商品エピソードの最近のブログ記事

catelogo130925.gif

「スペインのコーヒー事情2」【週刊ウンチク】

スペイン風のコーヒーとは(イメージ)お店ばたけ 週刊ウンチク
第408回(2009.2.19)
「スペインのコーヒー事情2」
提供:キャラバンサライ
コーヒーマイスター 岩邑太樹さん

(キャラバンサライ様は、2015年4月退店されました。記事は掲載当時の内容です。)


◆スペインではコーヒー休憩が法律で決められているのです!キャラバンサライのコーヒーマイスター、岩邑太樹さんがご紹介します。


◆スペインのコーヒー事情2

 スペインの時間は午前中(2時ごろの昼食まで)午後(2時から4~5時までの昼休みの後)に分ける基本的な考えがあります。挨拶も昼食をとるまでが「ブエノス・ディアス(おはよう)」で、お昼ごはんを食べた後は「ブエノス・タルデス(こんばんわ)」と声をかけます。

 1日5食といわれるスペインの方たち。お昼ごはんは1日で最も重要な食事時間です。
お昼ごはんが2時からではお腹がペコペコになるのでは?という心配はご無用。午前10時~11時ごろに「アルムエルソ(almuerzo)」と呼ぶ第二の朝食時間があります。

  この時間になると、子供たちは学校に持参した手作りおやつを食べるんです。また、会社勤めの人も同様に午前中のコーヒー休憩は法律で決められています。おもしろいことに、手紙や書類を出したり、荷物を受け取りたい人の長蛇の列もなんのその。 「今からコーヒーを飲みに行きます。」と窓口の人が急にいなくなったりするのを誰も抗議しないのです。なのでこの時間帯には施設や役所関係はみな閉店してしまいます。驚きですね。

では、カフェを覗いてみましょう。

 店員を呼び、商品をオーダーすると「コーヒーカップ(tazaタサ)」で飲むのか、又は「グラス(vasoバソ)」で飲むのかを尋ねてきます。
 また、ミルクの温め具合も聞いてくれます。「熱い(calienteカリエンテ)のがいいですか?」「ぬるい(tempradaテンプラダ)のがいいですか?」てな具合に。聞かれなくても自分でリクエストすることもOK!

 またスペインのカフェでは、店内カウンターでコーヒーを注文するのと、店外のテラス席で注文するのとでは値段が違うんですよ。知ってましたか?店内カウンターでコーヒーを頼むと1~1.2ユーロ(160~200円)、テラス席では1.2~1.5ユーロ(200~240円)くらい支払わないといけません。ロケーション代も含まれているのでしょうか?
  少し高くてもやはり、外のテラス席でスペインの雰囲気を味わいたいですね。

前回紹介した「カフェ・コン・レチェ」「カフェ・コン・イエロ」の他に、

●フェ・アメリカーノ ...エスプレッソをお湯で薄めたもの。

●カフェ・ボンボン ...レバンテ地方で好まれている飲み物で、コンデンスミルクエスプレッソを半々くらいで入れたもの。高さが5~6cmほどのショットグラスのようなものに入れて出されます。

●カフェ・デスカフェイナド ...カフェイン抜きのコーヒー。粉末のコーヒー(インスタント)を温めたミルクに溶かして飲む。夜によく飲まれています。

●カラーヒーヨ ...ショットグラスに温めたブランデーを注ぎ、それに火を付け、エスプレッソが入ったデミタスカップに注ぎいれます。好みによって砂糖を入れて飲みます。エスプレッソなんだけどちょっと酔っぱらいます。だけどスペインの人たちは朝の仕事前に1杯、みたいな感覚で飲んで出勤するから、驚くやら羨ましいやら...です。

 近年では、外資系のコーヒーショップやカフェも増え、ドリップコーヒーを飲む機会もあるようですが、日本人がお茶を楽しむようにスペインの人たちはやはり、エスプレッソ(カフェ・ソロ)やカフェ・コン・レチェを飲み、今日も長い一日を石畳のテラス席でおしゃべりに花を咲かせているのでしょうか。


