石川県ふるさと語りの最近のブログ記事

catelogo130925.gif

「町内句碑めぐり【6】鶴来公民館」【週刊ウンチク】

鶴来公民館の安居句碑
お店ばたけ 週刊ウンチク
第439回(2009.9.24)
「町内句碑めぐり【6】鶴来公民館」
提供:明光自動車サービス
三納鶴仙さん

(明光自動車サービス(株)様は、2012年5月退店されました。記事は掲載当時の内容です。)



 

◆白山麓・石川県白山市鶴来本町にある鶴来公民館には、月江庵六世 安居の句碑があります。明光自動車サービス 会長の三納嘉一さんが執筆されている、「高根社」の句会報からご紹介します。

◆句碑めぐり【6】鶴来公民館

鶴来公民館の安居句碑


秋天耳         月江庵六世
白山楚ひ畫 光里合ふ   安居


句碑の表には、流麗な安居の筆跡で右のように書かれている。裏面には-


  碑句    月江庵六世
                安居
秋天に 白山そひえ 光り合ふ

                 松石山房写記
平成二年六月建立


と、松石山房(谷口正幸さん)筆跡の鋳造板が嵌められている。
場所は鶴来公民館(旧社教センター)の北駐車場の一隅である。

山本四方著「鶴の巣だち」によれば、

家業は先代から鍛治業を営み、現在鉄工所を建てて國有鉄道の指定工場ともなり、盛大に営業されている。
立机式は昭和二十七年五月二十五日に行われた。俳画は木村杏園画伯に師事し、その技は円熟を加え(中略)寔に霽風名月の雅士として讃えられている-とある。

先年、目名製作所は月橋町へ移転されたが、それまでは鶴来本町四丁目にあったから、工場を出ると、道路をはさんだ植込みの中に句碑が見られた訳である。

月江庵六世安居は本名を保次といい、明治十九年十一月三日、鶴来町ヲ四七番地に、父目名与三松、母つよの長男として生れた。俳号は「安居」の他に翠嶺、白峯山人の雅号も有していた。

若くして俳諧を嗜み、茗事、華道に通じ、俳画をも好んだ。また謡曲、仕舞にも秀れ、多くの子弟を教授している。

俳諧では殊に鶴来俳壇の作風を克く伝え、昭和二十七年月江庵六世を継承した。みずからの庵を「梨笠山麓高楼望峰」と呼び、斯道の研鑽を怠らず、近郷はもとより筵を能登路にまで延ばし、同好知友の交わりを深めていた。

晩年は家族と共に横浜に居を移し、湘南、伊豆、鎌倉、富士岳麓を紀行する悠々の日月を送り、昭和四十八年三月二十九日、
横浜市南区で没した。享年八十六才。


以上は『俳画賛』(平成二年三月刊)の冒頭に記された「略伝」から拾った。

 ※なお句碑の集字には、雪の降る中、句友大宮昌子さんの手を煩わした。感謝。

石川県白山市 鶴来公民館「安居句碑」


◆リンク集

お役に立ちます!車検、整備、新車中古車販売、リースなら・・・「明光自動車サービス」Webサイト

「町内句碑めぐり【4】良源寺」【週刊ウンチク】

石川県白山市鶴来上東町「良源寺」の句碑
お店ばたけ 週刊ウンチク
第435回(2009.8.27)
「町内句碑めぐり【3】良源寺」
提供:明光自動車サービス
三納鶴仙さん

(明光自動車サービス(株)様は、2012年5月退店されました。記事は掲載当時の内容です。)



 

◆白山麓・石川県白山市鶴来上東町にある良源寺には、秋の坊の句碑があります。明光自動車サービス 会長の三納嘉一さんが執筆されている、「高根社」の句会報からご紹介します。
◆町内句碑めぐり【3】鶴来別院(その2)

「良源寺」の秋の坊の句碑


佛負ふ檜笠の下や苅田道

 殿田良作「風騒人秋の坊」によると、「佛負ふ...」の句は、秋の坊が仏像の修繕が出来上がったので、友人の李東へ送るときに作った句であるという。
 この句碑は鶴来上東町の良源寺の境内にある。塀と塀の間を入り左を見ると、写真のような細身の句碑が見つかる。高さは一メートルあるかなしである。ただ石が軟らかいのか、風化が激しく、目を凝らさないと字は読めない。それも、以前から句を覚えているから読めるので、いずれ読めなくなるのは目に見えている。

