歳時記・季節のお話の最近のブログ記事

catelogo130925.gif

第250回(2006.1.5)
「お餅のウンチクあれこれ」
提供:のとコム 熊谷京子さん

よもぎ餅、豆餅、昆布餅など、お餅はバリエーションが豊かです。今回は、能登半島のおいしい食材・高級珍味・郷土料理をネット通販する
のとコム 熊谷京子さんが、お餅のうんちくをお話しします。
どうして節句にお餅を食べるの?お餅は太るの?…お答えします。ご覧ください!


「お餅のウンチクあれこれ」

のとコム 熊谷京子さんあけましておめでとうございます。今年もよろしくお願いします。

お正月といえば、お餅ですね。
「もち」と言えば何を想像しますか?ずんだ餅、五平餅、わらびもち、くず餅、信玄もち、大根もち、あべかわもち、あんころもち、ぜんざい・・・あぁ~どれも美味しいですよね。想像しただけで幸せな気分になります(*^m^*) 。

餅は白く色がつけやすく、またどんな食材とも相性がいいので、料理や餅菓子など、バリエーションは数限りなくあるのです。

そもそもお餅は、昔から人の生命に力を与える食物とされてきました。

日本では古来から、節目節目にお餅を食べてきました。節句(お正月、節分、桃の節句、端午の節句など)、季節の区切り(田植、七夕、お盆、お彼岸、刈り入れなど)、吉事(結婚、出産、お祭りなど)などに必ず餅をつき、ご近所などに振る舞うのが習慣がありました。
これは、お餅が「神が宿る食べ物」と考えられているからだそうです。

能登では今でも日本のすばらしい伝統を絶やすことなく、節目節目にはお餅を食べる機会が多くあります。
それでも、「おもちを食べる」のはお正月だけ、と思っている人が多いですよね。
実際に、ここ数年、もち米の需要が減っているそうです。残念ですね。古代より受け継がれてきた神聖な食べ物・お餅をもっと知っていただき、お正月以外にも食べていただきたいです。


「お餅」と一言で言っても、丸餅・角餅、焼く・煮るなど、地域や好みによって食べ方もいろいろです。
焼き餅には醤油、きな粉、大根おろし・・・お雑煮では白味噌ベース・醤油ベース・・、中に入れる具も地域・好みによって様々ですね。最近ではピザやお好み焼き・・・といろいろなレシピがあります。お餅は何にでもあう、万能選手ですね。

「お餅=太る」と言われますが、なぜでしょう?
お餅はお米に比べると消化がとても早いのです。お餅は凝縮されて食べやすく美味しいので、一度口にしたら止まらず、ましてや胃に残らないのでついつい食べすぎてしまう・・・ですから「お餅=太る」と言われるのです。

しかしお餅は消化がよいので、食べすぎさえ注意すれば決して太ることはありません。大豆製品などのたんぱく質や、野菜などのビタミン・ミネラルを一緒にとると、栄養学的にもバランスが取れます。お鍋やお雑煮は大変理想的なお餅料理と言えますね。

のとコム一押しの丸餅。
白丸もち」「白角もち」 で使われている「新大正餅米」は、富山で作られるもち米です。

もち米の王様と言われる「新大正餅米」。「コシ」の強さと、「のび」「ねばり」「舌触り」「風味」はどれも強く、本来の「もち」を堪能できます。荷崩れしません。

一度食べたら忘れられない味。他のお餅は食べられなくなりますよ。

本当のお餅を味わっていただきたいので、完全無添加です。カビが生えますので、必ず冷蔵庫に入れお早めにお召し上がりください。注文を受けてから、おもちを作ります。「今時、そんなことしているの?」とよく言われます。本物の証明です。


お雑煮は、各家庭の味があります。
「のとコム三人娘」のアニモ隊員の実家では、京都の白味噌ベースに根野菜を具沢山に、そして最後に青海苔をかけてたべます。
私の実家では、地元七尾市八田町でとれた餅米で、手作り餅、鰹節のだし、ちくわ、こんにゃく、根野菜の具沢山の、お雑煮です。 これをいただいて、今年は頑張ります。


<ミニリンク集>
●能登半島のおいしい食材・高級珍味・郷土料理をネット通販…のとコム
●能登半島の七尾から、のん兵衛さんへ能登の美味しいものを紹介します。
 …のとコムブログ「居酒屋きょうこ」

第246回(2005.12.14)「お歳暮を贈る気持ち、もらう気持ち」
提供:加賀すたいる 上前郁代さん
お歳暮に、加賀お土産の定番でもある、れん永昌堂の羊羹はいかがですか。今回は、山中温泉、橋立港、九谷焼発祥の地である、石川県加賀市の加賀すたいる店長の上前郁代さんが、お歳暮の起源についてお話しします。

(※加賀すたいる様は、2008年7月退店されました。)