 
◆リンク集

金沢市を中心に展開する、コーヒー豆専門店・・・コーヒー豆専門店キャラバンサライ
コーヒーマイスターとは?(日本スペシャルティコーヒー協会ホームページへリンク)
おすすめコーヒー情報、新商品など嬉しいお店のNEWSがいっぱい・・・ キャラバンサライのブログ「お店便り」


「スペインのコーヒー事情」【週刊ウンチク】

スペイン風のコーヒーとは(イメージ)お店ばたけ 週刊ウンチク
第406回(2009.2.5)
「スペインのコーヒー事情」
提供:キャラバンサライ
コーヒーマイスター 岩邑太樹さん

(キャラバンサライ様は、2015年4月退店されました。記事は掲載当時の内容です。)


◆スペインの「コーヒー事件」とは?どんなコーヒーが飲まれているの?キャラバンサライのコーヒーマイスター、岩邑太樹さんがご紹介します。


◆スペインでコーヒー事件が起こったのを知っていますか?

 数年前になりますが、スペインでコーヒー事件が起こったのを知っていますか?

スペインの首相ホセ・ルイス・ロドリゲス・サパテロ氏が、市民100人の質問に生放送で答えるという番組の中で、 「コーヒー1杯の値段を知ってますか?」とい う問いに、首相は「80セント」と回答したことが発端で事件が起こりました。

 現在、首都マドリッドでのコーヒーの値段は1杯、1ユーロ20セント(1ユーロは100セントに相当)前後。ユー ロ導入以前は100ペセタ前後(=60セント)だったのですが、導入翌日には一気に1ユーロに価格が値上がりしました。
  しかし、サパテロ首相が「80セン ト」と発言したのには理由がありました。スペインの国会議事堂内にあるカフェテリアでは、今でもコーヒー1杯70セントで売られているのです。 この生番組の後日談として、翌日、サパテロ首相は国会議事堂でコーヒーを頼み、70セントを払い、自分の回答が正しかったことを証明して見せたのだとか。

 このことが きっかけでスペインの新聞社のホームページでは「あなたの街のコーヒー1杯の値段は?」というアンケートを実施。1時間で3,000以上の回答が集まり、1.10~1.40ユーロが最も多く、55%以上を占めたそうです。また地方都市では、 「首相に敬意を表して、本日コーヒー80セント」と紙を張り出し、ちゃっかり便乗商売をするところもあったとか...。

◆スペインのコーヒーライフは?

 そんなスペインですが、皆さんはスペインというと何を思い浮かべますか?
"闘牛とアンダルシアの青い空"くらいしかパッと浮かばないのですが、ではどんなコーヒーライフを楽しんでいるのでしょうか?

 コーヒーの消費量として、1人あたりの飲む量は年間約420杯。日本が約300杯なので、100杯ほど多くスペインの人たちは飲んでいるようです。実際には日本の消費量には缶コーヒーが含まれているので、レギュラーコーヒーに限って比べた場合はもっと差がでてきますね。

 コーヒーが無くては食事が始まらない!と話すくらいコーヒーが好きなスペインの人々。また、コーヒーが苦手な方もスペインで飲めばコーヒー好きになるとのこと。いったいどんなコーヒーなのでしょう。

スペインで飲まれるコーヒーとは(イメージ)スペインのコーヒーは種類が多いことで知られています。イタリアの影響が大きく、基本はエスプレッソが主流です。
その中でも、 「カフェ・コン・レチェ」と呼ばれるものが有名で、これは、エスプレッソに熱くした牛乳をたっぷり入れたもの。割合は、コーヒー5:ミルク5。これにたっぷりの砂糖(10g)を良く 溶かして飲みます。

韓国同様大変甘くして飲むスペイン。コーヒーに始まり、ウーロン茶や100%オレンジジュースにまで砂糖を添えて飲むのだとか...。

 その他に、アイスコーヒーがありません。その代りに「カフェ・コン・イエロ」と呼ばれる飲み物があります。
これは、エスプレッソと一緒に氷が5~6 個入った大きなワイングラスが運ばれてきます。砂糖を溶かしたエスプレッソをこの氷が入ったグラスに注いで作るアイスコーヒーなんです。冷たい「カフェ・ コン・レチェ」も同様に、氷の入った大きなワイングラスが運ばれてきて自分で作るのです。
 スペインの人たちは猫舌の人が多いのか、冷たいミルクを一緒にオーダーしてエスプレッソに注いだりする人もいるのだとか...。

寒い朝には温かいエスプレッソや「カフェ・コン・レチェ」で流れるスペインのコーヒータイムを過ごしたいですね!


