石川県ふるさと語りの最近のブログ記事

catelogo130925.gif

第32回「水のお話」【週刊ウンチク】

第32回(01.10.4)「水のお話」
提供:林農産 林浩陽さん


「林さんち」の社長浩陽さん、専務のなんもさん、社員の中村さん

 各地で、水不足が叫ばれていますが、わが地域はあぜが壊れるほどの水が、用水を流れています。これも、100年ほど前、七カ用水と言って、暴れ川「手取川」の水を農業に利用しようとした偉い方が、私財を投げ打って人力で岩盤にトンネルを掘って作ったものです。以下資料の抜粋です。

***********************************
 枝 権兵衛は、文化6年(1809年)坂尻村(今の鶴来町坂尻)の村一番の農家に生まれました。18才で村の組合頭に、46才で肝煎(村長)に選ばれました。また、村を流れる富樫用水の管理も任されていたので村人たちがどんな願いを持っているかもよく知っていました。権兵衛は、「川の水が減っても水が取り入れられ、洪水になってもだいじょうぶな取り入れ口はないものだろうか。」とひまをみつけては、手取川の川筋を、さがし回りました。そして、ようやく取り入れ口にもっともふさわしい場所を見つけたのです。
 安久涛の渕は、今までの取り入れ口より1㎞ほど上流にあり、日でりがつづいてもまんまんと水をたたえている所です。しかし、九重塔までの240mは、硬い岩をくりぬいてトンネルにし、鶴来までは800mの掘り割りを作るという大工事になります。小山良左衛門という武士の助けで、加賀藩から許しをもらい、1865年から工事を始めました。大勢の村人や人夫を集めましたが、今のように機械もなくつるはしとのみだけで掘り進むのですから、工事はなかなかはかどりませんでした。
 そのうち、用水ぞいの村々では、「工事をするとたたりがある。」「権兵衛は金もうけのためにやっている。」という、噂が広がりました。また、雇われた人夫たちは、あまりにつらい工事のため「もっとお金をだしてほしい。」と騒ぎ、工事が出来ないようになりました。
 それでも、権兵衛はくじけませんでした。村の人々に工事の大切さを説いてまわり、工事の先頭に立って働き続けました。また、自分の財産を投げ打って費用の足しにしました。こうして、とうとう明治2年5月、工事を始めて5年目にやっと完成したのです。

(文は、小松市教育研究所編集の4年社会科資料集「わたしたちの石川」からの引用です。)


**********************************

 おそらく日本でも最強の農業用水と言っても良いでしょう。だから、テレビで、渇水が報じられるたびに、七カ用水に、先人達の苦労に頭が下がります。林さんちでは、例え都市化の波が来ようと、都市部の棚田として残す努力を続けています。それが、権兵衛の遺志に報いる事だと思っています。

第15回「加賀野菜」【週刊ウンチク】

第15回(01.6.7)「加賀野菜」
提供:おいしい店ドットコム 松本信之さん

 ここ金沢では、春は芽もの、夏は葉もの、秋は実のもの、そして冬は根のものと、季節に応じた旬の特産野菜が藩政時代から栽培され、豊かな食文化を担ってきました。
 対病性や収穫量第一主義にとらわれず、見栄えは良くなくとも、「気候と土」に育まれ「味」に支えられてきた野菜が残っています。

 加賀野菜とは、京野菜に触発されて命名された物で、昭和20年以前から金沢で栽培され現在も栽培されている物で、何の事はない「のぶチャン」らが小さい時からいつも食べていた「地の野菜」のことです。

 金沢ブランドの野菜を認定して、栽培が難しく収穫も少ない為年々栽培者が少なくなっている農家の「伝統工芸化?」をとりあえず図っておいて、そのあいだに消費者への宣伝と需要の喚起を計っていこうという遠大な計画であると勝手に思っています。(違ったら((^^)) ユルシテチョンマゲ)

 そのかいあって、傍目にも加賀野菜は、料理屋など業務用として全国的にも知名度が上がってきた。これからはいかに一般消費者に美味しいという事をアピールしていくかが課題でであろう。

さて、夏の加賀野菜といえば、「太きゅうり」と「金時草」でしょうか。

★「加賀太きゅうり」
 小学生の頃は、夏の熱い盛りの頃の汁物といえば、いつもこの「太きゅうり」の冷たい餡かけだったのを思い出します。(片ウリの時もありました。)また、薄くスライスしてサット塩もみして漬物にすると、ビールにピッタリで美味い! というのは、大人になってからの発見でした。

【氏素性】
 藩政時代にシベリアから渡来したといわれ、果肉は厚いが柔かく食味日持ちがよく、種は少なめで煮物や酢の物、サラダ、餡かけなどトウガンの料理法も応用できる。 (料理屋では刺身、酢の物の器代わりにも用いられる。)
 イギリスの図鑑には、KAG-A の名で、日本のキュウリの代表種として紹介され、欧米種並の大きさと歯ざわり、加えて日本のキュウリの香りがあることが評価されています。

【上手な選び方】
・緑色の濃いもの。
・上から下までの均一な太さ。
・イボがしっかりと付いてハリのある物。
☆鮮度が十分なら曲がりキュウリがお買い得!


