お店ばたけ発!地域情報の最近のブログ記事

catelogo130925.gif

7月の第4日曜日は「親子の日」。(親子の日とは?
お店ばたけにご出店いただいております石川県能美市の写真館 フォトアトリエ アディ(有限会社ホリ写真館)様が、この日に【親子を撮影するイベント】を開催、20組の親子を無料でご招待します。参加者には撮影した写真をプレゼント!

フォトアトリエ アディ「親子の日」紹介ページ


フォトグラファー 堀光治さんは、「親子の日」撮影会で撮影した作品「和佐谷橋(わさたにばし)にて」が、第58回全国写真展覧会の最高賞である「内閣総理大臣賞」を受賞されるなど、高い評価を受けている写真家です。

小さなお子様のいる親子のご参加はもちろん、大人の親子でも素敵です。
子育ても落ち着いた大人の親子の写真は、自分たちでは撮ることがないかもしれませんが、撮っておけば一生の宝物になるのではないでしょうか。

<親子写真 エピソード(【週刊ウンチク】より)>
 ・【週刊ウンチク】「親子の写真、私の記録」
第270回(2006.6.8)フォトアトリエ アディ 堀由佐 さん
 ・【週刊ウンチク】「大人の、親子撮影」
第321回(2007.6.7)提供:フォトアトリエ アディ 堀由佐さん


「親子の日」スーパーフォトセッションの応募締切は、2013年7月16日(火)。 ぜひお早目のご応募を!

---- 以下、フォトアトリエ アディ様のブログの情報からご紹介----


第8回「親子の日」スーパーフォトセッション

主 催  フォトアトリエ アディ
後 援  財団法人 いしかわ子育て支援財団
     北國新聞社 エフエム石川

「親子の日」当日に、フォトアトリエ アディが親子を撮影するイベントを開催します。このイベントに、20組の親子を無料でご招待します。撮影した写真をプレゼント!
WEBからのお申し込みはこちらから
郵送の方はこちらからpdfをダウンロード
*普段着や仕事着での撮影をお奨めします。皆さんらしい写真になることと思います。


----------------------------------------------------------

<開催概要>

●撮影日  2013年7月28日(日)

※時間指定はできません。
※当日、スタジオの待ち時間が発生する場合があります。
※ネガやデータはお渡しできません。


●撮影場所 金沢市内 あるいは加賀地方のロケーションの良い場所
(詳細は参加者に個別でお知らせします)


●参加費 無料
※撮影場所までの交通費は各自でご負担ください。


●応募要綱 
参加ご希望の方は、参加する親子全員の名前/年齢/性別/職業/   
代表者の連絡先/応募の動機を明記の上、親子で写っているスナップ写真を同封
(またはメール添付)し、以下の宛先までご応募ください。
E-mail: smile@happy-aday.com
郵送: 〒923-1245 石川県能美市辰口町175
フォトアトリエ アディ「親子の日」撮影係


●応募締切  2013年 7月16日(火)当店必着

書類選考の上、参加が決定した皆様には 7月23日(火)までにアディよりご連絡いたします。※スナップ写真は、選考以外のいかなる目的でも使用いたしません。
スナップ写真を含む応募書類の返却はいたしませんのでご注意ください。

※メールで写真データを添付する場合、JPEG形式で128KB以内になるように加工してください。
※当日撮影した写真の著作権は、フォトアトリエ アディに帰属します。
また撮影した写真は、フォトアトリエ アディの作品として、ウェブサイト、
写真展やその他の出版物、映像、印刷物などに使用する事があります。
※プレゼント以外のカットは、有償無償を問わずお渡しできません。   
※プレゼントの写真は、アディ店頭でのお渡しとなります。


●作品展
作品にするカットは、アディが厳選いたします。     
【9月6日(木)〜9月18日(火)】まで展示会を予定しております。
展示会終了後、9月末日以降のお渡しとなります。 

石川県能美市辰口町175
フォトアトリエ アディ
------------------------------------------------------------
アディの入学・入園 http://happy-aday.com/school/
アディの七五三  http://happy-aday.com/753/
アディのプロフィール写真 http://happy-aday.com/profile/
アディの公式ホームページ http://happy-aday.com

成人式の振袖レンタルから撮影まで、フォトアトリエアディ。  http://happy-aday.com/20th/

2013年6月7日(金)より、石川県地場産業振興センター(金沢市鞍月2-1/石川県庁隣)本館1階 展示ホールにて「第27回 全国手づくりガラス展 初夏のガラスでおもてなし」が開催されています。