 
◆リンク集

金沢市を中心に展開する、コーヒー豆専門店・・・コーヒー豆専門店キャラバンサライ
コーヒーマイスターとは?(日本スペシャルティコーヒー協会ホームページへリンク)
おすすめコーヒー情報、新商品など嬉しいお店のNEWSがいっぱい・・・ キャラバンサライのブログ「お店便り」


「鬼の季節はすぐそこです」【週刊ウンチク】

節分の日にピッタリな日本酒はいかが?
お店ばたけ 週刊ウンチク
第404回(2009.1.22)
「鬼の季節はすぐそこです」
提供:松波酒造 金七聖子さん

 

◆節分の太巻きも良いけれど、赤鬼気分で晩酌できる日本酒はいかが?能登の地酒「大江山」の松波酒造 金七聖子さんがお話しします。
◆鬼の季節はすぐそこです

松浪酒造 金七聖子さん奥能登の地酒「大江山」の松波酒造 若女将の金七聖子です。

お正月気分はとうの昔に過ぎ去った、1月の終わり。
そろそろバレンタインの準備に、心が移っていませんか。
その前にいかにも日本らしい、行事「節分」があります。


 
そのためにあるのかも。、鬼柄、且つ、豆まきにも使える升つきのお酒セット作りました。
 
節分にも、バレンタインでーにも最適な「純米ちびボトル木升つき」純米ちびボトル木升つき
大江山《復刻版》純米酒、升つき
180ml 700円

ラベルには赤鬼さん。 強そうな龍も2匹。
節分の夜の晩酌は、レトロなこの純米酒で決まりですね。

升はグリーンな香りで、お酒を含むとさらに癒し効果が出ます。 味と香りで。

 
 この「純米ちびボトル木升つき」セット、節分に本気でおすすめしていますが、
升入りということもあり、他の行事では、、、

大江山ちび純米酒は、プチギフトにも最適ますます繁盛、ますますお幸せに。 。 。
なんて縁起のいいイメージも浮かびました。
そんなこともあってか、【結婚式の引き出物】のご注文もいただいています。

◎そして、デザインにかこつけて、辰年の方の誕生日プレゼントにそっと添えても、喜んで もらえるのでは!

◎戻りますが、鬼の季節が終わったら(季節といっても1日だけど)
バレンタインにもいい感じ。 日頃お世話になっている方へ感謝の気持ちを込めてお渡しください。
ビターチョコレートのようなシックな黒瓶に、すぐに使える器付き。
お酒好きはきっと喜んでくれますよ。

 
◆リンク集

松波酒造【大江山 おおえやま】 Web通販しています。 松波酒造は石川県奥能登の地酒「大江山」醸造元。
【大江山 若女将の酒楽日記】 能登杜氏発祥の地、能登半島の松波酒造から酒蔵風景とグルメ歳時記をお届けします

「能登照葉 花を愛でながら味わう純米酒」【週刊ウンチク】

人と花をつなぐお酒。蔵元2社と花屋さんのコラボレーション
お店ばたけ 週刊ウンチク
第399回(2008.12.11)
「能登照葉 花を愛でながら味わう純米酒」
提供:松波酒造 金七聖子さん

 

◆今回は、人と人とをつなぐ酒、人と花とをつなぐ酒。松波酒造「能登照葉」と、花と日本酒のコラボ企画について、松波酒造の金七聖子さんがご紹介します。

◆能登照葉 のとてりは 花を愛でながら味わう純米酒

松波酒造の若女将 金七聖子さん 奥能登の地酒「大江山」の松波酒造 若女将の金七聖子です。

  今年の2月、とある勉強会の懇親会で、金沢の花屋の社長さんと知り合い、コラボ企画をすることになりました。
お酒の席とは人と人の距離を近づけるもので、 『生花と日本酒のセットギフトを作ろう』 『デザインや名前はもう決まっているから』と、超速で決まりました。

