ショップこぼれ話の最近のブログ記事

catelogo130925.gif

第146回「タイヤレンタルのフジイチ 失敗談」【週刊ウンチク】

タイヤのことならフジイチ


"今だから語れる、ネット通販のこぼれ話"
週刊ウンチク 第146回(2003.12.18)
【コボレ話】
「タイヤレンタルのフジイチ 失敗談」
提供:フジイチ 藤田ゆうきさん

うんちくばあさん

あたしゃ週刊ウンチクの部屋の管理人
ウンチクばあちゃんじゃ。
寒い日が続くのぅ。石川県の平野部でも、そろそろ雪が降り出しそうな気配。
県内のドライバーは、スタッドレスタイヤを装着されたほうがええかもしれんの。

さて、今週の【今だから語れる、ネット通販のこぼれ話】は、スタッドレスタイヤのレンタルや、出張タイヤ交換が好評、タイヤレンタルのフジイチ
看板娘のゆうきさんじゃ。

 

株式会社フジイチ 藤田ゆうきです
うちはお客様に実店舗へ来ていただくのためのサイト
=クリック&モルタルですから、
「通販」とはちょっとちがっちゃいますが(^^;
先日やっちゃった失敗談をお話ししますね。
(クリックアンドモルタルとは、Webショップと実際の店舗、それぞれの特性をいかしながら組み合わせて運営する意味)

最近、メルマガHTMLでイタリア旅行記をきっかけに自分の顔を出したことで、メルマガ読者の方との距離が縮まったように感じます。

「いつもメルマガありがとう」とか
「毎週楽しみにしてるよ」とかいう、ちょっとした一言が
お問い合わせメールの末に添えられていたりするのをみると本当に嬉しくて。


平成13年の4月から月1回発行で始まったフジイチのメルマガ。
同年11月から毎週木曜発行に変わり、ゆうきの記念すべき初登場は第8回目!
それからあっというまに100回も越え、今に至るわけですが、ネタ不足、文章の未熟さ、内容の薄さ・・・などなど本当に毎週戦いでした。(今もですがw)

半ばイヤイヤ書いていたときもあったので今、こうしてお客様にお声をかけていただけることが本当に嬉しいと素直に感じます。


先日、タイヤレンタルのお取り付けに来られたお客様が「いつもメールありがとうね。毎週楽しみにしてるよ」と私に言って下さったんですね。

すんごい誉めていただいて、もう嬉しいというか照れるというか…、なんかいい意味で汗かいちゃう位舞い上がっちゃって・・・、

そして、おのぼりさんになった私は…ご精算の時に間違えてお金を多く頂いちゃったんです…。

そのことに気がついたのは、お客様が帰られてから…。

担当者に「お前だらやろ!せっかく誉めてもらったんに…」と言われ、あぁ・・・どうしよう。とにかくメールを送ろうと、その方にすぐメールを送りました。


翌日お返事が返ってきました。

「毎週メルマガを頑張っているので、今回のミスはチャラですね」

このお言葉に ホッ( *-∀-*)=3 と胸を撫で下ろしましたw


これからは、仕事でミスをしないように、メルマガは、これからも頑張ります(^^;


うんちくばあさん
 

  地域密着のタイヤ屋・カーメンテナンスのお店 フジイチさん。

タイヤの出張交換は、個人のお客さんだけでなく、企業さんにも好評。
企業向けには「TMS(ティーエムエス:タイヤ管理代行業)」もされており、タイヤに関する年間コストが、従来より20~30%も削減できるのだそう。
先週来ておった、お店ばたけのお餅屋さん 林農産さんも、フジイチのサービスを利用しとるんやて!

