ショップこぼれ話の最近のブログ記事

catelogo130925.gif

第127回「大野町・日吉神社の祭礼」【週刊ウンチク】

第127回(2003.8.7)「大野町・日吉神社の祭礼」
提供:金沢・ヤマト醤油 山本晴一さん


「押し寿司」は金沢のお祭り料理

金沢のお祭りでは左写真の押し寿司と、えびす(べろべろ寒天とも)は、金沢ならではのものだそうです。これと、小豆貝(巻貝の種類)の煮物が、夏のお祭り料理の代表選手です。

今週は金沢・大野町、田舎の夏祭りの話です。

●大野町・日吉神社の祭礼

今年の本祭りは、7月27日(日)。見所は夕方4時からの大通り(宝生寿し前)で繰り広げられる”お練り”。

大野町は、奈良時代に京都の寺社の荘園だったという記録があります。
そのころから数えるともうやがて1,270有余年
日吉神社は、京都というか近江・坂本の日吉大社の末社。
祭礼の巡幸は、一年に一回だけ、日吉神社の神様が、大野町の町内を巡幸して、健康・平安を祈念するとの主旨だと思う。

行列は、まず、奴さん(町内の20歳の成人が役割を担当する。)、
次に榊御輿(42歳の厄年男衆が、厄除けのために担ぐことになっている。県外に暮らして勤めている人も、この日のために帰省します。)、そして神官・巫女さん神社の総代さん、五郎十郎(護衛の武者姿)、荷物持ち(やかもち)の衣装をつけた人達の行列。
その後に金ぴかぴかの本神輿(日吉神社の神様)。
そして金沢市の無形文化財・山王悪魔払い(確か高校2年生がやることになっている。)の踊り。
それから獅子舞(壮年会の担当)ときて、
からくり人形(からくり記念館を楽しむ会が担当)のパフォーマンスが加わり、ここまでで約300人。その前後に各丁の子どもの曳き山や、太鼓行列があり、これを入れると総勢約500人の一大行列になる。
大野町の戸数は、約500軒であるから、各家庭から最低1人は出ないと、祭りは支えられないことになっている。
今では金沢市内でも珍しい町を上げての大人の祭りだ。
ココが凄いねえ・・・。

大野町日吉神社のお祭り

醤油の町に祭囃子が響く


勇姿、山王悪魔払い
←高校生の山王悪魔払い


幼稚園児による、獅子舞。かわいいね。男の子も、女の子も一日朝から夕方まで、がんばります。

かわいい園児の獅子舞

こわ~い獅子に立ち向かう


「ヤー」うわっ、やられたぁ!

まいったか!参りました~


獅子舞は、幼稚園生・小学生・中学生と、大人による4部編成。舞い方も大人と子供では、その迫力に大きな違いが出ます。

いろんな年代が獅子舞を演じます

ヤー!

成人の獅子舞は、迫力があります


からくり人形。からくり記念館を楽しむ会が担当しています。(大野からくり記念館は、大野町のここ!

大野町にある、からくり記念館にちなんで


さあ、夕闇迫る頃、参加者は、皆、町内で振舞われたお酒も入って少し気持ち良くなってくる頃。
そろそろ祭りは大人のための時間に入ってきます。


↓榊神輿

エンヤ、エンヤ

宝生寿司の前で←本神輿


ここ、大野町では「エンヤ、エンヤ」という掛け声で神輿は走ります。

提灯の光が、街を幻想的に彩ります

暗くなってきた・・・

暮れゆく空に、灯籠の光


私の好きな、美しい日本の夏の風景がここにあります。


いよいよクライマックス。日吉神社にお神輿が戻られて、最後に獅子舞の奉納を行って、祭りの行列は終了です。

祭りを締めくくる獅子舞

最後の舞だ。気合いが入る。


沢山の町民が舞を見守る

獅子を演じた若者たち

最後の舞が終了!


コレにて全て終了!

第126回「今年の浴衣は思い切った色使いに!」【週刊ウンチク】

第126回「今年の浴衣は思い切った色使いに!」
提供:ルバンシュ 千田和弘さん


浴衣着で、お祭りの気分が盛り上がる

夏と言えばお祭りに花火!
お祭りや花火に欠かせないのは、やっぱり浴衣ですよね。
ルバンシュでコラムをお願いしている、
色彩コーディネーターの大塚先生による、
ワンランク上の浴衣の色選びです。

今年の浴衣は思い切った色使いに! - C.O.R.代表 大塚 理恵子 -


浴衣を着るだけで 花火大会や夏祭りもいつもと違う気分で過ごせそう。
どうせいつもと違うなら 思い切った色使いにも挑戦してみてはいかがですか?