お歳暮とは何で、どんな意味があるの?いつからいつまでに贈るのがよいの?・・・お楽しみください。


「お歳暮を 贈る気持ち、もらう気持ち」

ただいま、お歳暮商戦まっただ中です。お歳暮を贈るというのは日本独特の風習なんですね。
お正月に祖霊(先祖の霊)を迎え御魂祭りの御供え物をした日本古来の習わしからきているそうです。その後、盆と暮れに決済をしていた商人の習慣から、庶民にまで広がりました。

政治家へ贈ったり受け取ったりはいけないことですし、会社関係などの儀礼的なものは簡素化されたり、省かれるのは良いかもしれません。でも、先祖の魂への感謝の気持ちと同等の気持ちを、お世話なった方へも向けるということは、贈る方も贈られる方もとても心温まる行事だと思いませんか。

お歳暮を贈る時期は、関東や関西で少し時期にずれはあるものの、12月13日ころから20日ころが最も良いと言われています。

この12月13日のことを「正月事始めの日」といいます。
正月を迎える準備をはじめる日というわけで、神社や寺院ではこの日にすす払いを行います。江戸時代では江戸城でもこの日に行われ、この日の大掃除が一般庶民にも広まったそうです。
現代では、それではお正月までにまた汚れてしまうから、もう少し年も押し詰まってから行いますね。

つまり、12月13日からお正月の行事はもう始まっているわけです。
お歳暮選びから始まって「師走はせわしなくてイヤだな」なんて思わないで、季節の行事を楽しむ心で過ごすのも発想の転換で良いかもしれません。


加賀すたいるがセレクトした、加賀煎茶と選りすぐり和菓子セットところで、加賀すたいるにもギフト用にセレクトした商品がございますので、参考にしていただけたら幸いです。

加賀地方の良質なもの、安心して召し上がっていただけるものばかりを厳選してあります。
ただし、店主の私自身がいただいた贈りものの包装や箱の量に困ったという体験から、包装は最小限にしておりますので、ご了承下さいね。

お歳暮におすすめするギフトセットは、こちらからどうぞご覧下さい。
【オリジナル・グルメギフト/お歳暮などご贈答に のし紙、ギフト包装無料】

橋立港の香箱ガニ・ズワイガニ(さばき方の説明書つき)や、丸八製茶場の高級茶とよりすぐり加賀の和菓子セットなど・・・

そのほか、大人のうつわと旬の食材は加賀すたいるで!

第226回「七夕の節句」【週刊ウンチク】

第226回(2005.7.7)「七夕の節句」
提供:無添加漬物風来西田栄喜さん


野菜セット

農業は季節を肌で感じるお仕事。
日本一小さな無農薬農家を自称する、風来の源さんこと西田栄喜さんが、季節の話題・・・7月7日「七夕」についてお話しします。


 

七夕の節句

今日は七夕ですね。こちらの天気は夕方曇りになってます。星はきれいに見えますかね。今日ぐらいは、星に想いをはせてみようかな。
さて七夕ですが、桃の節句や端午の節句と並ぶ五節句のひとつになります。
節句には、1月7日の七草粥で新年を祝う「人日の節句」、3月3日の「上巳の節句」(桃の節句)、5月5日のこども の日「端午の節句」、7月7日の「七夕の節句」、9月9日の菊花の酒で月をめでる「重陽の節句」があります。


七夕は、日本では奈良時代に宮中の行事としてとりおこなわれるようになりました。笹竹に短冊をかざるスタイルは江戸時代に定着したようです。


「星に願いを」と考えた人は素敵ですよね。子供の願いを聞いていると純粋だな~と思います。
娘の保育園でも七夕の短冊をかざるのですが、アバレンジャーに なりたいとか、プリキュアになりたいとかが多いです。 ちなみに我が娘は浮き輪なしで泳げますように、とか補助輪なしで自転車に乗れますようにとか自分の努力の持続を願っています。今願いというと、あれが欲しい、これが欲しいという、請求書の願いが多いですね。

気候の変り目の祝日、節日は四季のある日本ならではです。
季節の移り変わりを感じる節句、これからも大切にしていきたいですね。


■風来Web通販はこちら http://www.fuurai.jp/
■風来のブログ「源さん畑楽風景」はこちら http://www.fuurai.jp/weblog/
■風来のレシピ みんなのごはん帳 http://blog.livedoor.jp/fuuraisatomi/