1週間後は、クリスマス。どんな楽しいお話がきけるかの~。

 

第145回「ドラマ林さんち~6連発」【週刊ウンチク】

林農産 社長の林浩陽さん"今だから語れる、ネット通販のこぼれ話"
週刊ウンチク 第145回(2003.12.11)
【コボレ話】「ドラマ林さんち~6連発」
提供:林農産 林浩陽さん



うんちくばあさん

みなさん、はじめまして。

あたしゃ週刊ウンチクの部屋の管理人
ウンチクばあちゃんじゃ。
お店ばたけのメンバーが、毎週木曜この部屋に【今だから語れる、ネット通販のこぼれ話】をテーマに、面白い話をしに来てくれるんじゃて。

今日は、年末のおもちづくりに忙しい林農産 林浩陽社長が、正月もちのとり粉をはたく間もない忙しさの中、きてくれたんじゃが....。


その1 【ファックスじいちゃん】

 ★★★ はじめて購入されるおじいちゃんより、お電話がありました ★★★


    じいちゃん:「林さ~ん、どおしたらええんやろ~・・・」

         私:「どうされたんですか?」

    じいちゃん:「FAXをのぉ~、送ろうとしとるんやけど、
          な~んぼやっても、ここにあるんやてぇ...」

    ・・・あたりまえやんけ! w(`O´)w (スタートレックじゃあるまいし)


その2 【林さんちも、成長しました!】

お店ばたけで初めてのオフ会に参加した席上、「林さんちの売上はどれぐらい?」と聞かれ、「50万円」ですと、胸を張って答えたら、「へ~月に50万もあるの?」と言われ「!!!」
 50万円は年間売上でした、、、、(T_T)

ネット販売の凄さをまったく知らない時期のことでした。はぁ~恥かいた。


その3 【大豆にこだわってますが】

林さんちには、良くキャッチセールスの電話がかかってきます。
「社長さん、大豆に興味ございますか?」と聞かれ、「おおお!大豆には凄く興味あるぞ!」と答えたら、「そうですか、それでは早速、アメリカの先物相場は、、、」となってしまった。確かに大豆だったが、、、、(T_T) その後、断るのに四苦八苦でした。


その4 【新しい味、発見?】

東京の友人に、カキモチを送ったら、「林!この餅、全然柔らかくならんぞ!」と電話。 「え~、そんなはずないけど?」と聞くと、 「お湯かけても、全然柔らかくならんぞ!」「???」
なんと、友人は、カップ麺に載せてお湯をかけていたのでした。
それじゃぁ~力餅うどんじゃ~ (-_-#)


その5 【こんな姿になっちゃいました・・・】

 林さんちのお正月餅限定の「つきたて餅」を、スーパーで、レジの支払いの前に迷った挙句どこにでも置いていく、不届きなお客様がたまにいます。そのまま固まってしまったお餅の形を見て、どこに置かれたかが分かります。
 一番多いのが、四角いガム袋の跡。しばらく分からなかったのが、丸く網目状の跡。そうです、ボンレスハムの上に放置されたお餅でした。
つきたて餅は、ちゃんと売り場に戻しましょう、、、\(^o^)/


その6 【2度目の初老】

石川県では、初老のお祝い餅を、盛大に配る風習がありますが、たまにあるのが、のし書きをして配達に行くと「ごめ~ん。これ本人の名前じゃなくじいちゃんのやった、、、」 そうです、注文の際、間違って息子ではなくご主人のお名前を無意識に言ってしまったのです。最近は、すごく、注意しているのであまり無くなったトラブルです。


うんちくばあさん『23世紀型お笑い系百姓』を自称する林さんち。Webショップには泣き笑い、いろんなドラマがあるじゃろうけど、これからも美味しいお米とおもちで皆に笑顔をお届けくださいね。

じつはあたしゃ、ここの『とけない雑煮餅』が好きでの。
丸餅だから関西の餅じゃが、関東のお友だちにもすすめとるんじゃよ。あなたもいかが?


第139回(2003.10.30)「芸術の秋 美術館にお子さんを連れて出かけませんか?」
提供:ギャラリーk2 小坂智さん
※お店ばたけ2004.8卒業

画廊、ギャラリーk2内

今週は、芸術の秋ということで
金沢市窪で画廊を経営されている
ギャラリーk2 小坂智さんが
家族で美術館を楽しむアイデアをご紹介します。

芸術の秋 美術館にお子さんを連れて出かけませんか?