「全国手づくりガラス展」会場の様子

開催直後は作品が多く、見ごたえがあります

ガラスの風鈴が涼しげな展示

ペンギンやかき氷など夏テーマのガラスのオブジェ

夏らしいガラスの花器やオブジェ

とっても小さなガラス作品(まち針)

今年のガラス展は、全国69工房(74名の作家)の手づくりガラス作品約3800点を展示。昨年より作品数が多く、見ごたえがあります。また、初出展の工房が18もあり、毎年ご覧になっている方にも、新しい作風との出会いがあるかと思います。

ガラスのアクセサリー作品 展示の様子

夏の食卓にぴったりのガラスのお皿やお碗、コップ、酒器のほか、花器や風鈴、オブジェなどのガラスのインテリア雑貨、女性に人気のネックレスやペンダント、イヤリングなどのアクセサリーも。気に入った作品は購入も可能です。(展示即売) 是非「お気に入り」を見つけにお越しください。

会期中に平成25年度 ISICOネット活用セミナーを受講に来られる皆様も、ぜひ、少しお早くお越しいただき「全国手づくりガラス展」にお立ち寄りいただければと思います!


「第27回 全国手づくりガラス展」

■会期:平成25年6月7日(金)-6月30日(日) 9時-17時
■会場:石川県地場産業振興センター本館1階 展示ホール
    金沢市鞍月2丁目1番地 電話076-268-2010
    ※地図はこちら

■主催:(財)石川県産業創出支援機構(公財)石川県デザインセンター

しぼりたてのはちみつを食べたことがありますか?
5月25日(土)、26日(日)の2日間、みつばちの詩工房様 大桑店では、
はちみつのある楽しい生活をテーマに「大はちみつ祭り」が開催されます。

みつばちの詩工房創業83年目(ハチサン:蜂さん!)の感謝祭は魅力いっぱい!
しぼりたてのはちみつを食べられる「はちみつしぼり体験」や「みつろうキャンドルづくり体験」、はちみつを使ったグルメ&スイーツ販売、そして工房キャラクター「ムック」との記念撮影など、楽しい企画が満載です。

昨年(平成24年)開催の様子はこちらです。

 
みつばちの詩工房大桑店の店舗外観みつばちの詩工房 大桑店
「大はちみつ祭り」

日程:平成25年 5月 25日(土)、26日(日) 

開催時間:午前10時~午後4時

場所:みつばちの詩工房大桑店(石川県金沢市大桑町2丁目380)
山側環状線(石川県道22号金沢小松線)大桑出口からほど近い場所にあります。地図詳細はこちら


後援:北國新聞社・北陸放送・テレビ金沢・FM-N1


開催内容:
みつばちの詩工房が開催する「大はちみつ祭り」パンフレット

●みつばちたちのグルメ&スイーツ王国(おなかを空かせて来てね!)
 はちみつロール、ベルギーワッフル、
 五郎島金時の揚げたてはちみつ金時いも、
 はちみつパン・サンドイッチ、はちみつジュース、
 はちみつ屋さんの野菜たっぷりスープ
 はちみつの牛とろとろカリー&はちみつ金沢ハヤシライス
●はちみつしぼり体験(1日2回:10時半から/14時から)
●みつろうキャンドルづくり体験(対象は小学生以上、1日3回)
●はちみつ量り売り
●ガラポン抽選会(お買い上げ1000円ごとに1回)
●みつばち絵本プレゼント!
●「得得福袋」(最大40%引)
●ムック(みつばちの詩工房 キャラクター:下写真)と記念撮影
ムックはみつばちの詩工房様のゆるキャラです


「大はちみつ祭り」最新情報は、みつばちの詩工房様ブログをごらんください!

「みつばちスタッフのこぼれ話」みつばちの詩工房スタッフブログです♪

ヤノちゃんのみつばち日記 ~みつばちの詩工房(社長様のブログ)

※セレクトショップdips(ディップス)様は平成28年6月退店しました。

 
5月3日から5日に開催される、石川県七尾市の祭「青柏祭」。
七尾市のセレクトショップdips(ディップス)様では、「青柏祭」を盛り上げる「でか山」オリジナルTシャツが発売されました!


「H25 七尾市 でか山Tシャツ 青柏祭」(ネイビー×レッド)バックプリントです。

H25七尾市 でか山Tシャツ青柏祭 (バックプリント)

昨年の「でか山・花嫁のれん コラボTシャツ」に続く新デザインは、伝統のマーク&毛筆文字とおしゃれな配色が新鮮で、お祭り気分を盛り上げてくれそうです。
※「青柏祭」の文字は一本杉通り「漆陶舗あらき」若女将の新城礼子氏によるものです!

