ショップこぼれ話の最近のブログ記事

catelogo130925.gif

第117回「仏との邂逅」【週刊ウンチク】

第117回(2003.5.29)「仏との邂逅」
提供:明光自動車サービス 三納嘉一さん

(明光自動車サービス(株)様は、2012年5月退店されました。記事は掲載当時の内容です。)




奈良と言えば、東大寺の大仏

今週は、鶴来町の明光自動車サービス 詩人社長三納嘉一さんの俳句集から、昨年夏奈良県を訪れ、創作された句をご紹介します。

※『大仏開眼一二五〇年-東大寺』は昨年夏開催でした。

仏との邂逅          三納鶴仙

東大寺の大仏様画像

 奈良国立博物館では、七月七日まで『大仏開眼一二五〇年-東大寺』の特別公開展が行われている。
(※2002年に開催)
 六月一日と二日。その仏たちに逢いに行ってきた。
 かの東大寺三月堂の日光菩薩、月光菩薩像は、文字通り門外不出で、今回はじめて奈良国立博物館に展示されたという。大勢の人込みに揉まれながら、展示品の数々を見て回ったが、さすがに古い時代のものは良かった。一番先に足を運んだ奈良国立博物館も、もし翌日に回すと月曜休館で、何とラッキーなこと。

 また、十年前、唐招提寺へ詣ったときは、金堂にも入れず、鑑真像にも見えずに帰ったのだが、
 今回は、芭蕉の-

 青葉して御目の雫拭はばや

の鑑真和上像に親しく相見えることが出来た。帰ったら、もう一度井上靖の「天平の甍」を読み直そうか。
 薬師寺では今年二回(三月二十八日から六月十日。九月五日から十一月二十五日)一般公開される平山郁夫の大作「大唐声域壁画」を鑑賞する幸運に恵まれた。
 そんな訳で、二日間とも昼飯ぬきで、奈良の寺院を見て歩いた。帰りの特急サンダーバードでは、かすかな満足と程よい疲れでとうとう眠って了った。

噴水のまへ        三納鶴仙

東大寺鏡池
若葉の色に染まる鏡池

噴水のまへに佇ちゐて托鉢僧

 曼陀羅の青の彩色涼しかり

 羅の腰をひねりて女身仏(にょしんぶつ)

 剥落の帝釈天へ緑さす

 二月堂の燈に拾ひし花石榴(※1)

 駆け上がる修二会(しゅにえ)の階の燕の巣(※2)


 葉うらまで光のとほり若楓

 鏡池若葉の色に染まりたる

 たれ絹を吹き上げたるは青嵐(※3)

 まなうらに新緑見ゆる思惟の像

 西日濃く金色の鴟尾(しび)暮れなづむ(※4)


■解説
(※1)磴(とう)は石段のこと。二月堂の石段に紅い柘榴(ざくろ)の花が珍しく散っ
ていた。バラバラでなく、椿みたいな花の散り方でした。

(※2)修ニ会はお水取の儀式のとき、大きな松明を振りかざして駆け上がるーあれです。
低い廊下の屋根裏に燕の巣があり、成長した子燕が出入りしていたっけ・・・。階は階段。

(※3)エー。あおあらし。知らない。晴嵐(せいらん)ではない。
青葉のころの清爽な風である。雅語。4メートル*6メートルもある大きな垂れ絹の幕を青嵐が吹いてまくり上がったと云うわけ。(垂れ絹には小紋が沢山散らしてあった)

