商品エピソードの最近のブログ記事

catelogo130925.gif

皆さんこんにちは。
石川県能登町で水産加工品の製造、販売を行っている、有限会社カネイシの新谷です。

いしり製造 釜炊きの様子 カネイシでは、先祖代々能登町の小木港で、水産物の加工を行っています。
サバの糠漬け、いしり(「いしる」とも言います。いわゆる魚醤ですね)などを自社で加工し、昔ながらの能登の味覚を大切に作り続けております。

 
 このところの食文化の多様化とスローライフ、スローフードの人気により、全国的に発酵食品の価値が大きく見直されてきております。

日本3大魚醤のひとつ、能登の「いしり」

カネイシでは数ある能登の発酵食品の中で、「いしり(”いしる”とも言いますね)」と「サバの糠漬け(へしこさば)」を長年にわたり製造しております。
ここ数年、特に「いしり」は、地元商工会や自治体の積極的な広報活動などのおかげで、知名度は以前より大きく広がり、その独特の深い味わいに、首都圏をはじめとする都市部においても広く認知されるようになってきました。

発酵調味料 いしり

 そもそも「いしり」は、地元能登において「醤油代わり」に使われてきた魚醤油であり、調味料に分類される食品ですが、その、濃厚なイカの風味は、様々な料理に応用できる可能性を秘めた調味料であります。

 しかし、「いしり」自体は、お客さまや調理師の方が料理のバリエーションにアレンジを加える食材として珍重されておりますが、人によっては、「いしり」の原液の持つ独特の風味に抵抗を覚えられる方もいらっしゃいました。

「適正なレシピで調理をすれば、料理に深い旨みをもたらす(いしり)を、もう少し身近に味わっていただきたい。」

そういう着目で、独自に開発したのが「いしりぽん酢」であります。

いしりぽん酢


 ぽん酢は、関西以西の西日本で多く使われている調味料で、柚子や酢橘などの柑橘類と醤油を掛け合わせたものが一般的です。

カネイシでは、いしり独特の旨みを、柑橘の爽快な風味によってクセなく引き出せないかと考えました。

そして、そのコンセプトから柑橘50%、いしり50%の無謀ともいえる第1回試作品で、社員一同水炊き鍋を吹き出してしまった「苦い教訓」を基に、約2年間の月日と30回以上の試作を重ねた結果、「いしりぽん酢」は完成いたしました。

完成した「いしりぽん酢」には、3つの「こだわり」を持たせました。


1.添加物を加えない

「いしりぽん酢」には、試作の段階から様々な原材料を調合させましたが、原材料には添加物を加えない「無添加食品」に仕上げました。
結果として、当初想定した価格よりも割高になってしまいましたが、厳選された原材料の見事な調和が、価格以上の満足感を買ったお客様にご提供できると思います。


2.様々な料理に「いしり」の旨みを提供する

 つまりは、この「いしりぽん酢」の用途の広さをさします。
「いしりぽん酢」のコンセプトは「様々な料理に応用できる万能調味料」
魚醤由来の海産物系の料理(秋刀魚などの焼き魚やカツオのタタキなど)はもちろんのこと、柑橘の爽快な風味が「いしり」の深い旨みと相成って、しゃぶしゃぶ、水炊きなど鍋料理のつけ汁や冷奴、サラダなどのドレッシングがわりに、調合の手間なく手軽にご利用頂ける万能調味料です。


3.「いしり」の風味を残すこと。

 先に述べたように、「いしり」には、それが持つ力強い旨みが秘められております。
試作の段階では、その風味を極力消す方向に進んだことがありましたが、「いしりを製造しているメーカーが作ったぽん酢」という点は、やはり強くアピールしなければならないという結論で、最終的に「いしり」の含有量を少し増やしてコクのある風味に仕上げました。
 ただ、クセの部分は柑橘の爽快な酸味と厳選されたダシ素材の絶妙な調和によって食べやすい風味に仕上げました。


 正直な話、ここまで「生みの苦しみ」を経験した新製品はありませんでしたが、私なりに妥協しないモノづくりのこだわりと、なによりも御客様の満足する声が頂きたくてチャレンジした製品です。
値段は少し高めですが、相応のコストは原材料にかかっております。


柑橘が爽やかな「いしりポン酢」季節は新緑
「目に青葉、山ホトトギス、初がつお」
カツオの刺身やタタキに薬味を添えれば「いしりぽん酢」は抜群の相性をみせます。

「いしり」醸造元のカネイシが製造した渾身の逸品「いしりぽん酢」
その旨みと爽快な風味を、是非味わってみませんか?