 
 この花屋さん(株式会社花とも)は、金沢の武内酒造店とも話を進めていて、能登も縁があることだし(金沢大学主催 里山里海マイスター)、能登でも誰かいないかと考えていたところだったそうです。
  金沢・能登・生花・日本酒、ありそうでなかったセットです。

  異業種や同業他社で直接話し合ってものづくりをするのは、口で言うほど楽ではないんですよね。
このチームでは、それぞれの得意分野で自分のできることを進めて、さらに色んな人をいい意味で巻き込みながら話が膨らんでいきました。そして毎月1回ほどのミーティングを重ねて、コラボ商品を形にしていきました。


啓翁桜 けいおうさくら 生花は金沢市今町花園地区で育てられている正月に咲く「啓翁桜 けいおうさくら」(左写真)と、 能登町山口地区 願成寺に咲く「藪椿 やぶつばき」

 これらの花を、竹内酒造店の桜酵母で仕込んだ酒「桜吟醸 春待ち桜」、松波酒造の「純米酒 能登照葉(のとてりは)、それぞれのラベルに描きます。 加賀友禅作家 石田巳代治氏に依頼しました。石田氏は、着物だけにとどまらず、海外でも評価の高い芸術家です。

【生花 桜・椿 と 日本酒(能登照葉・春待ち桜)】は、今年はどうしても桜の花が200本しか確保できないこともあり、200セット限定。
【日本酒(能登照葉・春待ち桜)セット】は、今年は1000本限定でスタートします。

 
 桜も椿も生産者は高齢化し、後継者の問題も抱えています。 異業種同士の共同商品で付加価値を高め、より多く販売することにより、お客様の笑顔と生産者の笑顔を増やしたい。また、花の生産を通じて、桜や椿を育む里山を大切にすることから、山も海も美しくなる。この商品には、そんな背景や思いがあるのです。
 人と人の繋がりが花を咲かせる、農産地と商工業者を育てるこの企画は、石川県産業化資源活用推進ファンド事業の対象となりました。

■商品のご紹介

「日本酒(能登照葉と春待ち桜)セット」ギフトケース入り
お歳暮やお正月の贈り物に。
石川県の美味しいお酒を素敵な装いでお届けします。
価格:4,200円(送料・手数料別)


武内酒造店:桜吟醸 春待ち桜 720m   ピンクボトル 甘口
松波酒造:純米酒 能登照葉 720ml   グリーンボトル やや辛口

 
○松波酒造の「純米酒 能登照葉
*「能登照葉」名の由来
照葉とは、冬に照葉樹の葉が紅葉する状態を、いけ花の業界で表すものです。
能登半島には藪椿の群生地があり、以前は椿油の生産も盛んでした。
松波酒造の「純米酒 能登照葉」


○武内酒造店の「桜吟醸 春待ち桜
桜酵母という特殊な酵母で、今年初めて仕込みました。
松波酒造でも販売中
武内酒造店「桜吟醸 春待ち桜」


啓翁桜、能登の藪椿、「純米酒 能登照葉」、「桜吟醸 春待ち桜」セット生花 桜・椿 と 日本酒 能登照葉・春待ち桜
2008年12月15日から2009年1月15日まで、期間限定販売
価格 8,400円 (送料・手数料別)

生花:金沢の啓翁桜
生花:能登の藪椿
武内酒造店:桜吟醸 春待ち桜 720m   ピンクボトル 甘口
松波酒造:純米酒 能登照葉 720ml   グリーンボトル やや辛口

■限定200セット
■大きな箱の中に生花と、日本酒2本を入れて送ります

 
これからも、異業種のみなさまと新しい商品づくりを続けて、人と人とをつなぐ酒造りをしたいです。


◆リンク集

松波酒造【大江山 おおえやま】 Web通販しています。 松波酒造は石川県奥能登の地酒。
プレミアムプレゼント企画をしています。 「能登照葉」が当たる懸賞、応募はこちら
【大江山 若女将の酒楽日記】 能登杜氏発祥の地、能登半島の松波酒造から酒蔵風景とグルメ歳時記をお届けします。
花とも関連会社 (有)花座 金沢の花屋さん、「フラワーショップ花とも」の公式ホームページ。