第225回「きゅうりの豊作」【週刊ウンチク】

第225回(2005.6.30)「きゅうりの豊作」
提供:無添加漬物風来西田栄喜さん


きゅうり

今週は、先週に引き続き、無農薬野菜と無添加漬物の
風来 西田栄喜さんが、旬の畑情報をお送りします。

このたび風来では、新ブログ「風来の畑楽風景」 を開設。野菜の育っていくすがたや、とれたて野菜=「本日の野菜セット」を見ることができます。

それでは以下、ウンチクをお楽しみください。

きゅうりの豊作

このところの暑さで、風来の畑ではきゅうりが豊作です。
きゅうりは収穫が始まってから30日間が、皮が薄くおいしい期間です。そこで少しづつ時期をずらして種播きしたのですが、この暑さでどの時期も豊作が重なりました。

風来では昔懐かしい四葉きゅうり、こちらでは通称いぼきゅうりをメインに育てています。いぼいぼのことをブルームといいます。

今、スーパーなどの店頭に並んでいるのはほとんどがブルームレスきゅうりになります。つるつるで他のきゅうりを傷つけず、皮が堅く、真っ直ぐ育つことが輸送に向いているので、今では主流となってしまいました。

裏を返すと味や安全性は2の次のなってしまったということですね。
四葉きゅうりはまさに昔懐かしい味で皮が薄くバキッ、シャキッとしています。慣れてくるとこちらの方がおいしそうに見えてきます。

ただそんな四葉きゅうりにも弱点があります。それは細長いので曲がる率が高く、大きくなりやすいことで、一度取り忘れると次にはもうバカみたいに大きくなっています。

今は朝、夕と収穫しています。もっと最盛期になると朝・夕は変わらないのですが、奥さんがまず収穫をして、それから自分が穫るというダブルチェックが入ります。

あの春先のいつまでたっても大きくならなかった時期では考えられません。さてこれらのきゅうり、どうしましょ。


■風来Web通販はこちら  http://www.fuurai.jp/

きゅうりのキムチ

風来豊作のきゅうりを使った、旬のキムチやぬか漬けを販売中。
大好評「野菜セット」にも、もちろん入っています。

■風来のブログ「源さん畑楽風景」はこちら  http://www.fuurai.jp/weblog/
■風来のレシピ みんなのごはん帳 http://blog.livedoor.jp/fuuraisatomi/

第214回「桜ご飯の作り方」【週刊ウンチク】

第214回(2005.4.14)「桜ご飯の作り方」
提供:おいしい店ドットコム 松本信之さん


桜ご飯を持って、お出かけしませんか?

4月14日、金沢のソメイヨシノは満開です!

今週は、金沢・料亭御用達 厳選食材のお店おいしい店 松本の松本信之さんが、
簡単で美味しい桜ご飯の作り方を教えてくださいました。
おいしい店の桜の塩漬けがあれば、手軽に桜のお料理が楽しめます。ごらんください。

 ● 桜ご飯の作り方(^O^)
  お休みには、簡単に出来る桜ご飯を持ってピクニックや花見に!
  多数の方からお問い合わせのあったレシピを公開いたしますネ。


□■
■□ 「桜ご飯」の作り方  (桜の花をご用意下さい)

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 ★ 調味料の割合は一定の目安です。

 <材 料>
 a) 米・もち米
     合わせて三合を三十分以上前に洗って漬けておく。
      (個人的には、半々くらいが美味しいと思います。)

 b) 昆布      10cm位を一枚

 c) 桜の花    20gと、別に飾り付け用に少々
     塩出しをして細かく刻んでおく 
      (軸の太くて固い所やガクは捨てたほうが良い)、
     別に仕上げ用に何本か(お好きな数)を塩出ししておく。
  
 d) 酒      大さじ2杯

 e) 梅干     1ヶ
     種を出して細かく叩いてペースト状にしておく


<作り方>
  普段にご飯を炊くように、ご飯をとぎ普通の水分量で炊飯器に入れる。
 そこに昆布・桜の花・酒・梅干を入れて味を調えて、炊き上げる。
  出来上がりに、余分に戻した桜の花を軸ごと散らし、お好みにより、 錦糸玉子、
 ボイルした千切りした絹さやをなどを飾り付ければ出来上がり。(*^▽^*)


・・・ ひとくふう加え、作ってみました!・・・

桜の塩漬けを使った「桜ご飯」、お試し下さい!

水分量のうち、1/2カップほど紅梅酢に替えて作ると、ピンク色の御飯になります。
みじんに切った桜の葉を加え、さらに香りよく炊きあげました。

  え(゜○゜)! もっと簡単なレシピ?
    塩出しをした、桜の花をご飯の上に散らしましょう。

              うふふっ(*゜v゜*)


     ▼桜の花は「おいしい店ドットコム」でお買い求めいただけます!

前の5件 1  2  3  4  5  6

お店ばたけプラスホームページ

お店ばたけプラスホームページへ
ISICOバーチャルモール「お店ばたけプラス」は、(公財)石川県産業創出支援機構が運営するインキュベーションモールです。

アーカイブ

ブログを購読する(RSS)

  • RSS2.0を購読する
  • RSS2.0を購読する