「酒粕袋バッグ、せいコラボ始動!」【週刊ウンチク】

能登町「松波酒造」酒袋とレザーが出逢い、素敵なバッグが生まれます!
お店ばたけ 週刊ウンチク
第451回(2009.12.17)
「酒粕袋バッグ、せいコラボ始動!」
提供:松波酒造 金七聖子さん


◆石川県能登町、松波酒造の「粕袋・酒袋」が、七尾市dipsさんのご紹介で、大阪の革製品ブランド”Ain Soph アインソフ”のレザー(革)と出逢い、素敵なバッグが生まれます。松波酒造若女将の金七聖子さんのレポートです。

◆「酒粕袋バッグ」せいコラボ始動!

以前より温めていた「酒粕袋バッグ」制作が現実となりました。
松波酒造で大昔に使っていた、モロミを搾る「粕袋・酒袋」を革と合わせて素敵なバッグにするんです。

柿渋染めで、独特の風合いがある丈夫な生地です。松波酒造の暖簾も、「粕袋・酒袋」で作られています。




能登杜氏発祥の地、能登町の松波酒造が昔使用していた「粕袋・酒袋」


 9月に久々参加した、ISICOお店ばたけ交流会で知り合った七尾市のセレクトショップ
セレクトショップdips(ディップス)」道下さんの紹介で、大阪の”Ain Soph アインソフ”さんに行きました。


  コロコロかばんに40枚の酒粕袋。 5時起床 → 車で七尾 → 7:30DIPS → 8:00道下さんとサンダーバードに乗り込む。→  9:00金沢駅 もう一人の同乗者(仮名:ファルコン)が乗車 → 喋りっぱなしです → 11:37 JR大阪駅 → 雨の中傘もささずに心斎橋ブランド通りを歩く。
 
  12:30 おなかが減ったのでランチです(*^。^*)

大阪ランチ


  満腹後、目的地へ向かう。

大阪、アインソフ社へ行く

 


どきどきの「アインソフ本社」到着。 商品はパンフレットとホームページで見ていたのですが、実物はほんとすごい。
素敵過ぎる(*^。^*) 革小物が大好きなので感激しました。
 
全てのバッグが並ぶお部屋での打ち合わせ、ひらめきますね。

小泉さんと、原尻さんに、酒粕袋を見ていただきました。
「ジーパン作れそうですね。」
小泉さんと、原尻さんに、酒粕袋を見ていただきました。
 

 
希望を伝える若女将色んな希望・願いをお話しする。
プロはすごいですね、徐々に形になってゆく。
 
 
販売を考えると、私の好みだけではだめなのです。 好きなかたちも、この布だと良さが生かせない場合もあり、特徴を生かすには、、、、、

ベースとなる相性のよい革の色(チョコレート色)やタグ、裏地の色(カラシ)が決定。
 
候補は3つあります。
この型で、酒粕袋&革を素材としたバッグのサンプルをお願いしました。

 
1.ポシェット型 2.トート型 3.横長のウエストバッグ 2WAYベルトつき
左から、ポシェット型、トート型、横長のウエストバッグの3候補

この中から1つの型を選び、限定40個制作します。

サンプルは12月中に届きます。 

販売は松波酒造店舗と、松波酒造ホームページと、七尾市「セレクトショップdips」です。
 
 
 
16:42JR大阪駅 → 賑やか車内 → 20:14JR七尾駅。
 
22:00頃 松波酒造到着。
晩ご飯のカレーうどんは、疲れたので食べられず。 
 
実りある出張でした。

京都大阪からは日帰りランチが可能というのもわかりました。


◆リンク集

松波酒造【大江山 おおえやま】 Web通販しています。 松波酒造は石川県奥能登の地酒。
【大江山 若女将の酒楽日記】 能登杜氏発祥の地、能登半島の松波酒造から酒蔵風景とグルメ歳時記をお届けします。