 句を書かれた「可津」という方も、側面の「大正四年冬建立 芙蓉会」も近くの俳諧団体だろうと推測されるだけで、新しい資料が出ない限り不明である。秋の坊については、大河良一著「加能俳諧史」に載っているが、ここでは高木蒼梧の「俳句人名辞典」より引用して記します。


○秋の坊
 加賀鶴来の人。士途に就いたが、志を得ずして退隠、剃髪して寂玄と号し、卯辰山蓮昌寺内に「秋日庵」を結んで住み、北越蕉門の一名星となった。

  元禄二年芭蕉来遊の時、北枝(立花北枝 たちばな ほくし 蕉門十哲の一人)  と同日同席しながら一語も交わさなかったとか、寒さに堪えず、万子(生駒万子 いこままんし) に炭を乞うたとか(中略) ある年の正月四日友人李東が訪い来て対談中、「正月四日よろづこの世を去るによし」と口ずさんで、息が絶えたので、李東は驚きながらも、「稲積むと見せて失せけり秋の坊」と手向けたなど、逸話がこのほかにも多い人物だが、どこまでが真実であろうか。

  「正月四日」の句のことは同じ金沢人の闌更(高桑闌更 たかくわらんこう)編『俳諧世説』に載せるものであるから、秋の坊の辞世として信用する人が多いが、正徳二年開版の、これも金沢の百花堂文志編『布ゆかた』に、

  「諷竹追善
 正月四日よろづ此世を去るによし
                     凉菟」

とある。『布ゆかた』は秋の坊の没する七年前の出版物である。また、北枝とは犬猿の間柄のような伝説もあるが、北枝の『喪の名残』には北枝を賛嘆した跋文を秋の坊がしたためている。蓮昌寺の門を入ると、正面に「秋の坊」の三字を彫った石がある。寺の裏山の草に埋もれていたのを、近年ここに移したものという。没年は享保三(一七一八)年である。

※秋日庵 武閑雲は「秋日庵」の庵号が気に入って、これを頂戴したものであろう。




◆リンク集


お役に立ちます!車検、整備、新車中古車販売、リースなら・・・「明光自動車サービス」Webサイト

石川県白山市鶴来上東町にある良源寺の句碑お店ばたけ 週刊ウンチク
第435回(2009.8.27)「町内句碑めぐり【4】良源寺」
提供:明光自動車サービス 三納鶴仙さん
(明光自動車サービス(株)様は、2012年5月退店されました。記事は掲載当時の内容です)

白山麓・石川県白山市鶴来上東町にある良源寺には、秋の坊の句碑があります。明光自動車サービス 会長の三納嘉一さんが執筆した「高根社」の句会報からご紹介します。


◆町内句碑めぐり【4】良源寺

佛負ふ檜笠の下や苅田道

殿田良作「風騒人秋の坊」によると、「佛負ふ...」の句は、秋の坊が仏像の修繕が出来上がったので、友人の李東へ送るときに作った句であるという。 この句碑は鶴来上東町の良源寺の境内にある。塀と塀の間を入り左を見ると、写真のような細身の句碑が見つかる。高さは一メートルあるかなしである。ただ石が軟らかいのか、風化が激しく、目を凝らさないと字は読めない。それも、以前から句を覚えているから読めるので、いずれ読めなくなるのは目に見えている。

句を書かれた「可津」という方も、側面の「大正四年冬建立 芙蓉会」も近くの俳諧団体だろうと推測されるだけで、新しい資料が出ない限り不明である。秋の坊については、大河良一著「加能俳諧史」に載っているが、ここでは高木蒼梧の「俳句人名辞典」より引用して記します。


○秋の坊
加賀鶴来の人。士途に就いたが、志を得ずして退隠、剃髪して寂玄と号し、卯辰山蓮昌寺内に「秋日庵」を結んで住み、北越蕉門の一名星となった。

元禄二年芭蕉来遊の時、北枝(立花北枝 たちばな ほくし 蕉門十哲の一人) と同日同席しながら一語も交わさなかったとか、寒さに堪えず、万子(生駒万子 いこままんし) に炭を乞うたとか(中略) ある年の正月四日友人李東が訪い来て対談中、「正月四日よろづこの世を去るによし」と口ずさんで、息が絶えたので、李東は驚きながらも、「稲積むと見せて失せけり秋の坊」と手向けたなど、逸話がこのほかにも多い人物だが、どこまでが真実であろうか。