(※4)鴟尾(しび)は寺院の屋根の上端に上を向いた飾りがある。あれである。金色に耀いているから、夕方、薄暗くなっても、まだ暮れないでいた。


第116回「生産 販売、さらに食育までも」【週刊ウンチク】

第116回(2003.5.22)「生産 販売、さらに食育までも」
提供:林農産 林浩陽さん


林農産スタッフの似顔絵。ホームページも見てね。

5月、おいしいお米を作るべく、今年も田植え全開の
林農産 林浩陽さんが、自社の「食育」の取り組み、黒字経常のこと、ネット販売参入の秘話などを語ります。

生産 販売、さらに食育までも

 私は、金沢市の郊外で農業法人を営んでいます。ここ10年でずいぶん農業の傾向も変化して来ました。現在の最大の特徴は、売る相手、つまり「マトモに食べてくれる人」がいないのです。マーケティングのターゲットが不在の状態なのです。「何を言っているの、人間生きている以上食べなきゃ死ぬよ」と言われますが、死んでもおかしくない状態の日本人が増えて、数々の危険信号が出ています。今の多くの食べ物は、お母さんに代わり、中国で内陸部の娘さんによって作られています。 コンビニの菓子類だけで生活している人が、20歳台の8%以上いるというデータもあります。この事実に、あきれ返る前に、私は食育を始めようと考えました。
 幸いなことに、小中学校の総合学習の中で、稲作体験や、食と命の授業をする機会が多くなりました。しかし、これは自分にとって、負担ではなく「志」の部分と考えて楽しんでやっています。

 私の自慢は、子供達から「農業は楽しいですか?」という質問を一度も受けた事がないことです。最初から楽しそうなお百姓に、この質問は無意味なのでしょう。
その代わり「林さんが授業に来るのは、林さんちのお米を買ってもらうためでしょう?」という質問がありました。 君は、鋭い!


国道の真中を走る

 我が社は、今年で15期目の決算を迎えましたが、おかげ様で、黒字を経常しました。ところが、昔は農業経営は、赤字は当り前で、法人税を払うなんて、バカのやることでその分給料にして、所得税にした方が得と教えられてきました。
 ところが、いつまでも経っても経営は楽にならない。そんな時、かの経営の神様「松下幸之助」氏の昔の逸話を伺う機会に恵まれました。氏は、赤字部門の担当者を呼びこう言ったそうです。「道の端を走って来たやろな?」(→ つまり、税金を使った国道を堂々と通れる立場か?ということ)利益を出しそれを税金として国に納めることも、法人の務めの一つであると言われたのです。
 10年ほど前いろいろな所で、「黒字を出し税金を納めることが目標です」と発言したら、変人扱いされました。なにがなんでも、黒字にするために、私の取った手段は、まず役員報酬を社員の誰よりも低くしました。その他、経営的には短期的に見ればあえて辛い選択をしました。でも、当時の辛い選択なんて今の景気を見れば、楽なモノでした。

 その後、順調に、黒字を生むことになり、経営と言うのは、とんがった山だと感じました。一旦、向こう側へ転がるとドンドン良くなるけど、でも先が見えないので判断に苦しむのです。
 それにしても、ようやく出した税金も数秒で国債の利息で、吹っ飛ぶのは堪忍して欲しいと思う今日この頃です。


念ずれば花開く

 我が社も、平成8年の米販売自由化以来、店舗を作りお米を販売して来ました。しかし最近、ご他聞にもれず、販売量が少し下降気味でした。

 そこで思いついたのが、ネット販売。アイガモ用のネットではありません。インターネット通販の事です。新しいモノ好きの私は、平成6年からホームページを開設し餅や米を販売していました。ところが、元々、農業について知って欲しいと始めたので、毎日、スタッフ共々日記の更新をしていましたが、年間の販売金額が50万円に満たないという有様。ネット販売で、儲けている人は特殊なごく一部の人達と考えていたのです。

 そんな時、関係機関からネット販売のセミナーがあるという電話に、飛び付きました。
勉強をしてみて分かったのは、知っているのと知らないのでは雲泥の差と言うこと。ちょっとした工夫と根気があれば、成果が上がることを知りました。年間目標500万円以上と言う無謀な目標を掲げ、精進しました。すると素晴らしい講師とスタッフのおかげで、2年目で400万近くを達成。おまけに、ネットを通じ業者間の取引もあり、現在全売上の10%以上をネットで上げています。

 「念ずれば花開く」何かを成そうとすれば、まず強く思うこととを痛感した象徴的な出来事でした。
あの時もし電話を取っていなかったらと思うとゾ~っとします。

「林さんちってどんねんて」 …多くの事に取り組む林農産のコンセプト等を紹介。
お米玄米おもちのWeb通販 …林農産Web通販。 新米の季節が楽しみです!