「輪島塗屏風・日の出波沈金」【週刊ウンチク】


お店ばたけ 週刊ウンチク
第427回(2009.7.2)
「輪島塗屏風・日の出波沈金」
提供:輪島漆器大雅堂
若島土百江さん

 

◆石川県が誇る伝統工芸、輪島塗。輪島塗ならではの加飾の技「沈金」で描かれた日の出が力強い大屏風「輪島塗屏風・日の出波沈金」について、輪島漆器大雅堂の若島土百江さんがご紹介します。
◆輪島塗屏風・日の出波沈金
輪島市の輪島漆器大雅堂 若島土百江です。

輪島塗屏風・日の出波沈金は、大胆な構図が目を引く、迫力のある大屏風です。

輪島塗屏風・日の出波沈金

金色の波の大きなうねりと、波しぶきは、勢いのある波の音が聞こえてくるよう。
日の出に光る美しい波模様は、自然が作る美しい風景。


幾重にも重なる波は、
「おめでたいこと・良いことが重なりますように」
との願いが込められている、吉祥文様です


沈金とは、輪島ならではの加飾の技で、のみで漆の塗面を彫り込み、金銀の箔や粉を埋める技法です。
この沈金は、漆の塗厚が十分でなければ深彫りできず生かされません

漆の肌に刃先で彫り込んだ繊細な線画で、自在な加飾ができる沈金は、しっかりした下地にささえられた厚みのある上塗りの、輪島ならではの技法です。

太陽は、赤い色や輝く様から、見る人を元気にしてくれます。
特に日の出は、特別なパワーを与えてくれるようなありがたい感じがしますね。


  ・・・・・


うちの小学生の娘は、今、公民館の行事に参加していて、
その締めくくりの今度の日曜日には、「暁(あかつき)遠足」が、あります。

私も子供のころ、夏休みのラジオ体操の仕上げ、最終日には必ず「暁(あかつき)遠足」があったのを覚えています。

夏の日の出は、早いんですよね。

今度の日曜日は、早朝4時出発(!)で、輪島の海へ行き、日の出を拝んできます。

輪島塗の大屏風・日の出波沈金は本当に迫力のある素晴らしい屏風ですが、
美しい青い海と日の出のまばゆさ、超早起きのすがすがしさと、子供達の笑顔にはかなわないかもしれません。

日曜日には、体中に日の出のミラクルパワーを吸収してきたいと思います。うまく起きられますように!


輪島漆器大雅堂
輪島塗・屏風 日の出波沈金
W85+85 H171.5 厚3 cm

◆リンク集

●大雅堂オンラインショップ...輪島塗/輪島漆器大雅堂
●ブログ『輪島塗/輪島塗り【輪島漆器大雅堂】

「ドレス美露土のワインドレス」【週刊ウンチク】

ワインの魅力を引き出すドレス、ワインドレス
お店ばたけ 週刊ウンチク
第425回(2009.6.18)
「ドレス美露土のワインドレス」
提供:オーダードレス美露土
湯谷知子さん

 

◆オーダードレスの美露土では、当社オリジナルオーガンジー生地で「ワインの瓶に着せるドレス」ワインドレスを制作しました。デザイナーの湯谷知子さんがご紹介します。

◆オーダードレス美露土では、ワインドレスを開発いたしました。


西田酒店様とのコラボ商品、「ワインドレス」を開発いたしました。

ドレスの雰囲気を ドレスとは縁のない方々にも、ドレスの優雅さを知っていただきたく、写真のようなワインドレスを制作しました。
ワインはラベルが命なので、中身の見えるオーガンジーが似つかわしく、とってもおしゃれです。

ワインドレスは、ワインに着せるドレスです。


西田酒店様は、赤ワインと 白ワインの贈答品用にとのご注文で、生地の色からの選択をいただきました。
父の日も間近です。にんまりのお父様方にも、いかがでしょうか?

