ショップこぼれ話の最近のブログ記事

catelogo130925.gif

第230回「タヌキの住む家」【週刊ウンチク】

第230回(2005.8.4)「タヌキの住む家」
提供:林農産 林浩陽さん

タヌキのポン太のすけ


林農産こと、お米とおもちの林さんちに、今年はツバメだけでなく、なんとタヌキがすみつきました。
この不思議な住人、愛称「ポン太のすけ」について、
社長の林浩陽さんがお話しくださいました。


タヌキの棲む家

林さんちの庭に、タヌキが出没しています。

数週間前から、林さんちにタヌ キに似た猫がいると噂が広まっていたのですが、まったくのデマと思い、取り合っていませんでした。数少ない最初の頃の目撃者の、母親は、タヌキがいる と主張していましたが、これもやはり家族の誰も、信じていませんでした。
と ころが、6月30日のお昼に、ついに姿を現して、たまたま家にあったデジカメで、妻が完璧に撮影しました。

● 6月30日参照→http://www.hayashisanchi.co.jp/diary-k-log/ky200506.html

その時は、私は会議に出席中で、家に帰ると家族もスタッフも、みんなでタヌキが出たと大騒ぎ。しかも証拠写真もあると言うのでビックリ。しかし、この時は、たまたま庭にあるびわの実を食べに、現れたのだと思っていました。

ところが、次の日もお昼の同時刻12時半頃に、現れたのです。そして良く観察すると、林家の床下から出てくることが判明。ということは、まさか林家に住み着いているのでは?ということになり、さらに観察すると、ほぼ毎日12時半頃になると、ガリガリ、ガタガタ、床下の何かを避けながら、本宅と昔、下宿をやっていた頃のトイレとの隙間から、ひょっこり顔を出しました。あ~やっぱり、林家に住み着いている!との確信を得ました。

この時は、次男がデジカメで、さらに至近距離撮影。 こうなると、疑われていた母親は、タヌキの画像を何枚も私にプリントアウトさせて、近所に配る始末。同じく、初期の頃の目撃者達も、一斉に、疑いを晴らすべく、近所でよるとさわると、タヌキの話でした。まあ、私もHP等で公開していたのですが、あんまり騒ぐと、クマのように害獣として駆除されるかもと考えるようになり、静観するようにと周りには指示を出していました。

林さん家に住みついたタヌキくん
これが、林家の住人 タヌキくんです。


しかし、噂を聞きつけた地元新聞社の記者が、7月8日に取材に来るに至りました。こうなると観念して、取材に応じましたが、くれぐれも、害獣扱いにならないような記事にするようにお願いしました。おかげで、ほのぼのとした記事で、次男の画像で日曜日の朝刊に載りました。

それからは、会う方会う方に、「タヌキがいるんやて?」とか、「新聞見たよ!」と言われるようになりました。しまいには、「タヌキ屋敷の林さん」と言われたり、妻が健康診断で行った病院で、「もしかしてタヌキの林さん?」と言われるまでに。でも、林さんちは、ツバメや猫だけでなく、タヌキにとっても癒される場所だと考えるようにしました。ひるがえって考えると、タヌキが住める里山がどこかで無くなってしまい、ここに来たのではと想像すると、少し悲しい気持ちにもなります。

そして、庭のびわの実も、そろそろ無くなって来ました。このびわの実が無くなったら、一体どこに行くのだろうか?と、心配でなりません。できれば、どこかの里山に帰ることを祈っています。

第222回「おれおれ詐欺の1年も前に…」【週刊ウンチク】

第222回(2005.6.9)「おれおれ詐欺の1年も前に…」
提供:明光自動車サービス三納嘉一さん


ロータス明光こと明光自動車の修理工場。

今週は、白山市旧鶴来町で自動車販売・整備をされている
明光自動車サービス会長・三納嘉一さんのお話です。


 

“おれおれ詐欺の1年も前に… ”

おれおれ詐欺が話題になる1年前のこと。やさしい女の声で電話がかかり
「昨日あなたの工場の前で事故を起こし、白いツナギのお兄さんに 大変お世話になり、有難うございました。年のころ二十代の方です。電話口へお願いいたします。」という。

社員の誰彼に尋ねたが、該当者なし。一ヶ月も経つとまた同じような電話がかかって来た。
これが若い人狩り(若い従業員の引き抜き電話)だとは後で知った。

第204回「馴染みの寿司屋」【週刊ウンチク】

第204回(2005.2.3)「馴染みの寿司屋」
提供:幸寿し 橋本公生さん

能登空港の穴水町 旨い寿司幸寿し
"節分の海苔巻きまるかじり"が定着して久しいです。節分の今回は、能登・穴水の旨い寿司屋
幸寿しの橋本さんが、上手に寿司屋を使う粋なお客さんについて語ります。


 

馴染みのお寿司屋さんを作りましょう。

急なお客さんが来られた時とか、会社の方と飲まれる時とか女性の方と飲まれる時とか、上手にお寿司屋さんを使いましょう。
すし屋のカウンターに座って、好きなお寿司を注文して食べる。贅沢ですよね。寿し好きにはたまりませんね。

この間はすし屋に嫌われる、お客様を書きましたが、今回は好かれるお客さんと言いますか、こんなお客様もおられますという話を書きますね。


幸寿司のお客様で、カウンターに座られて世間話をするのですがお寿司のご注文を言わないお客様が何人もおいでます。

また、お酒のおつまみのご注文を、全然言われないお客様もいらっしゃいます。

これはお付き合いの長いお客様で、全部分かっていると言いますか、あ・うん・の呼吸と言いますか、うまく言えませんけど、とにかく分かるんです。

これを今お出しすれば良いとか、今お出しすれば喜ばれるとか、とにかく、お客様とこちらの間に何か感じる、何かがあります。

お客様が寿しを食べられるスピードとかによっても、違ってきます。
体調の具合とかも大体分かります。
でも、でしゃばる事は絶対だめですね。

お寿しの大きさも、お客さんによって変えます。
刺身も、お好きな刺身を沢山切ってお出しするお客さんもあれば少しづつお出しするお客さんもあります。
全部を、お客さんの好みに合わせないと駄目です。