★「金時草」
最近、金時草を良く食べるようになりました。昔は夏の野菜だったのですけど、今は結構いつでも手に入ります。というより、「金時草」と「小坂レンコン」だけがいち早く全国ブランドになったという事です。

【氏素性】
インドネシア原産で藩政時代に熊本より伝わりましたが、現在、本家の熊本はもちろん、金沢以外で栽培している所はみられない。葉の表は緑色、裏は金時色(赤紫色)、葉はギザギザでノコギリ状で熱湯に入れると、モロヘイヤのようにヌメリが出る。
昔から、ぬるぬるとした風味を生かし、おひたし、酢の物、加賀料理の「治部煮」の青味として使われています。最近では、「料理の鉄人」で金時草のシャーベットが使われ一躍ブレイクしました。金時草を湯がいた時に出る「紫色」の茹で汁を使うのがポイントでした。

【わき芽の天麩羅】
6月~8月の「わき芽」は、ほとんど捨てられるが、これを天麩羅にするとタラの芽とは一味違ってこうばしく、トロリとしていてやめられない、とめられない。

【ワンポイント】
・茹で加減は好みだが、三分が限度。茹で過ぎはヌメリがなくなる。
・酢の物、おひたし、胡麻和え、からし醤油合え、マヨネーズでも美味。
・サラダ、味噌汁の具でもOK。

 
「おいしい店ドットコム」でこだわりの加賀太きゅうり漬物をお求めになれます。

第3回「加賀友禅の壁画について」【週刊ウンチク】

第3回(01.3.14)「加賀友禅の壁画について」
提供:ホリカワ 花野美貴雄さん

 当社社屋の壁画を一度ご覧になって下さい。金沢の伝統工芸品である加賀友禅作家、初代由水十久・ゆうすいとく氏の代表作である五人の童を描いた「城下町」をモザイクタイルで仕上げました。屋外でのものは大変珍しいと思います。特筆すべきは基本デザインはあったものの、この壁画の為に由水氏が自らが改めて原寸大にオリジナルに書き上げ、途中過程も細かく点検するなど晩年の力作ともいえるでしょう。
 この壁画は問屋町にある小川株式会社さんからのご紹介で由水十久氏に壁画を依頼されたそうです。、由水十久氏は加賀友禅は買われてもタンスにしまわれてしまうだけで自身の作品が人の目に触れる機会が少ない事を大変残念がられていたそうです。そんな時、当社社長の友禅壁画の事を聞き自身の作品を、毎日多くの方々に見てもらえる壁画に大変興味を持たれ仕事を引き受けてくれたそうです。製作費用に関しても殆ど謝礼程度しか受け取って頂けませんでした。
 あの壁画はお金では買えない由水十久氏の心そのものです。

 厳しい風雨にさらされて、これを維持するのは大変厳しく保守に頭を悩ましておりますが、毎日ここを通る人達に与える一服の和みは金沢人の心を取り戻すのではないでしょうか。

由水十久氏について(「サンケイ日本紳士年鑑」より)

本名、由水 徳男(ゆうすいとくお)。1913年生・1988没
石川県金沢市出身
加賀友禅作家伝統工芸士。雅号が十久。
有限会社由水代表、石川県加賀友禅技術保存会代表をつとめた。
昭和2年紺谷静薫氏に師事。
昭和13年独立
昭和43年加賀染振興協会理事
昭和53年石川県文化財加賀友禅技術保存会会員に認定。

作品紹介・・・石川県立美術館所蔵の作品

前の5件 1  2  3  4  5  6

お店ばたけプラスホームページ

お店ばたけプラスホームページへ
ISICOバーチャルモール「お店ばたけプラス」は、(公財)石川県産業創出支援機構が運営するインキュベーションモールです。

アーカイブ

ブログを購読する(RSS)

  • RSS2.0を購読する
  • RSS2.0を購読する