カラーは6パターン。サイズは、ジュニアM(130)、ジュニアL(150/レディースS)、XS(メンズS・レディースフリー)、M(メンズフリー)、L(メンズLL)


そして、今年はベビーサイズが登場!

でか山Tシャツ青柏祭バックプリント ベビーサイズ

これを着たら、赤ちゃんもノリノリで参加できますね。カラーは4パターン、サイズは90センチと110センチです。親子でおそろいにすることも出来ます!

「H25 七尾市 でか山Tシャツ 青柏祭」のお求めは、dips(ディップス)様ネットショップ、または、石川県七尾市一本杉通りの実店舗(地図はリンク先)で!


石川の元気印商店街

(財)石川県産業創出支援機構「地域の絆づくりを進める!石川の元気印商店街」  では、石川県内の商店街を順次訪問し、商店街のイベントや活性化のために工夫されている事などを取材して、元気な商店街の魅力を紹介していきます。

都会の若者の視点を活用し門前の魅力を再発見するまちづくり  総持寺通り協同組合
(平成25年3月取材)

都会の若者の視点を活用し門前の魅力を再発見するまちづくり 総持寺通り協同組合

總持寺祖院の門前町として栄えてきた輪島市門前町(わじましもんぜんまち)。
平成19年3月25日、震度6を記録した能登半島地震に見舞われ、当時39店舗あった商店街の7割が半壊以上の被害を受けたものの、4年後の平成23年12月までに全ての店舗が再建された。
1店舗の廃業もなく新規出店も合わせ42店舗が元気に営業する
持寺通り協同組合の五十嵐義憲代表理事に、若い力を活かした地域活性化への取り組みを伺った。

◆元気な門前町を各種イベントを通じて発信!

能登半島地震による門前町の被害は、全壊327棟(うち商店街8棟)、大規模半壊74棟(同3棟)、半壊570棟(同17棟)、一部損壊2714棟(同9棟)と大きなものだった。
震災からの復興に向け、震災前からスタートしていた街並み修景事業と同時進行で商店街の各店舗の建て替え、道路等の景観整備が進められ
持寺通り商店街は4年の歳月を経て新しく生まれ変わった。
通り中程には商店街が誘致したイタリア
レストランが開店し、おしゃれな雰囲気を醸し出している。元気に復興した門前町を発信するイベントが、3月の「そばの市」と「雪割草まつり」、11月の「新そばまつり」である。

・そばの市

餅まきで豪華景品が当たるかも。門前町では古くからそばの栽培が盛んで、門前町そば生産組合と共に、 毎年3月に開催されるイベントが「そばの市」である。
当日は開会式のあと、餅まき(写真:左)が行われる。
門前そばの販売はもちろんのこと、
鹿鍋、漬け物、たこ焼き、カニちらし、地酒、栗、大判焼き、大福もち、水ようかん、やきとり、そば粉クッキー、山菜おこわなど地元の特産品がテントで販売され、歩行者天国となった持寺通り商店街は終日多くの来場者で埋め尽くされる

そばの市

今年(平成25年)の「そばの市」は、朝から雪が降る悪天候だったため人出は少なかったようだが、昨年秋の「新そばまつり」は天候にも恵まれ、2日間で3000食を超すそばが売れる大盛況だった。

・新そばまつり
門前そばを「新そば」の時期(11月)に販売することを目的に、「新そばまつり」が毎年開催されている。「 門前=そば 」というイメージが定着してきたこともあり、イベント当日は県内外から多くの人が訪れ、総持寺通りが人並みで溢れ、押すな押すなの大混雑となり、自然薯をつなぎに使った門前そばの茹でたての美味しさを堪能しようと長い行列ができる。
「商店街の有志もそばの屋台を出し、多い年は2日間に1400食あまりのそばが出る。昼前から夕方まで昼食もとれないので、売り切れた時には全身がガタガタになるくらい疲れますが、これがまた心地いい疲労感なんです」と五十嵐氏は笑顔で語る。
そばの販売だけでなく、地元の秋の特産品の販売や餅つき体験とつきたて餅の販売、商工会青年部による催しなどのアトラクションも行われ、総持寺通り商店街は終日賑わいをみせる。


・雪割草まつり

雪割草まつりのポスター門前町の猿山岬(さるやまみさき)は、日本一の「雪割草」の群生地として特別保護区に指定されており、平成20年には輪島市の花にも指定されている。
昨年(平成24年)3月に開催された「雪割草まつり」では、雪割草の写真展、雪割草は採取禁止のため栽培した雪割草の展示(写真:下)や
即売、雪割草の押し花体験、地域の特産物である門前そば、漬け物、もちなどの販売が行われた。
雪割草は全国に愛好家が多く、イベント当日は県外からも熱烈なファンが来場した。門前町の場合は、商店街単独ではなく、行政、商工会、商店街、街づくり協議会といった様々な組織が一体となって、街の元気を発信するイベントを展開してきている点が大きな特徴でもある。