金沢21世紀美術館(仮称)の開館まであと1年となりました。
芸術の秋  この季節にはいろいろな所で美術の展覧会が開催されています。
そこで この秋は、お子様づれで美術館に出かけませんか? というご提案です。

美術館は静かなところというイメージが強く、なかなか子連れでは行きづらいと考えている方が多いようです。しかし、感性豊かな子供の時だからこそ美術を楽しんでもらいたいものです。

 私が、子供を連れて美術館に行く時にはかならず子供に魔法の言葉を伝えます。
それは「今から、この美術館の部屋から一枚家に持ち帰る絵を選ぼう」というのです。
 すると 子供は一生懸命 美術館の一部屋ごとに持ち帰るべき絵を1枚選びます。
 「これは大きすぎる。 これは 怖いなー」 なんていいながら選びます。そして、一枚の絵が決まったら その部屋を出るごとに家族全員で、もう一度ゆっくりその絵を見てあげてください。そして、 なんでこれを選んだか 聞いてみてください。
 「へー すごいなー こんな絵が好きなんだー」と誉めてあげてください。
 
こうして見てまわると4部屋ある展覧会では4枚の絵が選ばれることになります。
それから 美術館の出口で 子供が選んだ絵のハガキを探して1枚だけ買ってあげてください。(ハガキが無い作品もあります その時は 別のものでも)

 そうして買った絵葉書を押しピンで 壁に飾ってあげてください。
自分の選んだものが 家に飾られる。その子はきっと絵を見るのが好きになりますよ。

第138回「林さんち取材される」【週刊ウンチク】

第138回(2003.10.23)「林さんち取材される」
提供:林農産 林浩陽さん


NHKの取材を受ける林農産社長、浩陽さん。

今週は、農業を通じて豊かな生活を創造する
林さんちこと林農産 林浩陽さん
わたしたちがよく知らない、意外なお米の情報を語ってくださいました。


■林さんち取材される

 先日、林さんちが、NHKの番組で取り上げられました。
番組の内容は、古米による偽装表示というものでした。
その中で、生産者自らが、自分の手で、正しい表示と生活者とのつながりを大切にして、販売している事例として放送されました。

9月20日、林農産がNHKさんに取材されました!

■なぜ古米を混ぜちゃうのか?

今年とれたお米の前で

それは、冷夏のせいです。
林さんちの稲刈りもようやく終了。
冷夏だった今年、林さんち的作況指数は
「ハナエチゼン=96」・「ひとめぼれ=100」・「普通じゃないコシヒカリ=100」・「お得なコシヒカリ=85」・「カグラモチ=88」
となりました。
コシヒカリの低収量が痛いです・・・(T_T)。

となると、当然、米不足になります。すると新米の値段が上がるので、安い古米を混ぜちゃうのですね。昔から業界では、お米の偽装は当たり前のことでした・・・お米は煩悩の塊で正直に売るには、よほど志がしっかりしていないと、すぐに悪の道にそれてしまう商品です。だから、お米離れが進んだと考えます。

 林さんちでは、一見、経営にとってマイナス要因と思われるような情報も、HP、メルマガ「田んぼ便り」で、正直に開示しています。本当は、その方が、経営にとってはプラスになるのに、もったいないことです。
 林さんちも、以前は、どうしても検査出来ないお米があり、それには、関係機関の厳しい指導で、コシヒカリなのに「複数原料米」って表示をして「林さんちのコシヒカリ」の上に「お米」シールを貼って、コシヒカリであることを隠していました。

まあ~それでも、誰も、それが「林さんちの複数原料米」なんて思って買う人はいませんでした。それは、あえて正直過ぎるほどの姿勢が、誰も疑う余地を残さなかったからです。

