ショップこぼれ話の最近のブログ記事

catelogo130925.gif

白山比め神社、神馬舎の横に建つ句碑
お店ばたけ 週刊ウンチク
第419回(2009.5.7)
「町内句碑めぐり【1】白山比め神社(その2)」
提供:明光自動車サービス
三納鶴仙さん

(明光自動車サービス(株)様は、2012年5月退店されました。記事は掲載当時の内容です。)



 

◆白山比め神社(愛称「白山さん」)、神馬舎の横に建つ句碑について、明光自動車サービス 会長の三納嘉一さんが執筆されている、地元鶴来の俳壇「高根社」の句会報からご紹介します。

◆町内句碑めぐり【1】白山比め神社(その2)

白山比め神社、神馬舎の横に建つ句碑 写真


大手取 故がね波宇つ 村の秋  古稀一畝
  ○

 白山さんの神馬舎の横に舘一畝の句碑がある。石は手取の自然石と思われる。

句碑の表には

 大手取
   黄金波打つ
      村の秋
        古稀一畝

また裏には 

 昭和四十八年師走建之
   俳諧道宗家花本十四世
           舘 一畝

と刻してある。
 もちろん画も書も能くした一畝の自筆であろう。
  昭和五十九年の夏、鶴来町立博物館の主催で、花本十四世・古杉庵舘一畝の『俳句書画展』が開かれている。
  その目録から、彼の生い立ちと功績を拾ってみよう。

 舘一畝の本名は新一で、明治丗六(一九〇三)年六月五日、舘畑村字行町に生れた。大正十(一九二一)年、俳諧道花本宗家理事長古杉庵二世竹内菊園宗匠に入門し、「一歩」の雅号を受けた。のち昭和五(一九三〇)年俳諧宗家花本十一世上田聴秋宗匠に入門し、その後三年で萩本宗匠に推された。

  昭和十(一九三六)年に竹内菊園宗匠から古杉庵三世を継いだ。昭和十五年には最高位の柿本宗匠に列した。これを機に「一畝」と改名した。第二次大戦後、郷里舘畑村に「石南会」を結成し、昭和廿三年に花本宗家の理事に就任し、昭和廿六(一九五一)年に、これを耕楽吟社と改めた。画を山科杏亭ほかに師事した。

 花本十四世を継いだのは昭和四十六年(一九七一)年であった。鶴来町では氏の功績を讃え、昭和五〇年十一月三日に『鶴来町文化賞』を贈った。

【出品目録】
◆仏画 親鸞聖人図
      観音図
       解脱図

◆山水画 清山無尽
       渓声先耳
        漁樵清談
        渓山新趣図
        渓山楽清閑図
        春嵐

◆仏書 蓮師御消息

◆俳画 爽秋花鳥図 杏亭廻文の賛
      杏亭画舘一畝句賛 大手取ほか


  ○

 なお、花本系図については、小著、俳句俳論集『舟岡山』を参照されたい。

(この項おわり)

◆リンク集

お役に立ちます!車検、整備、新車中古車販売、リースなら・・・「明光自動車サービス」Webサイト

「プチ断食(ファスティング)を実体験」【週刊ウンチク】

アート薬局 中村智子さん
お店ばたけ 週刊ウンチク
第416回(2009.4.16)
「プチ断食(ファスティング)を実体験」
提供:アート薬局 中村智子さん

 

◆ファスティングは、最低限のカロリーと栄養分を補いながらのプチ断食のこと。アート薬局の中村さんが、ファスティング体験談をご紹介します。

◆プチ断食(ファスティング)を実体験

 3月のとある休日、福井県にある研修所で、
10人余りの方と一緒に、約24時間のプチ断食を体験する機会に恵まれました。


 初日の朝は、おうちでいつも通りの朝ごはんを食べて出発。
お昼の12時に研修所に集合し、基本的なファスティングの方法と
今後24時間のスケジュールの説明を受けました。

 今回のファスティングは、まったく水しか飲まない絶食と違い、
良質の酵素飲料で、最低限のカロリーとミネラルなどの栄養分を
ちゃんと補いながらのプチ断食(ファスティング)
です。