ワインドレスは、プレゼントの後も活躍します。
ポプリやプリザーブドフラワーなどを入れ、玄関やお部屋に吊るしてください。
ほんのり良い香りが、疲れをほぐします。

※制作ポイント
透明感があり、おしゃれなシャンブレーオーガンジーは、美露土のオリジナル生地です。

当社が制作するドレス本体にも、この素材を多く使用しています。
円断ちの二重フリルは縫い目がなく、ドレスの縫製技法を用いており、贅沢な作り方になっています。
端かがりのゴールドの巻きロックは、ゴールド糸専用に、ミシンを一台設定しています。 (ラメ糸は のび分が全くない糸なので 設定が難しく ラメロック専用にしています)


ドレスは優雅なラインと素材の生かし方が最大のポイントになります。

ワインドレス・・・ ドレスのにおいが伝わっていますでしょうか?


マダム櫻子の夢ワイン(西田酒店)ネットショップの「ギフトのご相談」で、ワインドレスでワインが贈れます。
ドレスのみのご購入は、美露土の生地ショップ「あざみや」で可能です。


◆リンク集

・リメークドレス、演奏会用ドレス、ウェディングドレス等、
 生地選び、デザイン、パターン、縫製、装飾に至るまで、一貫したオーダーメード。・・・オーダードレス美露土
  統一性があるので、肌触りが良く、軽くて、機能的な仕立てに定評があります。
・美露土(西村織物)の生地販売サイト。オーガンジーが豊富です・・・生地ショップあざみや
・オーダードレス美露土、デザイナー湯谷知子さんのブログ・・・デザイナー日記

「風呂敷・手拭いラッピング」【週刊ウンチク】

一升瓶の酒を風呂敷ラッピングでギフトに
お店ばたけ 週刊ウンチク
第424回(2009.6.11)
「風呂敷・手拭いラッピング」
提供:普段着のご馳走みやした
宮下 均さん

 

◆父の日プレゼントは、エコで粋な「風呂敷」「手ぬぐい」を使ったラッピングで贈りませんか?普段着のご馳走みやしたの宮下さんがご紹介します。


◆風呂敷・手拭いラッピング

今のこの世の中エコブーム。
日本を代表するエコグッズ風呂敷。
30代を中心に静かなブームとか。
当店でも数年前よりこの風呂敷を使ってラッピングし、粋な贈物として喜ばれています。


風呂敷ラッピングバリエーション

ただ一升瓶を中心にラッピングするので、使用目的は限られラッピングとしては今一の人気。
ネット上では、ラッピングとして風呂敷を購入される方より、別目的で単品で風呂敷を購入される方が圧倒的に多いのです。


で、今年考えたのが《手拭いラッピング》なんです。
手拭いは、本来の目的以外に、バンダナ・テーブルクロス等にも使えとっても便利。

手拭いバリエーションは5種あります。

手拭いも現代のエコにマッチした伝統のグッズ。これも20代~30代の方を中心に人気です。
小瓶の日本酒や焼酎、ジュースまでもラッピングできて、価格も安く、父の日のギフトラッピングに良いんでないかとやってみました。
バリエーション選択も出来、重々しいギフトでなく軽くさりげなく送れるのがいいと思うんですか。


軽くさりげない手拭いラッピングは、父の日ギフトに似合います。父の日のギフトの目玉商品になるのでは!と、はかない期待をしています。

単なる布一枚ですが、色々使えてとっても便利。
先人の知恵は素晴らしいと包みながら感じました。

よかったらホームページで見てたいね。

 
◆リンク集

「金沢にこんなお店があったなんて!」
お酒や調味料、食品ギフトなど店主の目利きで集めた、全国のごちそうをお取り寄せ・・・普段着のご馳走みやした

1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11

お店ばたけホームページ

お店ばたけホームページへ
ISICOバーチャルモール「お店ばたけ」は、(公財)石川県産業創出支援機構が運営するインキュベーションモールです。

アーカイブ

ブログを購読する(RSS)

  • RSS2.0を購読する
  • RSS2.0を購読する