例えば 紅いゆかたにレンガ色の帯や 紫のゆかたにショッキングピンクの帯とか。
同系色の濃淡もモダンです。
あまり ルールにとらわれず 洋服感覚で自由にあわせてもOKです。
そして 小物のげたや巾着はゆかたの柄の中から1色を選ぶか帯と揃えると
すっきりします。


柄選びのポイントはストライプや 斜めに流れるようなデザインはスリムに大人っぽく見えます。逆に 大きな花柄などがたくさん描かれているような華やかなものは かわいらしく見えます。

最後にゆかたメイクのポイントをひとつ。
いつもより 鮮やかなリップ!をつけてみて下さい。
最近のメイクは 目にポイントがあるので リップは抑えめが主流ですが
ここが洋服とは違うところ。ゆかたや着物は実は面積が大きいので
洋服メイクだと 色に負けてしまう可能性があります。
気持ち濃い目で バランスがとれるのです。
ただし 気合が入りすぎてないか 全身写る鏡での最終チェックは
お忘れなく~! (^o^)/


<ミニリンク集>
石川県、各地イベントの開催情報 …ほっと石川旅ネット
鮮やかリップは健康な唇から
  …ルバンシュ「ベジタブルリップ」は口紅の下地にもお使いいただけます。

第125回「星の数ほどある物語の世界へ」【週刊ウンチク】

第125回(2003.7.24)「星の数ほどある物語の世界へ」
提供:モトキミウラさん


犬のお母さん(イメージ)

犬のおかあさんが、一生懸命にライオンを育てる話。
僕の記憶のなかにいちばん古く残っている、母が読んでくれた本です。
夜になると何度も何度も母に読んでもらっていました。犬のおかあさんが子供のライオンを寝かしつけるために歌う子守唄を、同じように母が歌ってくれ、寝かしつけてくれていました。実に僕が2,3歳のころの記憶です。
みなさんも同じような経験はありませんか?

「星の数ほどある物語の世界へ ~幼いときから本に親しむ~」

はじめまして、モトキミウラと申します。
今回、お店ばたけ「週刊ウンチク」で児童文庫についての紹介を寄せさせていただくことになりました、ライター志望の小僧でございやす。
お店ばたけの北村さんと「いやぁ僕ライター志望なんですよ」って話をしてたら、こんなところに書かせていただける機会をいただきました。やったーっ。

さて、世の中には星の数ほどの絵本や子供むけの本があります。「うちの子供に絵本を買ってあげよう」って思っても、けっこう絵本や子供向けの本って高いですよね・・・。絵本なんて1,000円超すのが当たり前、って感じもします。いざ買ってあげようにも「どんな本がいいかしら?」って迷われる方もおられるのではないでしょうか。
もちろん、子供が「この本が欲しい!」って言う本が一番いいのですが、おかあさんも子供も、まだ知らない名作ってきっとあるハズ。そんな時に参考にしてもらえたらなって思い、ミウラが読んだ中でも特にオススメの本をご紹介したいと思います。
結構、子供のころに強く心に残った本が、人格形成の一端を担うことってあると思いますよ。
出来れば、豊かな感受性を持って欲しいですよね。

それではなるべく楽しく、おかしく紹介していこうと思っていますので、興味のある方はお菓子でも食べながら、気楽に読んでくださいね~。

今回のオススメ絵本 その1

『マーシィとおとうさん』  池田あきこ・作 

 ほるぷ出版 1,000円

まずは<わちふぃーるど>で有名な池田あきこさん作「ダヤン'sコレクションブック」の中から1冊。ダヤンの友達であるウサギの女の子マーシィの、なんとも風来坊なおとうさんについてのお話です。ご存知の方は「はぁ?なんで池田さんの1作目から紹介しないの?」と思われるかもしれませんが、深い意味はございません。ミウラが気に入っている本のなかから、季節や気温や気圧や機嫌やその場のノリで選んでおります。まぁ良いものは良い、という事で・・・。