第105回「湯涌逗留便り」【週刊ウンチク】

第105回(2003.2.20)「湯涌逗留便り」
提供:明光自動車サービス 三納嘉一さん


湯涌温泉風景
今週は、鶴来町の明光自動車サービス 三納嘉一さんより、
金沢・湯涌温泉の「金沢湯涌夢二館」を訪ねた際の思いを
お話いただきました。

◆湯涌逗留便り
 
ボケーとしている訳ではない。年末に打った「インフルエンザ」の注射が効かず?
二月のはじめに臥せてしまった。平生それなりに注意もし、節制に努めていても、この体たらくさ。
「お店ばたけ」の中で、犀星記念館の記事を読みました。良いことをなさいました。
リンクされている「竹下夢二記念館(金沢湯涌夢二館)」へ2・3日前に行ってきました。

湯涌は山の中だから、田んぼの一面に雪があった。ボクの家は鶴来の高台だが、もう田んぼに雪はない。あのへんは今は金沢だが、元は石川郡だったところ。もちろん、金沢になってから、道路も整備され、湯涌は見違えるように整備された。側溝一つみても、あるいは「夢ニ館」や「総湯」を見ても、温泉町の良い雰囲気が漂っている。

 家内がちょいと来て良かったというから、「さかえや」という旅館に俳句仲間のご夫婦と四人で泊まった。
 ゆっくり時間があるので、「竹下夢ニ記念館」を見学した。どの女もパッチリした瞳とか細い肢体をもち、隠微な匂いがするようだった。解説のビデオもしっかり見ました。
 大体、作家というヤツは曲者で、女にふしだらで、それをネタに小説を書いている輩が沢山いる。湯涌温泉は女客が多いのか、「総湯」にも「さかえや」にも女湯に露天風呂があるが、男湯にはなかった。 女中さんに確かめたが、間違いなかった。

「さかえや」の料理は一品づつ出され、ゆっくり銚子をあけるにはぴったりだった。
それに担当の女中さんが気のつく方で、帰りがけに「温泉卵」を持たしてくれた。ありがたいことである。
ただ、昔泊まった「白雲楼」が時代に流されて閉鎖されて、息を潜めていた。


   下手な俳句を一つ ――

   ・寒牡丹一鉢客を迎えたり                   鶴仙
   ・薬師寺へ雪の足跡つづきけり                 〃
   ・たかだかと石の積まれて竹の秋                〃
   ・薄氷(うすらい)や水のせかるる夢ニ館            〃
   ・薄氷の大き一まい女来る                    〃
   ・強霜(こわじも)や朝の総湯へ道わたる            〃
   ・昨夜より駐車の屋根の霜強し                 〃
   ・宿の下駄からんと鳴りて冴え返る               〃
   ・向ひ部屋から高笑い花杏(あんず)              〃
   ・湯の宿や声のとぎれし猫の恋                 〃

<ミニリンク集…全国の竹久夢二記念館>
金沢湯涌夢二館…金沢・湯涌は、夢二が恋人彦乃と恋の逃避行をした地。夢二は此処で生涯最高の時を過ごした。
日光竹久夢二美術館…栃木県塩谷郡藤原町。大正ロマンの洋館で、レストラン・料亭もある。
竹久夢二伊香保記念館…群馬県北群馬郡伊香保(いかほ)町。榛名湖のほとりにアトリエを建て、さらにそこを産業美術学校にしようとしたが、叶わぬうちに夢二はこの世を去る。
■竹久夢二生家…岡山県邑久(おく)町。全国に夢二館がありますが、出身は岡山県です。