 今回のファスティングでは、その良質の酵素飲料を24時間の間に、
全部で400mlから500ml (カロリーベースにして、1200kcal~1500kcalに相当)を
目安に摂取
してくださいとのことでした。
それをそのまま原液や、または、お水やお湯、しょうが紅茶や
ハイビスカスのハーブティーなどで割ったものなどで変化をつけながら飲み、
でも、固形物は一切食べないというプチ断食。

だから、“おなかが減って、つらい・・・”という感触は、
まったくありません
でした。(*^^)v

 良質の酵素飲料を5倍に薄めたものをペットボトルに入れて、
常に手元に置き、それを飲みながら、初日の午後はまず、
ファスティングの正しい理論についてお勉強しました。

夕方には、体を動かすために約1時間のウォーキング、
その後は入浴して、次は“しょうが湿布”の講習会。
おなかを温めて冷えを取り、さらに腸の状態を良くするために、
しょうが湿布の方法の説明の後、二人ずつのペアでお互いに実践しました。

お腹の中心がとても温かくなる感じで、何とも言えずいい気持ちに。

《しょうが湿布の方法はこちらを参考に》

その後、就寝の準備をして、お布団に入ると、
普段、睡眠不足気味の私は、すぐ!寝てしまいました。
(翌朝聞くと、どうも1番に寝入ってしまったようです。(^_^;))

2日目は、朝6時に起床、その後身支度をすると、
まず朝ごはん代わりの酵素飲料を飲み、その後 
早朝の散歩、ヨガの講習会があり、気持ちよく、体を曲げたり伸ばしたり・・・。

午前中は良質の酵素飲料の製造方法や選び方の講習があり、
最後には、参加者全員の体験した感想などのミーティングがあって、
正午に解散、24時間のプチ断食を無事に終えて、帰路につきました。

研修会場から車で出ると、
当然あちこちにいろんな食べ物屋さんが目につきます。
一人なので、入ろうと思えばどこにでも入れるのですが、
それほど食べたいとは思わず、結局そのまま、夕方までプチ断食を続行。

夕食は断食明けなので、軽くした方がいいと思い、
レトルトの小豆粥とほうれん草のおひたし、
それにお稲荷さんを1個
だけ食べました。


振り返ってみて、体調はどうだったか? というと、
(もちろん、個人によって違いますが、)
私の場合、最初の2~3時間は、口の中がちょっとねばねばして、唾液が出る感じがし、
初日の夕方には、お腹がグルグルして動く感じが・・・。
何度かおトイレに行き、なんだかガスも出ます。

でも、いやな感じではなく、腸の中が動いてお掃除されようとするような感触
腸内が良い菌に変わろうとしているのかなと思うと、返ってうれしい感じが。(^.^)

翌朝には、固形物は何も食べていないのに、たくさん出て、すっきり感が!

 また、私の場合は、いつもより夜もしっかり寝ていたのに、
さらに2日目の午前中もたやら眠くなりました。

普段の睡眠不足が前面に出ている感じで、もう少し、
体を休めた方がいいという、シグナルだったのでしょうか。(^_^;)


◆“酵素”っていったい何するヤツ!?

今回は、マクロビオティックを指導されている“ムスビの会主宰”
岡部賢二先生の指導と講義を聞きながらのプチ断食(ファスティング)でした。

 プチ断食をして何が一番大きな効果かというと、

1、胃腸をリフレッシュすることができること
2、酵素の無駄使いが減ること


 今の日本人は、メタボ検診に取りざたされるように、
食べ過ぎによる生活習慣病が問題になり、
それだけ自分たちの胃腸は毎日酷使されています。

飽食の時代の現代は、どちらかというと、
身体の中が詰まって出すことができないじょうたいなのに、
さらに無理に詰め込むことばかりをしている状態。

メルマガバックナンバー№30 も参考にしてくださいね。》


 実際私たちも、“本当の空腹を感じたから食べる。”というよりは、
“おいしそうだから食べたい”とか“食事の時間がきたから食べる”ことの方が多く、
“本当にお腹が減ったから食べる”ことは、かえって少ないのではないでしょうか。

お腹を満足させるために食べるのではなく、舌を満足させるために食べ、
結果として、本当に身体に必要な量以上のものを食べすぎ、
胃腸は慢性的にお疲れ状態、そしてその結果、太りすぎや病的なやせすぎ。

でも、プチ断食で一定時間、固形物を食べないことにより、
酷使されて過労気味の胃腸を、やさしくいたわって、休憩させてあげられる。
過労気味の内臓たちにバカンスをプレゼントできます♪

お休みから復帰した胃腸たちはしっかり働き、
消化から排泄という体の基本機能が復活し、
ひいてはやせやすい体質につながります。

(もちろん、終わってからまた、暴飲暴食を続けていては、
また、元の木阿弥になるので、効果を持続するには、
日々の食事を腹八分目に心がけることはとても大切
です。)


 では、その次のキーワードである“酵素”って、何でしょう?