とっても有名な猫のダヤンシリーズですが、それは僕たち絵本好きの中だけかもしれません。でもキャラクターとしても有名なので、「猫のダヤン」って聞かれてわからなくても、絵を見ると「ああこれかぁ!」って思われるはず。
でもまぁダヤンの世界を知らない方に少しだけ<わちふぃーるど>についてご説明しましょう。

<わちふぃーるど>とは猫のダヤンを始め、うさぎのマーシィやワニのイワンなど動物の仲間達が住んでいる不思議な不思議な世界です。地球とは別の星(だったと思う)で、そこには動物の住人の他にトロルや魔女、魔王などいかにもファンタジックな人たちが住んでいます。ダヤンたちが住んでいる大陸のほかに、別の不思議人たちが生活している大陸もあります。結構世界観がしっかりと出来ているんですね。
これだけ見ると「なんだ普通のおとぎ話っぽいじゃないの」と思われるでしょうが、そこに池田さん独特の不思議なタッチで描かれたキャラクターが加わると、見事に個性豊かな別世界に引きずり込んでもらえます。

さて、題名にもでてくる「マーシィ」ですが、猫のダヤンの一番の友達です。忙しいお母さんを手伝いながら、妹と弟たちの面倒をみる優しい女の子です。が、そのお父さんは長い間行方不明となっているんですね。今回はなぜお父さんが行方不明となったか、そこについてのお話なんですね。

・・・・あ、やっぱダヤンの最初の本から紹介したほうが良かったかも。ハハハ・・・


まいっか。

とりあえずこの絵本の見所は、その夢見る父ちゃんのアンポンタンっぷりです。そしてそんなアンポンタンなおとうさんを、それでも大好きなマーシィの健気なところですね。ぜひお子さんに読んであげるときは、マーシィのそんな気持ちを読んであげてくださいね。

それにしても、遊び倒した挙げ句にメイム(奥さんね)に小言を浴びせられ、それでもなおかつ「かわいそうなメイムに、かわいいマーシィ。パパは一山あててくる」っていう豪胆な父ちゃんがステキです。それで行方不明になっちゃうんだからカッコイイね。いや駄目だってそれ。

そんなお茶目なお父さんなのですが、マーシィにはすこぶる好かれています。オオカミとキツネに誘われて金山に行ってしまう危機感ゼロのパパを待つために、毛並みの手入れをして、「お父さんに会うときはいいにおいでいたい」ってわざわざ花の下で待ってるんですね。健気だなぁ。目を覚まそうぜおとうちゃん。ぜひこの「おとうさん大好き」というマーシィの気持ちを、読んであげてください。

さて、池田あきこさんの作品には、<わちふぃーるど>という作りこまれた世界観があります。ぜひお子さんに読んであげるときは、ただ一冊の本としてではなく、<わちふぃーるど>という別の世界の生活の一部を覗いている、という気持ちで読んであげてください。きっとお子さんは自分でも、自分なりの<わちふぃーるど>を作って想像をふくらませるでしょう。

でもこのサイズで1000円ってやっぱり絵本は高いよね・・・。
A5?・・ちっちゃいよ・・・

今回のオススメ絵本 その2

『海賊モーガンの子どもたち』  作:那須正幹  絵:関屋敏隆

 ポプラ社 1,500円

続いて男のコ向けに一冊。那須正幹さんの絵本シリーズからです。那須さんって皆さんご存知ですか?「那須正幹」だけではピンと来ない方も、「ズッコケ3人組」と聞けば「ああ知ってる」と言われるでしょう。
そのズッコケ3人組の作者が書かれた絵本です。絵に関屋敏隆さんという絵本作家を迎えておられます。

さぁてミウラの愛読書中の愛読書、「ズッコケ3人組」の那須さんについては山ほど書きたいところですが、今回はやめましょう。実はこの絵本の注目点は、関屋敏隆さんの絵にあります。
関屋さんの絵本は、赤・青・黄・緑といった原色をバシバシと使ってカラフルに仕上げる特徴(?)があるのですが、このモーガンシリーズには特に驚かされます。油絵の具でしょうか、大胆にワシワシと塗り重ねてそりゃもう右脳を強烈にパンチしてくれます。圧巻は青い空に飛んでいるカモメの輪郭が赤で描かれているところ。それでも違和感を感じさせず、ある種「男のコらしさ」や「元気・ワクワク」といったものを表現できていると思えてしまいます。