ほんだ農場の、みのり温泉たまご

<温泉地のおいしい●●●>
プリンのような温泉たまご…ほんだ農場のEM健康卵。アトピーの方にも喜ばれているそうです。

第102回「のしと水引」【週刊ウンチク】

第102回(2001.2.13)「のしと水引」
提供:越山甘清堂 徳山康彦さん


結納の水引細工

贈り物や結納などの行事には、わかりにくいしきたりが沢山あります。
今週は、金沢でお馴染みの和菓子店、
越山甘清堂 徳山康彦さんが、のしと水引の起源、マナーをご紹介します。

ギフトラッピング
日本のしきたり...日本の伝統的なラッピング作法「のし」「水引」

のしと水引(蝶結び)

右は贈り物に使われる「のし」の例です。

「お中元」の文字右にある折り紙が「のし(熨斗)」
真ん中で蝶結びになっている細い紐束が「水引」です。
のし・水引の絵を印刷した簡易な「のし紙」もあります。


 
<のし>

-何故そう言うのでしょうか
それは、昔祝い事の肴によく魚介類が使われ、詳しい理由は知りませんが、中でも鮑(あわび)がよく使われました。そのうちに縁起をかついで、喜び(いい事)が長く続きますようにと、鮑を乾かしてのす(伸ばし)た物を包んで進物として供えたのが「のし」の起源だと言われています。

ですから、のしをよく見ると下に薄く伸ばしたひらひらの物が付いています。それが、昔の鮑の伸した物を表しています。その成り立ちの関係で、進物が魚類、海草、鶏、卵等の場合はその物がのしの役目をしているので、重複を避けてのしは付けません。

また、弔事にも付けないのが一般的です。


<水引>

結び方と、色で使い方が決まっています。

結びきり
その事が二度繰り返されないように
と言う意味が込められています。
弔事、病気見舞、結婚等二度有って欲しくない そういう意味(思い)が込められています。

蝶結び
その事が何度でもあって欲しい。
受章、喜び事色々、など、こういう事は、何度あってもいいよ、頑張ってと言う意味(思い)が込められています。
蝶結びの水引を結んだ贈答品
一度、この二つの結び方をよく見てみてください。理由がすぐ解ります。


ミニリンク集
加賀金沢 津田水引折型
...金沢の水引専門店。津田さんの作品は、大河ドラマ「利家とまつ」でも使用された。
和菓子で見る金沢の風習...饅頭、和菓子Web通販越山甘清堂ホームページ。

第101回「いい気なもんだぜ、機屋のおやじ」【週刊ウンチク】

第101回(2003.2.6)「いい気なもんだぜ、機屋のおやじ」
提供:出口織ネーム 出口勉さん


ジャカード織の出口さん

日本三名山である白山の麓で、ジャカード織物を製造している
出口織ネーム 出口勉さんの数字を使った言葉遊びシリーズ 「三」の巻。
今回も、ことわざを使って楽しいウンチクを織り上げてくださいました。

いい気なもんだぜ、機屋のおやじ
言葉遊び 三の巻き

物事を真剣に考える?と疲れるので?何かに、よりどころを求めたくなるのは
今も昔もどうやら同じらしい。見回してみると「三」の数字のついた諺や言い回しが結構多い。どうも数字の力を借りて、そのせいにしてると、この世は住みやすそうだ。

「女三人よれば姦しい」 「亭主三杯、客一杯 嫁は、隠れて二十杯」(酒) 「美人は三日で飽くが、醜女は一週間で慣れる」などとうちのカミさんが聞いたら向こう軒両隣の助っ人を引き連れて、百円ショップで買った竹ホウキを振りかざしてきそうな気配です。

「女三界に家なし」 「三年子無きは去れ」なんて出てくるとそれこそ、目が三角になって、そこいらにある茶碗の三つや四つは空中からこちらへまっしぐら。なんてのはもう死語に等しく、「それって何よ!カイショ無し」と一喝されてチョン。