雪割草の写真展と展示

◆都会の大学生の視点をまちづくりに活用

県の「平成24年度地域の絆づくり商店街モデル事業」に認定された持寺通り協同組合では、都会の大学生と地域の若者が協力し、地域の現地調査を行い、若者の視点で地域資源を発掘する取り組みをスタートさせている。
平成25年3月8日には、中央大学理工学部の谷下雅義教授ならびに谷下ゼミに所属する3年生4人が2泊3日の日程で門前町を訪れた。商店街の人たちと交流を深めると共に、実際に商店街を歩いてまわり、活性化のヒントとなるものを見つける試みが行われた。
滞在初日の夜には商店街ならびに總持寺の修行僧と懇親を深め、都会の大学生の視点で門前町を見て感じたこと、何をどのように発信すれば門前の魅力をアピールすることができるかを熱く語り合った。

学生が門前の商店街を調査

今回、学生たちが商店街を歩いてみて感じたことは、
1.人通りが少ない 2.人と人のつながりの深さ 3.自然の豊かさ

その上で、学生たちからの提案は、
1.移動販売車の出店 → 年齢を問わず交流促進につながる
2.音楽祭や夜市の開催
3.学生団体の誘致 → 地域を挙げて子供たちの部活動を支援
4.商店街独自の貨幣の発行ならびに交流の場の増設
5.地元に大学を創設する → 高校を卒業して門前を出て行く子供が減る など

の提案がなされた。今後相互に交流を続けながら方向性を見極めていくこととしている。


◆總持寺との連携を強化し、集客力アップ

門前町と言えば持寺祖院が町にとっての大きな財産である。能登半島地震で持寺も大きな被害を受け、いまだ修復作業が行われていることもあって、拝観者数が減少している。
「北陸新幹線が開業する平成27年は、總持寺二祖峨山(がざん)禅師の650回忌法要があるため、それに向けて市を挙げて盛り上げ、全国からの集客につなげたいと思っており、準備を進めているところです」と五十嵐氏は力を込める。
これまで
持寺を訪れる観光客は、拝観が終わるとそのまま帰るケースがほとんどだったが、総持寺通り商店街の街並みが整備されて以降、街中を散策する人が見られるようになってきた。そこで、門前町の中を散策してもらうモデルコースを作るべく、門前町街づくり協議会が中心となって準備を進めているところで、門前町の新たな楽しみ方として提案したい考えだ。

◆若者の視点で門前の未来を拓く

五十嵐代表理事持寺通り協同組合の43店舗ある加盟店の内、1割程度ではあるが30代の若手が後を継いで頑張っている。こうした若者と都会の大学生たちが交流することで、街づくりの新たなヒントが生まれ、門前町の明日の担い手に育っていくことが期待されている。

これからの商店街の方向性として下記の
5つを掲げている。
1.地域の高齢者の暮らしを支える住民向け生活サポートビジネスの構築
2.
持寺との連携による地元以外のお客様の集客力アップ
3.インターネットを活用した情報発信ならびにネット通販の導入
4.商店街を楽しむ交流事業の実施
5.若手を主体とした商店街活動への転換

 「商店街の若手を中心に都会の大学生の視点を参考にし、高齢者から若者へ知恵と地域文化を継承すると同時に、元気な高齢者が活躍できる仕組みづくりを推進することで、門前町ならではの魅力を発信していきたい」と、若者が主体となって取り組む商店街の未来づくりを温かく見守る五十嵐氏(
写真:右上)である。



◆インタビューを終えて・・・

豊かな自然。おいしい空気。うまいそば。金沢市内から門前町まで、無料化される(平成25年3月31日正午から)「のと里山海道」を経由して2時間弱のドライブコース。門前町の魅力をもっともっとアピールし、門前町に行ってみたくなる情報発信を期待したい。



 ■ 商店街メモ
門前町の商店街・名  称    總持寺通り協同組合
・代表理事   五十嵐義憲
・所在地    輪島市門前町
・設  立    平成5年3月25日
・加盟店    43店舗

・U R L     http://www.sojiji-st.com/

前の5件 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11

お店ばたけプラスホームページ

お店ばたけプラスホームページへ
ISICOバーチャルモール「お店ばたけプラス」は、(公財)石川県産業創出支援機構が運営するインキュベーションモールです。

アーカイブ

ブログを購読する(RSS)

  • RSS2.0を購読する
  • RSS2.0を購読する