文章で評価するとこのようになりますが、子どもにこのような大胆な絵に接する機会を与えることは、理屈でなく大きな感性を発達させてあげられると思います。
ぜひ関屋さんの、大胆で素敵な絵に触れる機会を与えてあげてください。刺激をあげてください。
コレほんとおすすめ。

気になる内容は、「洋一くん」という男の子が不思議な笛を吹くと海賊モーガン一味が迎えに来てくれて、モーガン秘密の海賊島に連れて行ってくれる、という話しです。

でもなんでだろうね、
「はは、そんなときは、海に でるのが いちばんさ。」
「ぺぺの やいた 肉いりの パイを 食いなよ。げんきが でるぜ。」
という文章だけで、肉いりパイがさも美味しそうに思えるんですよね。海賊のせいか、はたまた想像力のなせる業か。

今、子どもたちの中で海賊ブームですので(アニメの影響ですね)、喜んでもらえる1冊ではないでしょうか。

さて今回は2冊の絵本を紹介させていただきましたが、皆さんいかがでしたか?
ライター志望のくせに駄文ですが、もし感想や「うちの子に読んであげたら喜んだよ!」という話しがあればメールで送って下さい。心の底からお待ちしております。

さーて次はなにを紹介しようかなぁ。


とっぴんぱらりのぷぅ

<ミニリンク集>

WACHIFIELD OFFICIAL HOMEPAGEわちふぃーるど 
  …猫のダヤンで愛される、池田あきこさんの絵本世界
   「わちふぃーるど」のホームページ。

日本の図書館・図書館関係機関リンク集…日本図書館協会WEBサイト
石川県立図書館…金沢市本多町の県営図書館。1階に絵本コーナーが。
  サイト内で石川の公設図書館を横断図書検索できます。
富山県大島町絵本館…おとなり富山県の絵本展示館。
 ワークショップや、有名絵本作家の展示もよく行われています。
2003ボローニャ国際絵本原画展…リンクは東京会場・板橋区美術館。
 石川県では七尾美術館で毎年開催されます(2003年は11/7~12/7)。

第120回(2003.6.19)「【石川県若者しごと情報館】ってご存じですか?」
提供:ホクチン 紺矢誠さん
※お店ばたけ2004.7卒業


紺矢誠さん

今週は石川県のリージョナルな話題、旧県庁跡地にオープンした
就職支援の拠点 【石川県若者しごと情報館】を
ホクチン営業部で、TVショッピング販売のご経験もある
紺矢誠さんがご紹介します。


【石川県若者しごと情報館】ってご存知ですか?


 今年1月に広坂から駅西再開発地区に移転した県庁、その旧庁舎に「石川県若者しごと情報館」が5月17日オープンしました。
ハローワークとは異なり、主に若者の就職支援を対象とする施設で、高卒者の就職率低下、離職率増加を防ぐべく、県が設立。約700平方メートルのフロアには、職業の適正診断就職情報検索が出来るパソコンが30台並び、他にもビデオ、図書ライブラリ が充実しており、更に県職員5名、インストラクター2名、カウンセラー 1名が、個別の相談にも乗ってくれるそうです。

 ユニークなのは「グループワーク」という制度。
 これは、将来就きたい職業について、若手職業人から体験に基づいた話を聞いたり、グループディスカッションをするというもの。講師は、ヒマラヤ登山隊のガイド役になぞらえて、「シェルパ」と呼ばれます。

 シェルパが語るのは、自分の経歴、業務内容、必要な職能だけではありません。入社前/後の会社のイメージの違い、職場の魅力、仕事での喜び、失敗談などを本音で語り、参加した方に、より具体的に仕事に対する興味をもってもらおうというわけです。


 ちなみに図書ライブラリには「○○になるためには」というハウツー本が何十冊もあり、「弁護士になるためには」「教員~」「看護師~」、など一般的な職業から、「漫画家~」「モデル~」さらには「お笑い芸人になるためには」なんてものまであります。しかも読むとこれがまた実際的というか(先ず一人でやるのか、相方とやるのかを決めましょう)ミョウに具体的で、一冊読むと、まるでその職業をヴァーチャルで体験したような気分になれます。
 これは既に就職しているサラリーマンにとっても、なかなか有意義なこと。
逆に道を踏み外す(転職を考える)きっかけとなってしまう可能性をはらんでいるかも(笑)。