人の体には、3000種類以上の酵素があると言われ、
その酵素の働きに助けられて、新陳代謝が営まれています。

その生体酵素のうち、いつもは80%が食物の消化のために使われ、
残りの20%が、身体の修復や取り込んでしまった化学物質などの解毒に使われる。

でも、食べすぎが常態化している現代では、
90~95%もの酵素が消化作業の方に動員され、
解毒や体の修復にまで手が回らなくなっている。

さらに、油ものや動物性の肉類などは消化にとても時間がかかるため、
特に大量の酵素を消費してしまいます。

その結果、胃はもたれ、体はだるく、お肌もくすみがち・・・。

 けれど、断食をするとその間、消化に使っていた80%以上の酵素が、
すべて身体の修復や解毒に回される
ことになり、
その結果、体の機能やお肌にとっても改善効果があらわれる。

実際に、傷ややけどの修復が早くなり、お肌も柔らかになって、
時々続けることで、アトピーなどの改善や、シミも代謝されてい薄くなってくる場合が
珍しくないそうです。

『食べないことで消化酵素が使われずに、代謝や修復へ酵素が集中し、 その結果、新陳代謝が活発になり、自然治癒力が高まり、 体内デトックス促進され、脂肪が燃焼され、老廃物が排泄される!』


さらに、今回のように酵素を飲みながらプチ断食することにより、
胃腸を休ませてあげながら、最低限のカロリーはとっているので、
空腹でイライラすることもなく、さらに新陳代謝に欠かせない酵素を
外からも補給することで、デトックス効果や脂肪燃焼効果の更なるUPが期待できる・・・
という数倍うれしいプチ断食(ファスティング)になっちゃうのです!(*^^)v


今回、私は研修会に参加することで、30時間余りの断食ができましたが、
一人暮らしならともかく、実際に家族がいる家庭では難しいとは思います。

でも、その場合、夕食を一回だけ抜くミニプチ断食でも、何回かやることで、
十分効果が期待できるそうです。
(夕食1回を酵素飲料に置き換えることで、翌朝まで約12時間のプチ断食!)

それをできれば月2回!すると1年では24食分。
普通は1日3食なので、つまり8日分の断食効果に相当し、
1年で3歳分、若返ることができるそうです!!!
(素晴らしい!!!)

また、スケジュール的には、新月と満月の日にその夕食断食ができると、
さらに効果がUPするそうですので、岡部先生の書籍も参考になさってみてください。

『月のリズムでダイエット』 岡部賢二著 サンマーク出版


☆なお、良質の酵素飲料が入手できない場合などは、
ちゃんと麹から作った正しい甘酒を利用する方法もあります。
知りたい方は、どうぞお問い合わせください。(*^_^*)


◆┓お肌と健康のご相談は下記へどうぞ!
   ┗╋…━…━…━…━…━…━…━…━
     電話 076-233-2406 アート薬局
     メール art-ph@art-kanazawa.com

◆リンク集

ニキビ、敏感肌、乾燥肌、アトピーなどお肌のトラブルでお悩みの方、アート薬局にご相談下さい
CAC化粧品、リスブラン化粧品、リナグリーン21、ルミンA取扱店
・・・「アート薬局
アトピー肌、乾燥肌、敏感肌、ニキビ肌など、お肌のトラブルでお悩みの方必見!!
・・・「アートハートニュース ブログ版
・・・「アートハートニュース メルマガ版」(バックナンバー)

能登空港で振る舞われた能登丼
お店ばたけ 週刊ウンチク
第400回(2008.12.18)
「本物の旬をのせて 美味しい能登丼、63店でたべられますよ!」
提供:松波酒造 金七聖子さん

 

◆能登丼(のとどん)、2年目の冬の魅力を、奥能登ウェルカムプロジェクトで能登丼プロジェクトのリーダーをつとめる、松波酒造の金七聖子さんがお話しします。
◆本物の旬をのせて 美味しい能登丼、63店でたべられますよ!