「人気ブレンド~かなざわシリーズ」【週刊ウンチク】

キャラバンサライのブレンドコーヒー「かなざわシリーズ」お店ばたけ 週刊ウンチク
第393回(2008.10.30)
「人気ブレンド~かなざわシリーズ」
提供:キャラバンサライ
コーヒーマイスター 木谷 佳代子さん

(キャラバンサライ様は、2015年4月退店されました。記事は掲載当時の内容です。)

金沢のコーヒー豆専門店、キャラバンサライのコーヒーマイスター、木谷佳代子さんが、当店の人気ブレンド「かなざわシリーズ」の特徴をご紹介します。

◆人気ブレンド~かなざわシリーズ

  キャラバンサライのハウスブレンド、キャラバンブレンドに続く人気ブレンドは「かなざわシリーズ」です。
金沢にちなんだブレンドコーヒーが全部で6種類あります。

美しい缶入りは、ギフトにも最適。かなざわシリーズ


☆かなざわシリーズ6種の特徴(アクセントと味)☆


城下町
-モカブレンド-
モカ特有の上品な風味と香りをいかしたブレンド。

加賀美人
-ブルーマウンテンブレンド-
高級豆の甘みと香りを生かしたマイルドでリッチなブレンド。

仙石通り
-キリマンジャロブレンド-
さっぱりとした後味、良質な豆の持つ自然なバランスを生かしたブレンド。

兼六坂
-ブルーマウンテンブレンド-
ふくよかな甘味と香りをほどよく調和させたブレンド。


★各ブレンドにおいて、どの豆も3割はブレンドされています。


★かなざわ物語、百万石ブレンドは、混合焙煎でブレンドされています。

かなざわ物語
豊かな味わいとコクと香りあふれるブレンド

百万石ブレンド
深いコクと香りを引き出した、濃厚で奥行きのあるブレンド。

混合焙煎とは?
生豆の状態でブレンドした後、焙煎をします。
金沢物語、百万石ブレンドは深煎りの豆ですが、コクのある味を求めた時に、
現時点で焙煎している豆よりも深く焙煎をした方が理想の味に近づく事から混合焙煎になりました。

キャラバンブレンドの次に出来たブレンドは百万石ブレンドでした。
百万石ブレンドはフルボディー=深入りのブレンドです。
理想の味→深いコクと香り 濃厚で奥行きあるブレンド
その味を求めてブレンド作りが始まりました。
豆を深煎りにしても深いコクが際立ち甘味が出る豆。
その豆を求めていく内に、産地契約の豆(こだわり)の豆を深煎りにしていく事でなんとも言えない奥行きのあるブレンドが完成しました。
※百万石ブレンドに使用されている豆
 トバブルー(インドネシア)コンセーロ(グアテマラ)アンデスマラビーヤ(コロンビア)  など。
百万石ブレンドは、酸味がなく苦味が強い為ミルクとの相性は抜群。そして、アイスコーヒーやエスプレッソなどにもお勧めです。

全種類、それぞれ個性が違いますし、楽しみ方も様々です。
金沢にちなんだブレンドコーヒー「かなざわシリーズ」。気分に合わせて飲み比べしてみてはいかがでしょうか?!


◆リンク集

金沢市を中心に展開する、コーヒー豆専門店・・・コーヒー豆専門店キャラバンサライ
コーヒーマイスターとは?(日本スペシャルティコーヒー協会ホームページへリンク)
おすすめコーヒー情報、新商品など嬉しいお店のNEWSがいっぱい・・・ キャラバンサライのブログ「お店便り」


前の5件 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11

お店ばたけプラスホームページ

お店ばたけプラスホームページへ
ISICOバーチャルモール「お店ばたけプラス」は、(公財)石川県産業創出支援機構が運営するインキュベーションモールです。

アーカイブ

ブログを購読する(RSS)

  • RSS2.0を購読する
  • RSS2.0を購読する