それにしても、放送後の反響はすごかった!
でも、多くの人に、林さんちのお米を知ってもらえて、うれしい悲鳴でした・・・\(^o^)/

■でもお米屋さんは、ブレンドの神様

 しかし、政府には備蓄米と言って、有事に備え古米を蓄えているシステムがあります。これも、積極的に使わねばならないのです。問題は、何年産をどれだけ混ぜているか、正直に表示すれば済むことです。 お米屋さんは、コーヒーみたいにブレンドして、さらに美味しくしかも安くお米を作る技術を持っています。

 世の中、新米100%、コシヒカリ100%が、最高と思われているようですが、実は、料理によって、食べる状況によって、そうではない場合がほとんどです。

 お寿司屋さんは、あえて古米を使用する場合もあるし、チャーハンには、北海道産の硬いお米を選ぶ場合もある。「食べる人がこれを知らない」ということを、「売り手が知らない」ことが問題です。

■お米のことを知ってもらおう!

小学生の稲刈りの様子。

林さんちを含め、日本中に、そんなお米のことを、知って欲しいとがんばっている農家がたくさんあります。ぜひ、皆さんもこの機会に勉強してみてください。

林さんちは、小学校や幼稚園の稲刈り体験にも協力しています。 (左は稲刈り学習の様子)

子供たちが刈った稲。

■お米を食べてください!

世間では、お米の値段がどんどん上がっているので、とても憂慮しています。
ここはなんとしても米離れを防ぐために、林さんちでは価格は据え置きで販売しています。どうしても、美味しいお米を、一人でも多くの人に、継続的に食べて欲しいからです。ネットで、美味しいお米を探して、みんなで食べましょう!


林さんちのお米、玄米、おもち Web通販もどうかよろしくね!

林さんちのお米、玄米、おもちWeb通販をご利用ください!

第131回「ネットで写真を公開しよう!」【週刊ウンチク】

第131回(2003.9.4)「ネットで写真を公開しよう!」
提供:ホクチン 紺矢誠さん
※お店ばたけ2004.7卒業


紺矢誠さん

今週は、9月16日から無添加珍味の販売を開始する、ホクチン 企画開発室の紺矢誠さんが
「タダで写真をネットに載せる方法」をご紹介します。

● タダで写真をネットに載せる方法

自分のHPは持ってないけど、デジカメ写真が趣味
自分の「作品」を世界中の人に見てもらいたい(笑)と思っている方もいらっしゃるのでは。

今回は、そんな方にオススメの「タダで写真をネットに載せる方法」を紹介します。

また、みんなで撮ったデジカメ写真なども、一人一人に送るのは面倒だし、相手によって通信環境が違うので、メールの受信で迷惑を掛けたくないという場合にも使えますよ!


ここでは代表的な 「Yahooフォト」を使ってみましょう。


まず最初に、皆さんおなじみの「Yahoo Japan」http://www.yahoo.co.jp/の画面を開
きます。

1 利用するには まずYahooのIDを取得する必要があります。一つあると何かと便利なので、まだ持ってない人は、この機会に取りましょう。はじめに(図1)右上のログインをクリックします。

(図1)

個人ツールの横「ログイン」をクリック。



次に(図2)の Yahoo! JAPAN IDを登録 をクリックします

(図2)

登録のリンクをクリック。



四角の中を埋めて行きます(図3)。
IDはそのままメールアドレスにもなるので、「本名ズバリ」はお勧め出来ません。
ニックネームと数字を組み合わせるのが一般的なようです。(例 dainari1966 など)

書き込んだら「利用規約に同意して登録する」ボタンをクリックします。

(図3)

IDは個人情報を漏らさない、わかりやすい番号が◎



無事登録が完了すると(図4)のような画面になります。Yahooは登録者が多いので、希望のIDが取れない場合が多々ありますが、適当に妥協して(しかも自分が忘れない)名前を付けましょう。

この画面(図4)からYahoo! JAPAN へをクリックします。


(図4)

登録完了画面。



すると右上の「個人ツール」のところが、こんにちは、dainari1966さん (図5)と
いうふうに、先ほど取得したIDで表示されます。

これで、「Yahooフォト」を使う準備が出来ました。


注意! 自分のPC以外で「ログイン」した場合は、必ず「ログアウト」をクリックしておいてください。そのままにしておくと、自分のIDを勝手に他人に使われる可能性があります。これで、「Yahoo!フォト」を使う準備が出来ました。

(図5)

ログアウトお忘れなく!