松波酒造の金七聖子さん奥能登の地酒「大江山」の松波酒造 若女将の金七聖子です。

 2007年12月1日に誕生した、奥能登ウェルカムプロジェクトが企画した 「能登丼」
2008年12月1日「冬春メニュー」は63店で食べられます。 みなさんもう食べましたか?

 
能登丼公式ページ
大江山 若女将の酒楽日記 【能登丼】


  この一年でちょっとずつ名前も広がり、雑誌・テレビの取材も増えています。
秋には沢山の人が能登丼めぐり「スタンプラリー Don歩ラリ=」を楽しんだ100日間の「能登ふるさと博」もありました。

能登丼冬春パンフは、金沢駅、能登地区の道の駅・観光案内所にあります。
今回は店舗情報が少し大きくなり、丼と店舗の写真が両方掲載されています。

12月13日(土)には能登空港で振る舞いのイベントも開催しました。
4種類×30食、合計120丼を食べていただきました。
能登空港での能登丼イベン風景ト

空港で振る舞われた能登丼



 最近ではブログで「能登丼」食べ歩きの記事を見ます。⇒⇒広瀬ドクター「週刊ヒロテック グルメ記事」などなど。
去年はこのワードを検索しても一桁しかなかったのに、いまではとっても沢山。
これからも食べた人から、どんどん魅力を伝えて欲しいです。

 能登丼に関して、県外からも視察や問い合わせが増えています。
2009年は、石川県のみならず、もっと遠くでも、能登丼PRの機会が生まれるといいな。

◆リンク集
松波酒造【大江山 おおえやま】 Web通販しています。 松波酒造は石川県奥能登の地酒。
プレミアムプレゼント企画をしています。 「能登照葉」が当たる懸賞、応募はこちら
【大江山 若女将の酒楽日記】能登杜氏発祥の地、能登半島の松波酒造から酒蔵風景とグルメ歳時記をお届けします。 【能登丼】の最新情報も。
一人1丼以上のお食事をお願いいたします!!能登丼公式ページ

情報誌『noto色』第2号が出来ました。
お店ばたけ 週刊ウンチク
第383回(2008.8.21)
「ふたつ目の赤、見つけました
『noto色 のといろ』」
提供:松波酒造 金七聖子さん

 

◆能登の赤、夕陽・朝日を愉しむ。奥能登ウェルカムプロジェクトから、『noto色(のといろ)』第2号ができました。

◆ 能登のふたつ目の赤 見つけました noto色 のといろ

松波酒造 金七聖子さんこんにちは、松波酒造 若女将の金七聖子です。

  能登には3つの赤がある
  『のとキリシマツツジ・夕陽・祭燈』

  私も参加している、奥能登ウェルカムプロジェクトでは、この言葉をテーマにしたリトルプレス(情報誌)『noto色 のといろ』を作っています。

・・・・都会の女の子が一人で能登の赤を探すストーリー
それが『noto色 のといろ』のテーマです。

 「奥能登をいつもと違う切り口でめぐって、魅力を発見してほしい」
という視点でテーマを選定、観光地の見直しなどを経て作りました。 

 
2008年3月には、創刊号「のとキリシマツツジを探す。」を1000部発行

noto色創刊号

  能登の「道の駅」や「観光施設」を中心に販売しています。
 松波酒造にももちろんあります。

 そして第2号「夕陽・朝陽を、愉しむ。」が、8月に出来上がりました(>_<)

noto色第2号が、8月に出来ました。

 プロジェクトチームでは、記事集め、イラスト書き、編集のみならず、取材に行きました。
  深夜2:00出航の漁体験!! もちろん私も!!