「正月四日」の句のことは同じ金沢人の闌更(高桑闌更 たかくわらんこう)編『俳諧世説』に載せるものであるから、秋の坊の辞世として信用する人が多いが、正徳二年開版の、これも金沢の百花堂文志編『布ゆかた』に、

「諷竹追善
正月四日よろづ此世を去るによし
凉菟」

とある。『布ゆかた』は秋の坊の没する七年前の出版物である。また、北枝とは犬猿の間柄のような伝説もあるが、北枝の『喪の名残』には北枝を賛嘆した跋文を秋の坊がしたためている。蓮昌寺の門を入ると、正面に「秋の坊」の三字を彫った石がある。寺の裏山の草に埋もれていたのを、近年ここに移したものという。没年は享保三(一七一八)年である。

※秋日庵 武閑雲は「秋日庵」の庵号が気に入って、これを頂戴したものであろう。

◆リンク集
お役に立ちます!車検、整備、新車中古車販売、リースなら・・・「明光自動車サービス」Webサイト

霊峰白山
お店ばたけ 週刊ウンチク
第418回(2009.4.30)
「町内句碑めぐり【1】白山比め神社(その1)」
提供:明光自動車サービス
三納鶴仙さん

(明光自動車サービス(株)様は、2012年5月退店されました。記事は掲載当時の内容です。)


 

◆白山麓・石川県白山市鶴来の白山比め神社(愛称「白山さん」)には、芭蕉の句碑があります。明光自動車サービス 会長の三納嘉一さんが執筆されている、地元鶴来の俳壇「高根社」の句会報からご紹介します。

◆町内句碑めぐり【1】白山比め(※)神社(その1)

  今年の梅雨前でしたか。山田副会長、北村伸一郎さんと三人同道で、町の中の句碑を訪ねて参りました。
北村さんは俳句の趣味のほかに、写真展でも受賞されているが、今度の句碑巡りでは、やれ光線がどうの、時間帯がどうのと固いことは云わずに、気楽にやることにした。


 それでも、いざ文章を書こうとすると不明の個所や、もっと調べたいことも出て、再三足を運ぶ結果となった。

白山さんの新しい手水舎(ちょうずや)を過ぎると左手の方に白い案内板が立っている。すぐ上の一段高いところに句碑がある。


表に刻してあるのは

  風薫る
     越の白根を
        国の花

          芭蕉

碑の裏には

  昭和辛丑皐月
     古稀叟 寒雲道人 建立

とある。つまりこの句碑は、昭和三十六年五月に、鶴来在住の郷土史家、武閑雲が自らの古稀を記念して建立、奉納したものである。
筆跡は、もちろん武閑雲本人と見てよいだろう。


  ○


前記の「風薫る云々」を柞原集(ははそはらしゅう)で調べるために、早速クレーン内の鶴来図書館へ足を運んだ。


柞原集には巻一、巻二の二冊があり、巻一の冒頭には

 春
・春なれやこしの白根を国の花  芭蕉
比句芭蕉翁一とせの夏、越路行脚の時、
五文字風かをると置てひそかに聞こえ侍る
をおもひ出て、卒爾に五文字をあらたむ。

と載っていた。

 『俳諧大辞典』(明治書院)によると、「柞原集」は元禄五(一六九二)年刊。
句空が、白山さんへ奉納のため句集を編んだものである。

拾い読みをすると万子、牧童、曾良、去来、杉風、其角、秋の坊、一笑などの有名俳人が句を連ねている。もしご覧になりたければ、鶴来図書館へ行って、『郷土』の書架の前に行き「加越能古俳書大観」(上・下)を探されるとよい。
因みにこの本は絶版で古書店では上下セットで一〇,〇〇〇円は致します。