(図5)と同じ、Yahooメイン画面、左部分の 集まる から - フォト - をクリックしてください。


(図6)の画面では、特に指定がなければ「マイフォト」にチェックをつけたままの設定で、確認コード(6桁の数字)を入力し、「送信」ボタンをクリックします

(図6)

確認コードを入力し、送信ボタンを押す。



図7の画面になります。
初めて使用する場合は 新しいアルバムを作成する  をクリックします。

(図7)

フォトアルバムの新しいアルバムを作成するをクリック。



(図8)の画面では、アルバムの名前と公開の設定をします。
せっかくですから 公開 (だれでもこのアルバムにアクセスすることができます) にチェックをつけましょう。
年齢、注文などは特にチェックをつけなくともいいでしょう。
そして画面下の 「アルバムを作成」 ボタンをクリックします。

(図8)

アルバム名をつけて、「アルバムを作成」ボタンをクリック。



(図9)では ダイの写真  というフォルダが出来ているので、これをクリックします。

(図9)

空のアルバムができました。



当たり前ですが、フォルダの中味は空っぽなので、 写真を追加 をクリックします。
 
(図10)

「写真を追加」のリンクから、中に入れていきましょう



上のほうに、1枚 | 複数枚 | アップロードツール  とあるので、この場合は 複数枚  を選択します。 

(図11)

アルバムに何枚も公開するときは、「複数枚」をクリック。



図12のように、6枚まで同時にアップできます。

まず、写真1: の 「参照」 ボタンをクリックしてください。

(図12)

「参照」ボタンで、貴方のマシンの環境から設定できます。



「ファイルの選択」という小画面が開きますので、「ファイルの場所」でフォルダを
選んで、掲示したい写真をダブルクリック
します。

(図13)

公開したい写真を選択します。



「写真1:」の空白にアップしたい写真の保存場所が表示されます。
「名前:」のところに写真のタイトルを入れます。

(図14)

名前: には写真のタイトルを入れます。



同じようにアップする写真を選び、名前をつけたら最後に 「アップロード」 をクリックします。

この写真を表示、公開する際のサイズを選択、オリジナルサイズの写真を保存は、とりあえずそのままで良いと思いますよ。

(図15)

公開時の写真のサイズも選択できます。



図16の画面が表示されればアップロード成功です。回線の状態によっては再度トライしなくてはならない場合もありますので、根気良くチャレンジしましょう。


次に作ったアルバムをみんなに紹介する方法です。 「メール送信」 のボタンをクリックします。

(図16)





「下記のメールへアドレス送信」の画面が出るので、とりあえず自分宛に送るのが
手っ取り早いですよ。
当然メッセージも省略すれば良いと思います。
そして、(図17)では表示されていませんが、画面一番下の「メールを送信」ボタンを押します。

(図17)

画面下「メールを送信」ボタンを押せば完了!



しばらくすると自分から自分に当てたメールが届きます。
そこに「写真の場所」のアドレスが書いてあるんで、それをコピーしてお友達に広めましょう!


ステップが多くて大変だけど、一回やれば後はカンタンです。

Let's Challenge!

前の5件 3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13

お店ばたけプラスホームページ

お店ばたけプラスホームページへ
ISICOバーチャルモール「お店ばたけプラス」は、(公財)石川県産業創出支援機構が運営するインキュベーションモールです。

アーカイブ

ブログを購読する(RSS)

  • RSS2.0を購読する
  • RSS2.0を購読する