 筆者も「シェルパ」として参加、若人相手にえらそうな事ブイブイ言っちゃう予定です(笑)。
新卒予定の方、フリーターの方、是非一度足を運んでみて下さい。
「自分の将来」が見えてくる、かも知れませんよ。


「石川県若者しごと情報館」のページはこちらです。

<ミニリンク集>
履歴書の書き方…業種別例も。ハローワークホームページより。
私のしごと館 JobJobWorld…雇用能力開発機構のホームページ。
バーチャルお仕事巡りができる楽しいサイト。業種の統計資料も紹介。
お店ばたけ<今月のお店>…当モールも、いろんな業種のショップが出店しています。

第118回(2003.6.5)「1本目は鳥さん用、2本目は虫さん用、3本目が人間用」
提供:林農産 林浩陽さん


林農産スタッフの似顔絵。ホームページも見てね。

稲作体験の様子

今週は、お米、玄米、おもち「林さんち」こと
林農産 林浩陽さんが、こどもたちに食と命の大切さを伝える
小学校・幼稚園の稲作体験学習についてお話くださいました。

「1本目は鳥さん用、2本目は虫さん用、3本目が人間用」

 今年も、良い子の田植えの季節が、やってきました。林さんちでは、毎年、幼稚園と小学校の稲作りをお手伝いしてこれで7年目になります。(田植えのようす・・・社長日記22日、28日参照

 最初引き受けた頃の林さんちでは、張り切って、スタッフ総出で苗準備、そして田んぼに苗を植える場所の方眼をつける枠回しを行っていました。
 ところが、実に上手くいかない。子供達は来て勝手に泥遊びしだすし、親はカメラばかり持っていて全然、他人事。なんとか植えさせると、今度は苗を3本ずつ植えてくださいと絵まで書いて教えたのに、10本くらいずつで植えるので苗が大量に必要になってしまい、その補給をするのに、苗を田んぼへ投げると、今度は苗の投げ合いという最悪のパターン。スタッフからは、クレームが付くわ、私自身は枠回しで腰が痛くなるしで大変でした。

富陽小学校5年生の田植え体験学習

ところが、私が森と田んぼの学校推進会議委員」に任命され会議に出てみて、間違いに気付きました。体験学習っていうのは、文字通り、体験し、その上で、学習すること。今までの私のやり方では単なる体験、もしくはイベントでしかなかったのです。
 「楽しかった」「疲れた」という感想は、学習には繋がらない。植えてみて失敗したなら、そこから学びを深めていくべきだし、なぜ、お米は水が必要なのか? その水はどこから来るのか? 有機栽培って? 無農薬って?調べて行けばどんどん学びは深くなるのです。

 最近は、枠回しも全部保護者や先生が担当。学びを導くために話をしに幼稚園や学校に出向くようにしています。保護者もカメラを捨て、裸足で一緒に植えるようになり、ずいぶん雰囲気良く植えることが出来るようになりました。そして、子供達がちゃんと植えるためのオマジナイが、「1本目は鳥さん用、2本目は虫さん用、3本目が人間用」なのです。こうやって教えると不思議にも、ほとんどの子供が、3本でキチンと植えてくれます。

このオマジナイには深~い意味があり、全て人間が搾取しようとすると農薬の大量散布に繋がったりして結局は、自分のためにならない。さらに突き詰めると、この社会は、色々な人達がいて、それらをお互い認めながら生きることが大切となる。

 未だに、この深い真理に到達した子供達や親は...いませんが、いずれ分かる日がやってくることを信じて、がんばって行きたいと考えています。


■食と命の大切さを伝える林さんち ~インターネットで、さらに多くの人へ!
  林さんちの、お米、玄米、おもち Web通販

前の5件 4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14

お店ばたけプラスホームページ

お店ばたけプラスホームページへ
ISICOバーチャルモール「お店ばたけプラス」は、(公財)石川県産業創出支援機構が運営するインキュベーションモールです。

アーカイブ

ブログを購読する(RSS)

  • RSS2.0を購読する
  • RSS2.0を購読する