そんな訳で「石の上に三年」(座り続ければいつか暖まる。根気よく続ける大切さ)慣らされて、「三つ子の魂百まで」(幼少時の性質は年老いても変わらない)よろしく、 「桃栗三年 柿八年 柚子の大馬鹿十八年」(結実までの年数)のゆずの気持ちが良くわかる年代になっちゃった。

近頃は早起きは「三文の徳」(早起きすると良いことがある。三文とは僅かのお金のこと。)と心得、近くの畑に春早くから日参、だが「春に三日の晴れなし」(春の天気は不安定)とばかりに空は荒れ模様。しかし土から顔を見せたばかりの、雨に打たれて輝く若芽たちとの出会いがあれば、我が身を忘れ、至福の時を頂けます。

帰りたくない帰りたい、我が家に戻り、さっそくの天の恵みを頂きます。採れたて食材は少々腕が悪くとも?美味しく頂けます。ついつい、「だらの三杯汁」(三杯もお代わりする無礼)をしようと汁椀を差し出すと、身を案じてか、損得勘定働かしてか、三つ指ついてた?あの方が、お代わり拒否のしぐさ。

こうなると「三度の飯も強し柔らかし」(毎日の事さえうまくいかないのだから、世の中のことはなおさらだ)だけど、折角の春の恵みなのにと思いつつ、隙を見て、手を伸ばそうとすると、だめなものはダメなのよと、目でサイン。それでも懲りずに催促すると「無理は三度"仏の顔"も三度」(無理の我慢は3回が限度、それ以上はおとなしい人でも怒る)とキツーイお言葉。


こんな調子で朝から出鼻をくじかれ会社にお出かけ。私の仕事は織物屋。今抱えているのは三重織物。俗に言う風通織(ふうつうおり)。(ポプリケットは風通織のひとつです)
節結しない所に袋状の隙間が出来るから風通という、実に妙を得た言い方。パソコンなる現代の「三種の神器」があればこそ出来る織り方、それでも無い頭を悩ませる事多し。

縦の糸、横の糸、それぞれに色がついて、こちらの此処に使うと其処には使えない、三層の此処にはあれ、此処にはこれ、ではこの色は何処へやれば良いの、行き場なし。ではどうする。むむ~む。思わず隣席に、これってどうするの、と尋ねると、うーんと唸ったきり。「三人よれば文殊の知恵」(凡人でも三人集まればすぐれた知恵がでる)とは中々いかないのだ。

それでもどうにかまとめたつもりで試し織り。暫くして、織り場から込み入りすぎて織れない、糸が切れた、どうにもならん、と苦情の知らせ。
ではと、半時後に修正のものをデータ転送。再び、まだダメよの知らせ。
そりゃ変だ、と現場を見れば、肝心な糸の太さが太すぎる。これでは密度オーバーになる、替えてよと言うと、不満そう。再び半時後、今度は織れたが柄行きが変だ、の叱声。見れば確かにそうだ、間違ってる、平身低頭。今度こそと修正、暫くして、まだ変だの大声の知らせ。やっぱり上手くいっていない、ああ~。意を決して気合を入れる。そして、今度こそ大丈夫とひと声かけて送ったら、「二度あることは三度ある」んじゃないの、と返された。ひと声多かった。

そんな訳でジャカード織物作るのも楽じゃない。


人の気持や、使う材料・機械が「三位一体」で、みんなの知恵が「三本の矢」とならなければうまくいかない事必定。でないと、この責任誰が取る。ああだこうだ言って「三隣亡」(大凶日)。こんなこと得てして起きるから言葉の意味が重い。つまるとこ、「三年先の稽古が足りない」って事か。

前の5件 5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15

お店ばたけプラスホームページ

お店ばたけプラスホームページへ
ISICOバーチャルモール「お店ばたけプラス」は、(公財)石川県産業創出支援機構が運営するインキュベーションモールです。

アーカイブ

ブログを購読する(RSS)

  • RSS2.0を購読する
  • RSS2.0を購読する