 能登町柳田では知らない人がいないといわれる
  「ローカルヒーロー  まんてん仮面」のコラムもあります。


私のブログ大江山 若女将の酒楽日記』にも取材の様子をちょっぴり書いています。

■孤崖の宿 「漁火 いさりび」
■グルメ編
■海に落ちる夕陽
■のといろチーム
 
沢山の人に支えられてものづくりって進むんだな~
そんなことを感じています。


松波酒造 金七聖子さんnoto色を手に、あたたかくてディープな能登の魅力に触れてみませんか。


 
◆リンク集

松波酒造【大江山 おおえやま】 Web通販しています。 松波酒造は石川県奥能登の地酒。
【大江山 若女将の酒楽日記】 能登杜氏発祥の地、能登半島の松波酒造から酒蔵風景とグルメ歳時記をお届けします。
奥能登ウェルカムプロジェクト 「noto色」、「能登丼」等、奥能登地域活性化の活動を行っています。
【のと珠姫 ノトマメヒメ】 能登大納言小豆でスズ人の顔が見えるスイーツを作ろう
…「能登のうみ」「姫どら」プロデュース。のと珠姫の活動の最新情報などを報告しています。

「伝統芸能にふれるサタディーナイト!」【週刊ウンチク】

2008年伝統芸能にふれる金沢の夜はいかがですか。
お店ばたけ 週刊ウンチク
第377回(2008.7.10)
「伝統芸能にふれるサタディーナイト!」
提供:金沢海商 小竹 幸男さん

※金沢海商様は平成22年8月退店されました。



 

◆金沢の夏の夜、伝統芸能を楽しんでみませんか?金沢海商の小竹代表が、おすすめ夏のスポットをご紹介します。

◆2008年夏の金沢・・・伝統芸能にふれるサタディーナイト!!

金沢海商  小竹代表はじめまして。石川県金沢市で、ずわいがに、鮮魚等を販売する
金沢海商の小竹と申します。
7月から「お店ばたけ」の仲間入りをさせていただきました。
よろしくお願いいたします。

ウンチクではありませんが、金沢の「7月から8月、夏のおすすめスポット」 を2つ紹介させていただきます。
皆さん是非、 足を運んでみられたらいかがでしょうか?


○観能の夕べ

能楽(イメージ)毎年7月~8月の毎週土曜日に県立能楽堂で開催されています。
千円!と、破格な値段で、能と狂言が観賞できる機会は他にありません。
(ただし、8月16日は特別公演のため三千円です。)
19時開演、18時開場ですが、行かれる方は早めに、
できたら18時前に行かれたほうがいい席に座れます。座席指定ではありませんので。
18時半から解説がありますので、初めての方でもご理解いただけるはず?
21時前には終わります。

 
能楽(イメージ)気軽に浴衣なんぞ着て行かれたらいかがですか?
当日券もありますよ。

お帰りは散策?がてら、"片町"経由がオススメかも!


 
詳細は、石川県立能楽堂ホームページ
チケットは、
石川県立能楽堂(076-264-2598)
石川県立音楽堂チケットボックス(076-232-8632) 等で お求めになれます。当日券もあります。

○お座敷体験

芸妓さんの舞をご覧になれます。夜、気軽に芸妓さんの舞やお座敷遊びを体験できるって知ってました?
芸妓遊びというと庶民には縁遠いものですが、
今夏から、金沢市尾張町の料理旅館 「まつ本」が始めました。

毎回、ひがし、にし、主計の各茶屋街から交代で呼んだ芸妓さんたちが、長唄や舞を披露するだけでなく、お座敷太鼓やお座敷遊びも体験できます。

 
「まつ本」の松花堂弁当。1万円で、松花堂弁当とワンドリンクがついてます。


2008年7月は、12日と26日の土曜日、
8月は9日、23日の土曜日、
いずれも午後6時半から1時間半程度。

12月まで、月2回のペースで開催するそうです。

丸卓に6名×5卓、計30名の定員です。
これまで3回開催されましたが、盛況で、 満席だったとか。
毎回女性もたくさん来られたそうです。


いつもお茶屋に行かれてる方には遠慮してもらって、
普段縁のない方に是非体験していただきたいものです。
ちなみに、前回、私も初体験でした。

申し込みは金沢市尾張町「まつ本」まで
TEL:076-221-0302

1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11

お店ばたけホームページ

お店ばたけホームページへ
ISICOバーチャルモール「お店ばたけ」は、(公財)石川県産業創出支援機構が運営するインキュベーションモールです。

アーカイブ

ブログを購読する(RSS)

  • RSS2.0を購読する
  • RSS2.0を購読する