  ○


 さて、芭蕉が曾良を伴って「おくのほそ道」の旅へと江戸の深川を発ったのは、元禄二(一六八九)年である。「おくのほそ道」にはこの句はないし、「芭蕉全句集」の一〇六六句をあたっても、この句はない。先に、冒頭に挙げたが、編者句空の注釈に見える「越路行脚」に、果たして芭蕉が行ったのかどうかも、検討して見なければならない。
もし行っておれば証明となり、一件落着となるが、異説もあって、句空の句だろうとも云われている。
(この項おわり)

※事務局註:「め」の漢字は、口偏に羊

◆リンク集

お役に立ちます!車検、整備、新車中古車販売、リースなら・・・「明光自動車サービス」Webサイト

道の駅桜峠(石川県能登町)の逸品とは?お店ばたけ 週刊ウンチク
第324回(2007.6.28)
「道の駅桜峠 能登のドライブは寄り道が楽しい」
提供:松波酒造 金七聖子さん

◆奥能登の地酒「大江山」醸造元 松波酒造の若女将おすすめ!奥能登ドライブ休憩地「道の駅桜峠」の魅力をレポートします。

◆能登のドライブは寄り道が楽しい【道の駅 桜峠】

松波酒造 金七聖子さん奥能登の地酒、松波酒造 若女将の金七聖子です。

私はドライブが好きです。 目的地に着いちゃうより、道に迷ったり、寄り道したり、お店に入って何か買ったり・食べたり。 のりしろ的な時間が旅の楽しみです。

これからは能登のドライブにいい季節、海や山へ向かう途中に
ちょっと立ち寄りたいのが道の駅 桜峠です。

能登空港から奥能登方面へ車で5分。上り坂の途中にあります。
店内には地元の特産品が沢山あるけれど、普通のお土産店に無いようなものもあります。

能登みやげ、桜峠の招き猫 案山子窯能登島の地元冊子「oine おいね」や表情豊かな「まねき猫」

能登町の高校オリジナルクッキー能登町の高校オリジナルの食品「クッキー」「きゃらぶき」
(このクッキーは低い確率で☆型クッキーが1個入っているそうな。駅長さんの話では!)


人気のご当地ソフトは「ブルーベリーソフトクリーム」
能登町の特産品、地元のブルーベリーを使っています。夏場には、フレッシュな果実も売られています。


道の駅桜峠では、能登の先端、珠洲市「二三味珈琲」も飲めます!そしてそして、道の駅桜峠では、珠洲市の先端にある「二三味(にざみ)コーヒー」が飲めます。
しかも3種類あります。
こだわりの焙煎で品質重視の珈琲屋さんです。
豆を購入して、家で淹れることはあっても、外で二三味珈琲飲めるお店は数少ないので、立ち寄った時に飲んでほしいです。

奥能登の地酒、松波酒造の日本酒も買えますよ!道の駅桜峠あっ、お酒コーナーもあります。
大江山は「花つづら」と「杜氏土産酒 能登」
名所の写真ラベルの「恋路海岸・九十九湾」がありますよ!

道の駅桜峠は、店内のディスプレイやレイアウト、商品アイテムはかなり短いスパンで変わります。
配達に行く私が驚くくらいの短期間。 だから楽しい。

帰り道にもおすすめです。
美しいサルビアロード。桜峠から私の住む松波への道に「サルビアロード」があります。
気持ちのいいドライブが続きます。

道の駅桜峠
石川県鳳珠郡能登町字当目
TEL&FAX: 0768-76-1518
道の駅ガイドホームページ 地図情報などはこちら 
(Googleマップの目印マークは若干ずれています。57号線=珠洲道路沿いの「道の駅桜峠」です)


◆リンク集
松波酒造【大江山 おおえやま】 石川県奥能登の地酒 お中元に日本酒を贈りましょう。
【大江山 若女将の酒楽日記】 能登杜氏発祥の地、能登半島の松波酒造から酒蔵風景とグルメ歳時記をお届けします。
道の駅桜峠 道の駅桜峠公式サイト。

前の5件 1  2  3  4  5  6

お店ばたけプラスホームページ

お店ばたけプラスホームページへ
ISICOバーチャルモール「お店ばたけプラス」は、(公財)石川県産業創出支援機構が運営するインキュベーションモールです。

アーカイブ

ブログを購読する(RSS)

  • RSS2.0を購読する
  • RSS2.0を購読する