すし屋のカウンターに黙って座っていても寿しが出てくる。
これって、カッコいいって思いませんか。


お寿司屋を上手に使いこなしましょう。
カッコイイですよ。
上司の方でも、馴染みのお寿司屋さんに連れて行って「ここが私のホームグランドです」と、やればビックリされますよ。

第200回「お寿司屋さんが嫌がるお客さん」【週刊ウンチク】

第200回(2005.1.6)「お寿司屋さんが嫌がるお客さん」
提供:幸寿司 橋本公生さん

能登空港のある穴水町の旨い寿司屋幸寿し

お正月など、みんなが揃ったときに出かけたくなるのがお寿司屋さん。
今回は、能登・穴水町で旨い寿司を握る幸寿し 橋本公生さんが、寿司職人が苦手なお客さんについて、こっそりお話しします。

 

お寿司屋さんに嫌われるお客さんについてです。

最初に断って置きますけど、これは幸寿しの私が思う事です。
大体の職人さんは、同じだと思いますけど。


1・お寿司屋さんへ食べに入っても、言葉が横柄なお客様ですね。

私的には全然嫌ではありません。

若い時はよく頭にきて、寿しを握る時にワサビをたっぷりサービスした事はよくありましたけどね。お客様が怒ったら素直にどうも申し訳ありませんと、頭を下げれば大体これで終ります。
次、お寿司を握る時は普通にワサビを入れます。

しかし、たっぷりワサビを盛ったら本当にお客さんに怒られますから、これは駄目ですね。喧嘩になります。

今は全然平気です。そんなお客様でも、帰られる時には笑顔で送りだせます。
友達になったお客様の方が多いですよ。

2・次にお寿司屋さんの符丁を頻繁に使ったりするお客様です。
(符丁:ふちょうとは、職人用語のこと。飯を「シャリ」というなど)

これは、ちょっとみっともないです。
大体、女性を連れたお客様がやりますね。

これは女性にもてません。料金が上乗せされやすいお客様ですね。

幸寿司ではありませんよ。明瞭会計が自慢の店です。
この様なお客様でも、こなしきれますよ。
  
年を重ねるって事は良い事ですね。

3・極めつけは、この魚はいつの魚?とか、このウニは外国のウニか?とか言われるお客様です。これが結構にあるんです。

幸寿しのウニは石川県の中央市場でも、いい物使っていますから大丈夫ですけど、皆それぞれのお店で一生懸命商売してますから、その様な事は言わないで寿司を楽しんでくださいね。

第188回「寿司の食べ方について」【週刊ウンチク】

第188回(2004.10.7)「寿司の食べ方について」
提供:幸寿し 橋本公生さん

旨い寿司をにぎる幸寿し 橋本さん

今週は、能登・穴水のお寿司屋さん
幸寿し 橋本公生さんが
「寿司通ってどんな人?」「寿司の食べ方の作法って?」の疑問にお答えします。

イキのいい語り口調でお楽しみください!

 

寿司屋が教える「寿司の食べ方」

「『寿し通』とは、どうゆうお客さんですか?」とか、「寿しは何から食べるのがいいですか?」とか、「寿しのつまみ方や、食べ方はどうすればいいのですか?」

 ・・・という事が、テレビの番組や、幸寿しでも、よく話しにでます。

色々な意見があると思いますが、私がいつも言っている事をご紹介します。

■まず 「寿し通とは?」

テレビや何かでは、まず玉(玉子)を食べればその店の味が分かるとかありますね。

バカヤロウですね。玉だけでその店の味が分かったら、たまったもんではありません。


でも残念な事に、最近全国のすし屋の半分以上が、既製品の玉子焼きを使っていると思います。(幸寿しの感ですがだいたい当たっていると思います)

ちなみに幸寿しは、私が妻に教えた事を忠実に守って、一日5本から6本巻いています。


 私が思う寿し通とは、寿しを沢山食べられるお客様ですね。

最高ですよね。自分の作った寿しを腹一杯食べて貰えるのですから。

いいお客様はよく飲みよく食べるお客様です。

■次、 「何から食べればいいか?」


トロから食べ最後は巻物で決めますとかよく言っていますね。

バカヤロウですね。
人がこれから旨い寿しを食べるのに変な道をつけるなと言いたいですね。

 順番なんか無いですよ。好きなものから食べていいんです。

好きなもの食べて嫌いなもの食べなければ良いです。

■最後に、 食べ方です。

手でつまんでネタに醤油をつけて食べるとか言っていますね。

これ間違いではないです。

ただ手でつまんだら手に生臭さが残るから、箸で食べられるお客様も沢山いらっしゃいます。

寿しが大好きな、幸寿しの開店以来のお客様で、ネタに少しシャリに少し醤油をつけて食べられる方がおいでます。

食べ方の理由を聞いたら

「いろいろな食べ方したけど、これが一番私には、美味しい寿しの食べ方だよ」

って言われました。

 だから寿しは好きな自分流の食べ方でいいと思います。

前の5件 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11

お店ばたけプラスホームページ

お店ばたけプラスホームページへ
ISICOバーチャルモール「お店ばたけプラス」は、(公財)石川県産業創出支援機構が運営するインキュベーションモールです。

アーカイブ

ブログを購読する(RSS)

  • RSS2.0を購読する
  • RSS2.0を購読する