳壇の発展に尽力し、ことに近著「親鸞と芭蕉」は、俳壇の本質をあきらかにし、今後の同行および針路を示唆したほか、仏教と俳文学の関連性を述べ、親鸞と芭蕉の思想の帰一することを記述し、重要な研究資料を提供したというものである。
 句集に「草の芽」「雪割草」。俳論に前記「親鸞と芭蕉」(昭和三十八年八月刊)があり、また鶴来町合併のとき「鶴の巣だち」を編集刊行した。

なお、山本四方は昭和三十八年十一月三日、文化の日に、鶴来町文化賞を贈られている。




◆リンク集


お役に立ちます!車検、整備、新車中古車販売、リースなら・・・「明光自動車サービス」Webサイト

1  2  3  4  5  6

お店ばたけホームページ

お店ばたけホームページへ
ISICOバーチャルモール「お店ばたけ」は、(公財)石川県産業創出支援機構が運営するインキュベーションモールです。

アーカイブ

ブログを購読する(RSS)

  • RSS2.0を購読する
  • RSS2.0を購読する